アムステルダム国立美術館でお土産

アムステルダム国立美術館のミュージアムショップにはお土産におすすめのグッズなどが沢山販売されています。オランダ観光にもお土産を買う場所としてもおすすめのアムステルダム国立美術館ミュージアムショップのおすすめお土産です。

エコバッグ

個人的にエコバッグのデザインは、アムステルダム市立美術館よりアムステルダム国立美術館の方が好きです。日本でもメルカリやバイマに出品がある「RIJKS MUSEUM」ロゴがデザインされたエコバッグ。お洒落な友達のお土産におすすめです。



団体さんがみんな、このトートバッグを持っている場面に遭遇。思わずパチリ(笑) お揃いで買ったのかな。面白い光景でした(笑)

ゴッホやフェルメールのグッズ

ゴッホやフェルメールのグッズが沢山販売されていました。 ゴッホの絵が描かれた色鉛筆。すごく良いですね。良い絵が描けそう。

買い忘れたら、日本の通販でも販売されていました。売り場ではゴッホしか見当たりませんでしたが、フェルメールもあるようです。

アムステルダム国立美術館限定ミッフィーあみぐるみ

アムステルダム国立美術館限定の編みぐるみも沢山ありました。レンブラントやフェルメールのミッフィーとボリスが可愛いです。アムステルダム国立美術館の公式ツイッターでも紹介されていました。

日本からも通販が可能な商品があるようです。

子供向けのお土産コーナー

アムステルダム国立美術館のミュージアムショップには、子供向けコーナーがあり、子供向けの商品が充実していました。

ドナルドダックとレンブラントのコラボ商品です。色合いもすごく良いですね。これは子供向けだけではなく大人にもおすすめなのでは。

Play mobile(プレイモービル)はドイツの玩具。ヨーロッパのLEGOのような存在でしょうか。フェルメールの牛乳を注ぐ女やレンブラントの夜警などの作品が販売されていました。

ミッフィーももちろんあります。レンブラントとのコラボ本も。ミッフィーは画家とのコラボ絵本「ミッフィーと絵かきさん」という本を販売しています。

フェルメールなどの絵本は日本語であるのですが、このレンブラントの本は日本語化されていないようで、英語とオランダ語の絵本しかありません。

レンブラントとミッフィーが好きな人にはおすすめのお土産になるかもしれません。miffy x rembrandtは英語の絵本で、nijntje×rembrandtはオランダ語の絵本です。ミッフィーのことをオランダでは nijntje (ナインチェ)と呼びます。

関連記事

ミッフィーの名前は、 オランダでは 「ナインチェ(Nijntje)」という名前です。オランダ生まれなのでミッフィーの本当の名前、本名はナインチェということになります。名前の由来やオランダ語の意味も掲載しています。 ミッフィー[…]

子供向けの本も沢山。言葉が難しいかな……。ちなみに、写真に写っている Paint by Sticker Masterpieces は持っていますが数字に合うシールを探す絵本なので、言語の問題なし。大人もハマる絵本です。

ペーパーバック: 56ページ
出版社: Workman Pub Co; Stk版 (2016/9/20)
このミュージアムショップは、時間により並びますがアムステルダム国立美術館のチケットを持っていない人でも入ることが可能です。一部の商品は、ミュージアム広場にあるミュージックショップでも購入可能ですが、国立美術館のエコバッグやグッズがほしければ、国立美術館のミュージアムショップに行った方が商品が充実しています。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。