【2021年8月9日最新】日本からオランダ入国に必要な陰性証明書まとめ

日本からオランダに入国する際、陰性証明書は必要なのか、どんな項目の陰性証明書の書類が必要なのか、不要な場合はあるのかなどオランダ入国の際の陰性証明書についてまとめて掲載しています。

【最新】2021年8月8日からオランダへ入国:原則陰性証明書が必要

2021年8月8日より再度、日本からオランダへの入国に際して陰性証明書が必要となります。(12歳以上)

ただし、 陰性の検査結果または予防接種の証明の提示と記載があるので、ワクチン接種証明があれば陰性証明書は不要のようです。オランダ政府のいう完全な予防接種とは、ワクチン接種の証明は2回目(1回で完全接種となるメーカーのワクチンは1回目)の接種日から2週間後経過している必要があります。
ヤンセン社製ワクチンの接種証明は、8月14日から、ワクチンの接種から4週間後以降に使用可能に変更となります。

ワクチン接種後2週間経過(ヤンセンの場合は4週間経過)していない場合は、完全な予防接種証明とならないことにご注意ください。

オランダ政府の公式ホームページにも記載があり、2021年8月8日以降ヨーロッパ以外の国( 日本を含む)からオランダに帰国または入国する際には陰性の検査結果または予防接種の証明が必要な旨明記されています。

参照)https://www.government.nl/latest/news/2021/07/26/the-netherlands-adjusts-policy-on-travelling-within-eu

必要な陰性証明内容と必要年齢

※2021年8月8日から

年齢

12歳以上

証明書作成の費用

自己負担となります。

必要な陰性証明書

出発48時間前以降に受けたPCR検査又は出発24時間前以降に受けた抗原検査の陰性証明書が必要です。 ( セルフテストは無効です。)
参照)https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/visiting-the-netherlands-from-abroad/mandatory-negative-test-results-and-declaration(オランダ政府ホームページ)

陰性証明書に必要な5項目

陰性証明書は紙またはデジタルで有効ですが、以下の項目が必要との記載があります。

  1. テストの種類
  2. テスト結果:SARS-CoV-2のテスト結果は陰性(または「検出されない」)である必要。
  3. パスポートまたは身分証明書に記載されている名前。
  4. テストされた日時。
  5. テストを実施した研究所、医師、または研究所の名前と連絡先情報(ロゴまたはスタンプ)。

言語

日本語はオランダ入国に必要な陰性証明書の言語ではありません。

  • オランダ語
  • 英語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語 
  • ポルトガル語
  • スペイン語 

参照)https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/visiting-the-netherlands-from-abroad/mandatory-negative-test-results-and-declaration/information-on-the-test-result

ワクチン接種証明があれば陰性証明書は不要

以下のワクチン接種証明が用意できる場合は陰性証明書は不要です。

参照)https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/visiting-the-netherlands-from-abroad/requirements-for-proof-of-vaccination(オランダ政府ホームページ)

オランダで乗り継ぎ場合

上記証明書は不要です。最終目的地の入国要件を要確認。

【陰性証明書不要】2021年6月10日から8月7日

2021年6月より日本がEUの指定する安全国に再度指定されました。日本からオランダへの入国に際し、陰性証明書の持参は不要になりました。

※最新の情報は変化する可能性もあります。このサイトの情報から変更がある場合は最新の情報を優先してください。

参照)https://www.nl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_corona_faq2.html

関連記事

コロナ禍での日本からオランダの入国について制限と解除・緩和について、オランダ入国後の隔離、渡航の注意点などについてまとめています。 【最新】 EU、日本などを「安全国」リストから除外 渡航を制限へ EUが日本を安全国[…]

【過去】オランダへ入国:原則陰性証明書が必要

オランダ政府はオランダ人及びEU市民を含め、原則、オランダに到着するすべての国際便による渡航に陰性検査証明書等を義務付ける旨の発表しました。

開始期間

2020年12月29日0時01分から2021年6月9日

対象者

  • EU・シェンゲン市民にも適用
  • 日本人ももちろん対象です。日本国籍でEU永住権などのビザがあっても陰性証明書が必要となります。
  • 日本からオランダを経由して他の国に向かう場合も、陰性証明等の書類が必要となります。
  • コロナウイルスの予防接種を受けた場合でも、陰性の検査結果を提示する必要があります。

日本は 安全な国リストに掲載があり、日本からの入国の場合陰性証明書が不要とされていましたが2021年2月2日の入国から陰性証明が必要な国になりました。
また、陰性証明があっても対象者以外は日本からオランダへの入国が出来なくなりました。
参照)【最新】コロナによる日本からオランダ への入国制限まとめ

情報は随時変化する可能性があります。最新の情報は、オランダ政府の安全な国リストで確認をおすすめします。
参照⇒
 https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/tackling-new-coronavirus-in-the-netherlands/travel-and-holidays/eu-list-of-safe-countries 

【過去】必要な陰性証明書

2種類の陰性証明が必要となります。オランダ政府から、3月16日以降に検査時間等の条件を一部緩和する旨の発表がありました。これまで、フライト搭乗の4時間前以降に受けた迅速検査(抗原検査等)の陰性証明が必要でしたが、24時間前に緩和されています。検査の種類により、証明書が1つで済む場合と2つ必要な場合があります。

1種類の陰性証明で済むパターン

搭乗の24時間前以降に受けたPCR検査(核酸増幅検査)の陰性証明

2種類の陰性証明が必要なパターン

1、72時間前のPCR検査陰性証明

  • オランダ到着予定前の72時間以内に実施された陰性検査証明書
  • 陰性検査証明書の言語は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語またはオランダ語
  • 陰性証明書の検査はSARS-CoV-2 / COVID-19のためのPCR検査である必要。
  • 迅速検査を含む他の種類の検査は有効ではない。
  • 陰性証明書の氏名には、パスポートに記載されているとおりの氏名が記載
  • 検査を実施した研究所や検査所の情報掲載があること。
  • 紙でなくともデジタル(スマートフォン画面など)での提示が可能

※以下のオランダ政府ホームページ を参照しています。掲載内容に間違いがある場合は、政府ホームページ情報の方が正しいです。

参照)https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/visiting-the-netherlands-from-abroad/mandatory-negative-test-results-and-declaration/requirements-pcr-test-result

2、フライト搭乗の24時間前以降に受けた迅速検査(抗原検査等)の陰性証明

  • 出発の24時間以内に収集されている
  • 陰性検査証明書の言語は、 英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、またはオランダ語
  • SARS-CoV-2感染(COVID-19)の診断のための迅速テスト(抗原またはLAMPテスト)またはPCRテスト
  • 陰性証明書の氏名には、パスポートに記載されているとおりの氏名が記載
  • 試験を実施した研究所または研究所の名前と連絡先情報

迅速検査は4時間⇒24時間前に緩和

以前は4時間前の迅速検査ができる場所が限られており、4時間前というとフライトぎりぎりでした。

4時間前の場合は成田空港では、フライト当日、空港クリニックに午前7時までに到着する必要がありました。(現在は緩和されています。)

参照)https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/visiting-the-netherlands-from-abroad/mandatory-negative-test-results-and-declaration/information-on-the-test-result

【過去】オランダ乗り継ぎでの入国の場合の陰性証明

オランダ到着の72時間前以降に受けたPCR検査(核酸増幅検査)の陰性証明

陰性証明の自己申告書

Negative test declaration formという、自己申告書も必要となると書かれています。以下の書式です。

https://www.government.nl/binaries/government/documents/forms/2020/12/04/coronavirus-negative-test-declaration-form/Negative+test+declaration+form.pdf

参照)https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/documents/forms/2020/12/04/coronavirus-negative-test-declaration-form

オランダ入国の際、陰性証明書の免除される場合

その他、輸送業務での行き来や、最終目的地はオランダではないのに、予期せぬ理由でオランダに入国しなければらなくなった場合など免除がされるようです。

在オランダ大使館の告知内容

オランダ行きのすべての国際便による渡航への原則的な陰性検査証明書等の義務付け記載内容は以下になっています。

日本へのご帰国・オランダへの入国に関するFAQ | 在オランダ日本国大使館

https://www.nl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_corona_faq2.html

https://www.nl.emb-japan.go.jp/files/100130776.pdf



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1077 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!