正常と異常の境界は?精神の美術館ミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスト

Museum van de Geest | Dolhuys
ミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスト

正常と異常の境界は?オランダ ハーレムにあるミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスト( Museum van de Geest )精神の美術館について、チケットや実際に行った時の様子をまとめて掲載しています。

見どころ

オランダ ハーレムにあるミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスト。ミュージアムの名前、Museum van de Geest (英語で Museum of the Spirit )は日本語に訳すと「精神の美物館」といった感じでしょうか。メンタルヘルスや精神病に焦点を当てて、様々なアート作品を展示しているミュージアムでした。ミュージアムの建物Het Dolhuysはハンセン病療養所、その後社会に馴染めない人々を収容する建物として利用されていた、というまさにこのミュージアムのためにあるような場所。精神科患者の作品、メンタルヘルスの重要性や、異常と正常の境界などオーディオガイドを聞いてインタラクティブに考えさせられる美術館です。

無料音声ガイドツアー

ミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスでは無料オーディオガイドが借りられます。インタラクティブが特徴のミュージアムなので、借りることがおすすめです。オランダ語の他、英語も選択可能でした。

子供用の音声ガイドツアーもあり3〜8歳、9~12歳、13~18歳と年齢ごとに楽しめるオーディオガイドがありました。 子供向けにも楽しめる説明を年齢ごとにしていたり、面白いなと思った内容。

子供向けは現在オランダ語のみとのこと。(2022年5月時点) 英語でも聞けるようになり多くの子供が聞けるようになると良いなと思ったガイドでした。

精神的に病んでいる?だからこそ素晴らしい作品が多いミュージアム

精神的に病んでいる、メンタルヘルスについて考える、ミュージアムの紹介文には、そんな言葉が並んでいたのでどんなミュージアムなのだろうと興味がそそられる反面、現代アート美術館では何度か気分がわるくなったことがあるので 怖さもあったのは事実です。 攻撃的なアートばかりだと辛いな、、、と躊躇してたものの、2022年欧州最優秀美術館賞 (European Museum of the Year Award)を受賞したときき、それはやっぱり見てみたいと思い立って行くことに。

正常と異常の境界は?個性的な作品が沢山

現代アート美術館には多く足を運んでいたのですが、メンタルヘルスといった軸でのミュージアムは初めて。少し緊張しながら足を運びましたが、杞憂でした。

沢山のビニール袋がまるで雲のよう。ビニール袋の中に入っているのは!?

指さす人の色々な手。世の中に居る正論を振りかざすモラリスト!?

個人的な趣味ですみませんが、テーマも色合いも展示方法もそれぞれの作品もメッセージ性が強く面白いなと。個性的な作品が沢山あり素晴らしかったです。現代アートは良くわからない。嫌い、そんな人には合わないかもしれませんが、現代アート美術館が好きだという人には是非足を運んでもらいたい美術館でした。 他にも色々面白い展示がありました。

オーディオガイドの順番が分かりづらい?

部屋がこっちですよと書いてある場所はあるものの、全てが順番通りにすすんでいるわけでなく、同じ部屋に色々な作品が置いてあるのでオーディオガイドに照らしながら「あれ、この作品はどこだろう?」と思う事もしばしば。通り過ぎたようで、見落とした作品もありました。どうしても見たい作品は見落としに要注意!

草間彌生さんの作品展示も

世界で人気のある日本人現代アーティストの1人、草間彌生さん。彼女の作品が展示されているという事前情報を知らず、美術館内で作品をみかけて、そういえば彼女も 精神的または心理的な障害を持っているアーティストの1人かと、思い出しました。

絵を描いている様子や彼女についての説明映像が流れていました。草間彌生さんの作品は世界中で人気でオランダでも

等の現代アートミュージアムで作品を見たことがあります。

関連記事

オランダのいくつかの美術館では、草間彌生さんの作品鑑賞が可能です。 モコ美術館 MOCO MUSEUM アムステルダムの有名美術館、アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館のあるミュージアム広場に2016年オープン[…]

草間彌生さんの作品といえばカボチャやドットの作品が有名ですが、あの整列された水玉模様は精神的に追い詰められた状況から逃れるために儀式的に描いた、というような文献を読んだ記憶があります。

統合失調症に苦しんだ彼女もまたアウトサイダーなのか。いや、奇抜で思いもしないアートを生み出すアーティストは、皆どこか病んでいる人なのではないか、精神的に病んでいるからこそ平凡な一般人の心に響くような作品が生み出されるのでは、では正常と異常の境界は?そんな思いがグルグルとめぐった興味深いミュージアムでした。日本人では他に自閉症の芸術家といわれている、澤田真一 (Shinichi Sawada)さんの作品もありました。

2022年欧州最優秀美術館賞

ミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスト( Museum van de Geest )は、2005年にオープンした新しいミュージアムです。2019年~改修のため一時休業し、 2020年に再度オープンしました。2022年には、Museum of theYearAwardを受賞しています。

関連記事

欧州最優秀美術館賞 (European Museum of the Year Award) では毎年、ヨーロッパのおすすめ博物館や美術館が選ばれています。賞について、受賞したオランダのおすすめの博物館や美術館についてまとめて掲載してしてま[…]

ミュージアム周辺は気持ちの良い公園

ミュージアム・ヴァン・デ・ヘイスト( Museum van de Geest )はハーレムの繁華街や、他の観光スポットとは駅の反対側にあります。

関連記事

オランダのハーレム(ハールレム Haarlem)観光でおすすめの観光スポットを、厳選してまとめました。アムステルダムから近い古都ハーレムは、穴場のおすすめ観光スポットです。 ハーレム観光はここがおすすめ! アムステル[…]

ミュージアムの周りは緑豊かな公園で、天気の良い日はミュージアムカフェでお茶したり、芝生で寝転んでいる人も多かったです。有名観光スポット巡りも楽しいですが、ミュージアムに行って、余韻に浸りながら公園でボーっと過ごすなんて贅沢な時間だなと思えるおすすめ場所でした。

アムステルダムにもアウトサイダー美術館

アムステルダムにもアウトサイダーアート美術館があります。実際に行った時の様子はこちら。個人的には、ハーレムのミュージアム・ヴァン・デ・ヘイストの方が好みでしたが、 エルミタージュ美術館アムステルダム別館の館内にあり、 ほかの観光施設と併せて足を運びやすいの美術館はこちらかと思います。

関連記事

Outsider Art Museumアウトサイダー・アート美術館 オランダ アムステルダムにあるアウトサイダー・アート美術館について掲載しています。 アウトサイダー・アート( アール・ブリュット)を展示している、オランダ初[…]

チケット購入・予約方法

チケット購入は、ミュージアム・ヴァン・デ・ヘイストの公式サイトから可能です。

の利用も可能でした。

関連記事

アムステルダム観光をお得に楽しめる!アイ アムステルダム シティカード (I amsterdam City Card)について、価格は?どこに行ける?など2022年最新情報をまとめて掲載しています。 アムステルダム観光なら![…]

営業時間

月曜日 休業
火曜日 休業
水曜日 11:00–17:00
木曜日 11:00–17:00
金曜日 11:00–17:00
土曜日 11:00–17:00
日曜日 11:00– 17:00

基本情報

住所 Schotersingel 2, 2021 GE Haarlem

公式サイト

https://museumvandegeest.nl/



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1285 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!