ダッチ・デザインウィーク

ダッチ・デザインウィーク( Dutch Design Week )はオランダのエイントホーウェン( アイントホーフェン )という街で開催されるデザインイベントです。インダストリアルデザイン、プロダクトデザイン、テキスタイルなど、様々な「タッチデザイン」の展示を楽しむことが出来るイベントです。2020年の日程やテーマ、以前実際に行った時の様子を掲載しています。

ダッチ・デザインウィークとは

ダッチデザインウィークとはDutch Design Weekの頭文字をとりDDWをも呼ばれているデザインウィークです。ダッチデザイン、と呼ばれるオランダの機能的でかつ洗練されたデザインの展示が多く見られます。

ダッチデザインが開催されるのはオランダのエイントホーフェン( アイントホーフェン )という街。 デザインアカデミー・アイントホーフェンという、世界中で活躍する有名デザイナーを輩出しているデザイン学校のある街で、2019年に堂安 律選手が移籍したPSVアイントホーフェンというサッカーチームがある街でもあります。

2020年開催日

2020年10月17日~25日

毎年10月の20日前後に開催されています。
2018年は10月20日から28日。2019年は10月19日から27日でした。

2020年のダッチデザインウィーク:DDW Virtual

新型コロナウイルスの影響により、オランダで2020年に開催されるイベントは中止が相次いでいます。(参照:2020年オランダのイベント

ダッチデザインウィークの公式サイトによると オンライン(バーチャル)DDW Virtualのみの開催になるようです。 バーチャル3Dビューイング、360度ビデオ、ライブストリームとチャット、 2020年10月17日~25日、9日間のDDWがバーチャルで楽しめます。

https://ddw.nl/en/home

https://ddw.nl/en/video/46/opening-ddw20

DDW20 Theme: The new intimacy

2020年のダッチデザインウィークのテーマは「The new intimacy( 新しい親密さ )」です。 Covid-19のパンデミックは、気候変動、不平等、貧困など、かなり以前から私たちが認識していた主要な社会的課題の緊急性を際立たせています。 新しい均衡の探求の始まりです。親密さや愛情などの重要な価値観が失われないバランス。行動を促す新しい概念がテーマとなっています。

ダッチデザインウィークへ行った時の様子(2018年)

2018年に開催されたダッチデザインウィークへ実際に行った時の様子です。2020年は様子が大分異なることとなりそうですが、参考までに。

エイントホーフェン駅を出ると、チケット売り場があります。チケットはオンラインで事前購入もできますし、私が行ったときは、当日購入でも特に並びませんでした。 1日では見切れないくらいの展示量なので、通しで買うのも良いと思います。

ダッチデザインウィークは駅前での展示は少なく、メイン会場は駅から少し離れた場所にあります。無料バスや無料タクシーで移動可能なのですが、この時はなかなか来なく寒い中待ちました。10月というと日本では「秋」ですが、オランダの10月は風が強く寒く感じました。

ちょっと移動が面倒だな、と思ったのですが、メイン会場につくと「デザインウィーク」らしさがでてきます。ダッチデザインウィークでは、エイントホーウェンの数か所に会場がありました。色々周りたいなと思ったのですが、私はメイン会場だけで1日が終わってしまいました。

これぞダッチデザイン、と思うようなカラフルでかつ機能的、洗練されたデザインが並び見ごたえがあります。

屋外にも展示があります。子供たちには、デザイン作品も遊具のようになっていました。3Dプリンターの橋、だったかな。屋外は無料スペースだった記憶があります。

じゃがいもからビールを作るというような展示だった気がします。デザインウィークというと「お洒落なデザインの展示」というようなイメージがある人も居るかもしれませんが、このビールのようにコンセプトデザインの展示や、工業デザインの展示など、様々なデザインの展示もあります。

オランダらしい自転車の展示もありました。木製の自転車でとてもお洒落です。この辺の展示は屋内で行われており、有料スペースでした。

ダッチデザインウィークは老若男女、年代を問わない来客層と言った感じでした。年配の方も居ますし、家族連れもいます。子供用というスペースがあるわけではないのですが、自然と子供がデザインウィークになじんでいる感じが良いな、という印象でした。

オランダのデザインは「ダッチデザイン」と呼ばれ、 コンセプチュアルデザイン、ドロークデザインなど注目を集めています。ダッチデザインデザインウィークでは、オランダのデザインが思う存分楽しめます。デザイン性の高いものから、プロダクトの展示もあるので、展示会のような雰囲気もありました。オランダの「デザイン」に興味があるなら、かなり面白いイベントになるかと思います。

アムステルダムからは1時間30分程度と少し距離がありますが、アムステルダムから日帰りできる距離です。お時間合う方は、芸術の秋のお出かけにピッタリかもしれません。

公式サイト

https://ddw.nl/

ダッチデザインって何

オランダのデザイン、 ダッチデザインの特徴、インテリアや雑貨などダッチデザインについてまとめて掲載しています。

関連記事

オランダのデザイン ダッチデザインの特徴、インテリアや雑貨などダッチデザインについてまとめて掲載しています。 ダッチデザインとは ダッチデザインとは主にオランダの製品デザインという意味で「ダッチデザイン」と呼ばれます。[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。