ゴッホ美術館の建築(リートフェルト・黒川紀章)

ゴッホ美術館(ファンゴッホミュージアム/ Van Gogh Museum)は、オランダ出身の画家ファンゴッホの作品を多く所蔵している、アムステルダムの人気観光スポットですが、建築としても魅力がある美術館です。黒川紀章、リートフェルト設計のゴッホ美術館の建築についてまとめて掲載しています。

リートフェルト設計のゴッホ美術館

1973年にオープンしたヘリット・リートフェルト(Gerrit Rietveld)設計のゴッホ美術館本館です。 リートフェルトは20世紀を代表するオランダの建築家で、リートフェルトは当時のオランダのDeStijl運動の主要メンバーでした。世界遺産に登録されているシュレーダー邸の建築家でもあります。

1963年から1964年に設計されたゴッホ美術館は、1964年に亡くなったリートフェルトの最後の作品、遺作となっています。

黒川紀章設計の展示館

オランダの地に日本人建築家、黒川紀章設計の建物があります。1999年に完成したゴッホ美術館 展示館です。 リートフェルトの立方体に応えて、黒川紀章の作品は非対称の楕円形。ミュージアム広場の景観のため、地上のボリュームを最小限とする設計なのだとか。

リートフェルト設計の本館とは異なる、曲線が特徴的、美しい建物です。

ゴッホ美術館の新しい入り口

2015年にミュージアム広場に新しい入り口ができ、現在ゴッホ美術館の入り口はこの展示館になっています。スケッチデザインは、故黒川紀章の会社である黒川紀章アーキテクトアンドアソシエイツによって作成され、オランダの建築家 ハンス・ファン・ヘーウェイク (Hans van Heeswijk) が、新デザインの入り口を実現しています。

Van Gogh Museum, Amsterdam (Photo: Jan Kees Steenman)

ミュージアムのエントランスから中に入り、下へ降りていくという設計です。

ガラス張りの部分から中を覗くこともできるデザインです。

エスカレーターを下った先には受付や、ミュージアムショップが。ガラス張りの部分が多いのは、地下迄光が入るための設計だそうですが、なるほど開放的なガラス張りの部分が特徴的な建物です。

工事の様子が動画に残っています。

ゴッホ作品だけでなく建築好きにもおすすめの美術館

というわけで、ゴッホ美術館は 世界一ゴッホ作品を所蔵しており、 ゴッホ作品を見たいという人にはもちろんみどころのある美術館です。

そして、建築好きにもおすすめしたい美術館です。リートフェルト設計の本館、黒川紀章設計の展示館、それぞれの建築の美しさも堪能出来る美術館になっています。

ゴッホ美術館に足を運ぶ機会があれば、新旧の美しい建築を眺めてみるのもまた良い体験になりそうです。

オランダには、 世界的に有名な建築家集団の建築物など、日本では見かけない面白い形の建物を見る事が出来 建築好きにはおすすめの建物が沢山あります。

オランダの建築に関する記事



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1145 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!