【オランダ】陰性証明・ワクチンパスポートの提示が必要な場所、コロナパスの取得方法

新型コロナウィルスの対策のため、オランダでもワクチンパスポートの提示の義務付けが始まりました。提示が必要な場所や、オランダでのコロナパス、陰性証明の取得方法について、情報をまとめて掲載しています。(2021年9月25日時点の情報です。)

オランダのワクチンパスポート

ヨーロッパの国ではフランスの衛生パスpass sanitaire、イタリアのグリーンパスなどのように、ホテルを利用する場合、レストランや観光施設に入場する際陰性証明かワクチンパスポートの提示が必要な国や場所があります。

CoronaCheckアプリ

オランダにも CoronaCheckアプリという陰性証明書やワクチン接種証明をQRコードで提示できるアプリがあります。

https://coronacheck.nl/nl/

日本のアップルIDでは検索で出ませんでしたが、オランダのアップルIDで検索したらででてきました。

関連記事

海外で暮していると、日本のアップルIDではダウンロードできないアプリも出てきます。海外アップルIDの作り方、新規作成についてまとめて掲載しています。 海外用アップルIDの作成 オランダで生活を始めた当初はしばらく日本[…]

9月25日以前もオランダでもワクチンパスポートの提示はイベント時などの場合に必要でしたが、 フランスなど他のヨーロッパ に比べると厳しくない印象でした。オランダ旅行の場合は、観光地アムステルダムやオランダのその他の都市、ロッテルダム、ユトレヒト、ハーグなどにあるレストランやミュージアムなど、多くの場所で陰性証明もワクチンパスポートの提示も必要なく入場が可能となっていました。

2021年9月25日からワクチンパスポートの提示義務

1.5メートルの距離を保つ制限を撤廃を受け、9月25日からワクチンパスポートの導入が発表されました。これまでもサッカー観戦に行った際や、コンセルトヘボウでのコンサート、イベント時などで提示が必要な場所がありましたが、9月25日にレストランが追加されているのは大きな変化になりそうです。コロナパスの提示義務が必要と発表されたのは以下の場所です。

  • 飲食店・レストラン(テイクアウトを除く)
  • イベント(座席指定ある・なしにかかわらず)
  • 座席指定のある文化施設(映画館、劇場など)

提示義務がある年齢

13歳以上

コロナ・エントリー・パス(ワクチン接種証明、回復証明、又は24時間以内の陰性証明)の提示

14歳以上

コロナ・エントリー・パス(ワクチン接種証明、回復証明、又は24時間以内の陰性証明)と身分証明書の提示

※12歳以下は提示不要となります。

参照)オランダ政府ホームページ

https://www.rijksoverheid.nl/actueel/nieuws/2021/09/14/cultuursector-weer-grotendeels-open-met-coronatoegangsbewijs

ワクチン未接種でコロナパス義務がある場所を利用するには

オランダでのコロナパスに使用されているのは先にも説明した、CoronaCheck-appというアプリです。

https://coronacheck.nl/nl/

ワクチン接種済であれば、接種済のワクチンパス反映が可能です。
また、ワクチン接種をしていない場合も、 このアプリに 陰性証明の結果を反映するワクチンパス提示が義務付けられている場所への入場が可能になります。

陰性証明によるコロナパスQRコードの取得方法

コロナパスを利用するための検査の利用が無料で可能でした。無料の陰性証明の検査が可能な場所は、アプリのaffiliatet test locationというリンク先から探せるほか、Testen voor Toegangというサイトから陰性検査の予約が出来ます。

https://www.testenvoortoegang.org/

使用予定日時、使用目的や郵便番号を入力すると、近くの検査場が表示されます。 予約してその時間に検査を受けに行きます。イベント(陰性証明書を利用する)の2時間前までに検査を受けるようにホームページには書かれていました。
自分の郵便番号が分からない、オランダの郵便番号って?という方はこちらをご参照ください。

関連記事

オランダの郵便番号(ポストコード、Post code)について仕組みや検索できるサイトなどをまとめて掲載しています。 オランダの郵便番号 数字4桁+アルファベット2桁 オランダの郵便番号は、数字4桁アルファベ[…]

テストが陰性の場合、結果がメールで送られてきますので、送られてきたメールに記載されたコードをアプリの「Add certificate」へ入力すると陰性証明のQRコードがアプリに反映されます。


このQRコードを提示することで、ワクチン未接種でもイベントやレストランなどワクチンパス提示が義務付けられている場所への入場が可能になります。 有効期間は検査から24時間のようです。 (2021年利用確認時の情報です。)

オランダから他国へ移動する場合

オランダから他の国へ移動する場合、陰性証明書が必要な国もあります。その場合は、 Testen voor Toegangとは違う渡航用の陰性証明が必要と記載がありました。Testen voor Toegangでの無料陰性証明は、あくまでオランダ国内でワクチン未接種でもレストランやその他施設を利用するための検査のようです。

オランダで陰性証明が必要な場所について、コロナパスの陰性証明利用での証明取得方法などについてまとめました。参考になる点があれば幸いです。

参考:オランダの感染者数

関連記事

新型コロナウィルス感染症 (COVID-19) についてオランダの最新の感染者数は何人か、感染者数推移はどうなっているか、入国制限や、渡航規制は出ているのかなど、オランダのコロナ情報や状況について掲載しています。 オランダ[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1077 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!