モラルでコロナを防ぐ日本、罰則で防ぐ海外

新型コロナウイルスを日本では「モラル」で防いでいる印象があります。それに対し、罰則やルールで防いでいるのが海外のようにも見えます。どちらが良いという訳ではありませんが、日本のコロナ対策と、海外の中でもオランダのコロナ対策と比べて感じた個人の意見を掲載しています。

【日本】自粛警察・外出禁止、マスク着用は罰則無し

日本のコロナ対策で顕著など感じたのが、罰則、罰金の無さでした。外出自粛を呼びかけた際や、マスクの着用に関してそれを破った際でも「罰金」がありません。それでも緊急事態宣言が出れば外出自粛をし、公共の場ではマスクを着用するのはひとえに、日本のモラルの高さから来るものだと感じました。

例えば、スーパーマーケットでは「マスクの着用を」と呼びかけますが、それは各店の企業努力によるもので、国が「お店はマスクの着用を義務化するように」という指示をしたわけではありません。日本は、コロナ対策がお店の企業努力や、各自のモラルにより行われていると感じる場面が多いです。

コロナ第2波は若者のモラルの低下?

日本のコロナ第二派の原因は、夜の飲み屋が原因などという報道もありましたが、生きるためにその仕事をしている方も居るでしょうし、夜に飲み屋に行かないことを「モラル」「道徳」で防ぐというのは実に日本的だなと感じます。そしてそれを非難するのもまた、しかり。コロナが広がればモラルの低下だと嘆く。全てはルールではなく国民の自主的な「モラル」や「モラル」と嘆く周りの目で防いでおり、そこにコロナに対する国の判断や方針、国策の薄さを感じました。

海外はモラルではなくルールや罰金でコロナ対策

海外では皆がマスクをしているからマスクをしよう、というよりはマスクの着用は罰金があるから仕方なくマスクをしているという人が多い印象です。マスクをするのは自己防衛であり、他人の目があるからマスクをしているという人はあまり見聞きしません。

夜集まらないのは、大人数で集まれば罰金があるからだったりします。また、レストラン側には国のルールが設けられており、事前の予約が必要だったり、対策を応じていないと営業できないという「ルール」があるから対策を講じており、モラルの問題だったら、どの程度対策がされていたかは定かではありませんが、ほとんど対策が講じられなかったかもしれないなという印象を受けます。

ロックダウン時は外出で罰金の海外

ロックダウンもそうでした。日本では緊急事態宣言が出たものの外出に対する罰金があるから外出しない、できないわけです。

オランダはインテリジェントロックダウンという、ロックダウン時に外出の際、強制的な罰金を強いる政策は取りませんでした。それでも、国全体で営業して良い職種など店の営業などにルールを設けていましたし、一定のルールの元のロックダウンがおこなわれました。

ロックダウン解除後は、公共交通機関ではマスクの着用を義務化しましたが、そこには破ったら罰金という罰則があります。そのため、ほとんどの人がマスクをしていますがそれはモラルのためではなく罰金が嫌だからいう理由の方がほとんどだと思います。

コロナ第二派はモラルではなく国策によるもの?

コロナの感染者数が増加している国の対策が悪く、減っている国の対策が正しいと判断するのは時期尚早だとは感じます。経済面の問題もあり、一概に感染者数が減っている国が正しい政策を取っている、第二派が無い国が正しい政策を行っているという判断はしにくいという意見もあるかと思います。

コロナのニュースで「モラル」「道徳」という言葉を目にする日本が凄いなと感じます。コロナをモラルで防げる日本は、モラルがある国ともいえ、それはすごいことなのだと思います。特定の国がコロナの第二派が起こる場合、それはモラルの低下ではなく国策によるものであり、誰かのせいではない、誰かを責める必要があるものではないと個人的には感じます。コロナの安全より経済面を優先せざるを得ない状況は各国により違います。

長きにわたるロックダウンから解放され、羽目を外したくなるのはどこの国の若者も同じくらい可能性があります。それを防止する対策を考え、提示するのが国の役目なのではないでしょうか。

国民同士の罵りあうのではなく

外出を禁止せず、旅行を禁止せず(Go toキャンペーンなるものを画策したくらいですからね)したのは誰でもない日本という国です。 コロナ第二派を「外出している人が悪い」「旅行に行く人が悪い」「自分は我慢している」「それはモラルの低下だ」と国民同士で罵りあうのではなく、日本の政治を責め、考え、参加する方が得策なのではないでしょうか。

もちろん、これは一個人の意見です。ただ、モラルだけでコロナから国を守るには、コロナの存在は不透明すぎるのかもしれません。国が旅行に行こう!と言っているのに、国民はモラルから旅行に行かない、旅行を行く人を非難するという状態は皮肉なものです。新型コロナウィルスの蔓延で各自が不安になるなか、国を守るのはある程度の国民のモラルも必要ですが、本来はモラル以上に必要な対策や指針を国が示す必要があるのではないかなと思うところがありました。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。

オランダ生活エッセイの最新記事