【オランダ】パスポートの有効期限・残存期間

オランダに入国する際に必要な、パスポートの有効期限・残存期間について掲載しています。

出国時3カ月以上有効なパスポート

オランダはシェンゲン協定加盟国なので、シェンゲン協定加盟国の規定と同様になります。オランダやシェンゲン協定加盟国以外の国のパスポート所持者がオランダに入国する場合、以下の条件を満たす必要があります。

  1. パスポートの有効期限が、当該国の出国予定日から3ヶ月以上残っている
  2. 10年以内に発行されたパスポートである

日本の場合は最長で10年のパスポートなので2は気にしなくて大丈夫ですね。問題は残存期間です。

3ヶ月以上

が必要なので、この点気を付けて下さい。オランダと同様に、シェンゲン協定加盟国も同様に、3ヶ月の残存期間が必要です。最後の滞在の後に出発する予定の日付から少なくとも3か月間有効でなければなりません。 パスポートの有効期限がギリギリ3ヶ月などの場合は、あらかじめパスポートを更新しておいた方が安心です。

未使用査証欄2ページ以上

これは何回も出張や旅行に行っている人以外は気にしなくて良い点ですが、
未使用の査証欄ページが2ページ以上と言われています。パスポートの査証ページとは、出国や入国の際、印鑑を押すページです。

海外によく行く場合は、パスポートの未使用査証欄ページを念のため確認することをおすすめします。

シェンゲン協定加盟国

シェンゲン協定加盟国の一覧や渡航の注意点などをまとめています。

関連記事

シェンゲン協定加盟国(2021年時点最新)について一覧を掲載しています。 シェンゲン協定加盟国とは シェンゲン協定加盟国は、EU加盟国27ヶ国のうちの22ヶ国とEFTA( European Free Trade As[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1021 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!