デルフト アンティークマーケット・蚤の市

オランダ デルフト(Delft)で開催されているアンティークマーケット (蚤の市) 。 期間限定4月から10月まで毎週土曜日に開催しています。蚤の市を実際に訪れて分かった情報を掲載しています。

デルフト アンティーク市場(蚤の市)

Antiekmarkt Delft

4月から10月まで、 デルフトで骨董品、本の取り扱いがあるアンティーク市はVoldersgrachtとHippolytusbuurtとWijnhavenの運河に沿って広がり、春から秋にかけて毎週土曜日に開催されています。

2022年の開催日時

デルフトのアンティークマーケットは4月から10月の毎週土曜日に開催されています。

2022年4月2日~10月29日の毎週土曜日

開催場所

2022年6月に行った際には、デルフト旧教会からデルフト・フェル メール美術館 Vermeer Centrum Delft周辺の運河沿いにアンティーク取り扱いがあるお店が多くありました。Googleマップで見るとこの辺りです。

入場料

無料

蚤の市へ実際に行った時の様子

2022年6月にデルフトのアンティークマーケットへ行ってきました。マーケットの会場はVoldersgrachtとHippolytusbuurtとWijnhavenの運河に沿って広がり、出店数も多く、運河沿いを歩きながらお店巡りをするといった雰囲気でした。

アンティークマーケットは会場や日により、出店数や規模がまちまちです。以前行ったことがあるハーレムのアンティークマーケットの出店数が100程という事で見ごたえがあったのですが、デルフトやそれ以上に家具、骨とう品、食器、本、玩具、アクセサリー、などのお店ががある印象で、デルフトの運河沿いを歩きながらお店巡りを楽しめました!

デルフト焼き

デルフトはデルフト焼きの町としても知られています。 オランダの蚤の市ではロイヤルデルフトの陶器を見かけることが多かったですが、デルフトでは本場だけあり特にデルフト焼きの取り扱いが多いような印象でした。壺、タイル、KLMデルフトミニチュアハウス、お皿、ビアマグなど本当に様々です。歴代も色々なのでしょう。値段もピンからキリまでと言った感じでしたが、新品と比べてお手頃価格で手に入る陶器が多くありました。

KLMミニチュアハウスは番号によって値段が様々。このお店以外にも取り扱いしているお店が多く、コレクター必見のアンティークマーケットでした。ミニチュアデルフトハウスって何?という人はこちら。

関連記事

KLMデルフトブルーハウスは、オランダ航空のビジネスクラス利用で貰えるミニチュアハウスです。 KLMミニチュアハウス、KLMデルフトブルーハウスなど呼ばれ、 ワールドビジネスクラスを利用するとオリジナルギフトとしてもらう事が出来ます 19[…]

食器・陶器

デルフト焼きはじめ、この日は陶器を取り扱うお店を多く見かけました。

デルフト焼きの他、ヨーロッパの陶器も色々あります。 英国ビクトリア女王に愛されたというイギリスの陶器メーカーROYAL ALBERT(ロイヤルアルバート) 。美味しい紅茶と良く合いそう。

ベルギーのBOCH(ボッホ)。この日はお目当てのデザインはありませんでしたが、ヨーロッパの陶器も色々出ていました。

アクセサリー

デルフトのアンティークマーケットではお手頃価格の可愛いアンティークアクセサリーが沢山ありました。何気なく見ていたアクセサリーも1個5ユーロ、1個10ユーロなど書いてあると真剣に見入ってしまいます。日本のセレクトショップで10倍くらいの値段で見かけそうなアクセサリーが沢山ありました。

アンティーク雑貨・小物

レトロな雑貨や可愛い玩具、アンティークの缶などが沢山。財布のひもが緩みがちです。デルフトはお店によっては1ユーロ~などお宝探しにピッタリなお手頃な価格帯のものも多くありました。

古本

古本の取り扱があるお店も沢山あったのですが、オランダ語中心。レコードや切手などコレクターにはたまらないお店もありました。

手芸用品

布のお店はあまり見かけませんでしたが、可愛い手芸用品のお店も。

何に使うのかな!?と考えてしまう商品も。お手頃価格の骨董品が多く、とても楽しいアンティーク市巡りになりました。

デルフトのアンティークマーケットは4月から10月まで運河沿いで開催されています。街歩きをしながらの蚤の市まわりになるので、良く見ず通り過ぎてしまうようなお店もありました。もう一度通ると「あれ、こんなお店あったっけ」と思う事もあるかもしれません。運河沿いの街並みもとても綺麗なので春から秋にかけての毎週土曜日、マーケットの開催日にデルフト観光を楽しむ時にはお宝探しに覗いてみるのも楽しそうですね。

ちなみに、アンティークマーケット会場の通り近くに デルフト・フェル メール美術館 Vermeer Centrum Delftがあり、フェルメールの真珠の耳飾りの少女の絵から顔が出せる看板もあって、ちょっと興味があったのでしたが素通りしてしまいました(笑)デルフトはフェルメールの故郷。全作品のレプリカ展示もあるフェルメールの美術館になっているようです。

詳細はこちら

公式ホームページ

https://www.delft.nl/vrije-tijd/recreatie/markten

オランダで開催される蚤の市

オランダで開催される、アンティーク市、蚤の市についてはこちらにまとめて掲載しています。

関連記事

オランダで開催される主なアンティークマーケット、蚤の市について行った時の様子や、場所、2022年の日程をまとめて掲載しています。 オランダのアンティークマーケット 蚤の市 ヨーロッパのアンティークマーケット、蚤の市に[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1285 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!