2024年テオヤンセン展(日本)

2024年に日本で開催されるテオヤンセン展について開催時期や場所をまとめて掲載しています。2024年は静岡県での開催が予定されています。

テオ・ヤンセンとは

テオ・ヤンセン(Theo Jansen)はオランダのデンハーグ出身のアーティストです。オランダのデルフト工科大学で物理学を専攻したテオ・ヤンセンの作品は物理学を駆使した作品になっています。風力を使って、まるで浜辺を生き物のように動く作品が特徴的です。

日本でテオヤンセン展

独特な動きをするテオ・ヤンセンの作品は、日本でも人気が高く過去に何回も展覧会が開催されています。 2022年には大阪で初めてのテオ・ヤンセン展が開催となりました。日本初公開を含む10作品以上を展示、実際に動く巨大なストランドビーストを体感できるほか、その構造や動きの仕組みを明らかにし、テオ・ヤンセンが創り出す世界の魅力に迫る展示会となりました。展覧会グッズにはミニビーストも。

そして2024年のテオヤンセン展のスケジュールは4月から静岡県立美術館での開催が予定されています。

静岡県立美術館

静岡県立美術館で2024年4月から特別展「テオ・ヤンセン展」が開催されます。

開催期間

2024年4月13日(土)〜2024年7月7日(日)

オランダのアーティストであるテオ・ヤンセン(1948-)によって創り出されたストランド・ビーストの世界を体感できる展覧会です。ストランド・ビーストはプラスチック・チューブやペットボトルなど、身近な素材から構成され、風力によって歩行などを行う仕組みを備えています。本展では様々な種類のストランド・ビーストとともに、映像やスケッチを展示することで、テオ・ヤンセンによる創作の秘密に迫ります。展示室では、巨大なストランド・ビーストを動かす実演を行い、迫力のある姿をご覧いただけます。

静岡県立美術館 テオ・ヤンセン展

静岡県立美術館内レストラン「Rodin TERRACE」で テオ・ヤンセンの出身国、オランダにちなんだ特別メニューの提供も!

住所

公式ホームページ

https://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/detail/103



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1529 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!