Museum Het Rembrandthuis
レンブラントハイス美術館(レンブラントハウス)

アムステルダムにあるレンブラントの家について掲載しています。チケットや入場料、所要時間など。アムステルダムの人気観光地です。

見どころ

レンブラントが20年間住んでいた家が、博物館としてアムステルダムに残っています。自身の全盛期に住んでいた家です。(生家はライデンです)レンブラントはその後破産していますが、破産時のリストを元に家具などレンブラントが住んでいた当時の様子がほぼ再現されてます。レンブラントのアトリエやコレクション、生活スペースを垣間見れます。弟子用のアトリエもありました。当時のオランダの暮らし方や家を知ることが出来る場で面白い場所でした。レンブラント直筆のエッチングのコレクションが多数あるので、レンブラントファンはこれを見るためにここに行くのもおすすめです。

日本語オーディオガイドが無料

レンブラントの家では、日本語のオーディオガイドがありました。日本語にかざすと、日本語がインストールされるという仕組みのようです。レンブラントの家について詳しい説明が聞けるので、使用をお勧めします。

入場料は高い?

入場料は14ユーロ。アムステルダム国立美術館に20ユーロで入れて、名画を複数鑑賞できるのを考えると、入場料は少し高く感じました。レンブラントの家はそれほど広くなく所要時間も1時間少しでしたので。あくまで、2時間滞在してもまだ見たりない!と感じる他の美術館と比べると、ですが。レンブラントの家はミュージアムカードなら無料で入れます。

関連記事

オランダのミュージアムカードについて、金額や買い方、入れる美術館などについて掲載しています。2021年最新の情報です。 ミュージアムカードとは ミュージアムカードとはMuseumkaart(ミューゼアムカールト)という[…]

レンブラントを知るならレンブラントの家へ

エッチングの作品はもちろん、レンブランドという画家を知るなら美術館よりレンブラントの家がおすすめです。レンブラントは「光の画家」「光と影の魔術師」なんていわれていますが、作品の特徴以外にも、どんな生活をしていたのか、妻を亡くし、豪華な生活を好み、破産したというレンブラントの人となりが分かる博物館です。

午前中が空いている

他の美術館や博物館も同様ですが、レンブラントの家も朝は空いています。10時頃ったらガラガラでゆっくりレンブラントの家を歩けました。当時の家を再現しているので、急な階段もありますので歩きやすい靴が便利です。お子さんが一緒ならしっかり歩けないと少し難しいでしょう。一方通行なのか一度行ったら下には戻れませんでした。

基本情報

住所 Jodenbreestraat 4, 1011 NK Amsterdam, The Netherlands

アクセス メトロ51、53、54 Waterlooplein駅 徒歩3分
     アムステルダム中央駅 徒歩15分
営業時間 10:00~18:00
定休日 なし

※通常は定休日「なし」でしたが、コロナでの閉館以降、当面、毎週月曜日は休業と発表されています。
博物館は火曜日から日曜日の午前10時から午後6時まで開いています。

予算 大人 14ユーロ
子供(6-17歳) 5ユーロ
公式サイト http://www.rembrandthuis.nl/



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 975 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!