チューリップ島(チューリップアイランド)

Tulpeiland(Tulip island)

チューリップ島(チューリップアイランド)は上から見るとチューリップの形をした人工島でオランダのFlevoland(フレヴォラント州)の Zeewoldeにあります。チューリップの季節にはチューリップが咲いて綺麗でした。

オランダといえばチューリップで有名

キューケンホフ公園のチューリップ

オランダといえば、チューリップの国として知られています。オランダでチューリップが栽培され始めたのは16世紀の中頃と言われています。当時は家が建つほどの高価で取引されるチューリップも存在したとかで、球根は通貨のように扱われ、チューリップバブルとも呼ばれるこの時期には、チューリップで大儲けする人も居たそうです。その後チューリップの値が崩れ、 チューリップバブルは崩壊しますが、 今でもオランダにはチューリップ農家が多く存在し、チューリップや花はオランダの一大輸出産業になっています。鑑賞用の花の輸出額はアメリカに次ぎ世界2位、球根は世界一の輸出を誇ります。オランダの国の大きさは日本の九州程度。そんな小さな国の大きな輸出産業です。 また、沢山のチューリップが園内を彩るキューケンホフ公園は、世界中から観光客が訪れる、人気の観光スポットになっています。

関連記事

キューケンホフ公園はオランダ名物のチューリップが楽しめる、最大級の観光スポットです。2023年の開園予定日や、チケット予約、実際に行った時の様子や、行き方などについて掲載しています。 [metaslider id="1608"] […]

ドバイ ヤシの木人工島のように有名に?

アラブ首長国連邦のドバイ沖合いにある人工島、上から見るとヤシの木(パーム・ツリー)の形をしているパーム・アイランド(Palm Islands)は世界で一番有名な人工島かもしれません。日本に神戸のポートアイランドなど人工島がありますが、上から見ると〇〇の形、という人工島は世界でも少ないのではないでしょうか。オランダといえばチューリップ、だからチューリップの人工島を建造する!というアイデアの元、Zeewoldeに建設されたチューリップ島が2014年に建設が開始されました。

チューリップが多く栽培されるフレヴォラント州

チューリップ島はオランダの Flevoland(フレヴォラント)という州にあります。  Flevoland州は 、オランダのゾイデル海開発によって誕生した州全体が干拓地の場所で、オランダの12州の中で最も新しい州になっています。世界最大の人工島といわれているのあとか。オランダはオランダ人が作ったといわれていますが、フレボラント州も正にその一つ、そしてそのフレヴォラント州に作られたのが人工島チューリップ島です。フレヴォラント州はオランダで市場多くのチューリップを栽培する地域としても知られていて、広大な土地に沢山のチューリップ畑がある州です。だからこそ、チューリップの形というアイデアが生まれたのかもしれません。州になるほどの大きさの土地を干拓するオランダにとっては、人工島チューリップ島の建設作業はお手の物だったのでしょうか。

より華やかなチューリップ島に

チューリップ島は、上から見るとチューリップの形をした島としてしられていましたが、より観光客を集めるため、島に150,000本のチューリップ球根が植えられました!チューリップの開花時期には、チューリップの形をした島でチューリップを見る!という楽しい体験ができる島になっています。

実際に行ってみた感想

チューリップ島があると聞き、チューリップの季節に行ってきました。公共交通機関では足を運びづらいですが、この時期には臨時の船も出ているとか。

近くの駐車場に停めてチューリップ島まで歩きます。

島には車で、サイクリングの途中に、天気の良い日だったこともあり沢山の人が立ち寄っていました。 観光地っぽいこんなものも(笑)

チューリップの椅子!座ると開くようになっている面白い椅子でした。

チューリップは中を歩けるように歩道があるように植えられていて、チューリップに囲まれたような写真撮影もできます。私が行ったのは4月中旬です。オランダのチューリップの見頃は4月中旬では少し早い場所もありますが、チューリップ島は日当たりが良いからか開花が早いようでした。

何の船だろうと思ったら、ノアの箱舟。中は博物館になっています。レストランもありました。なぜここでノアの箱舟?と思い入ってみることに。オランダ語のレトロな博物館。アダムとイブなど聖書の展示があり面白い場所でした。

船の上から見ると、すこーしだけチューリップ島の全景が見れます。

チューリップの時期には、色とりどりのチューリップが咲いていてとても綺麗な場所でした。とはいえチューリップ島というのは上から見ないとわからないので、実感は薄そうです。上から見ると、本当にチューリップの形をしていて綺麗な形の人工島になっています。上から撮影された動画はこちら。

基本情報・営業時間

チューリップ島には無料で入場できます。ノアの箱舟博物館は現地でチケット購入ができました。島自体はGoogleマップには24 時間営業と書かれていましたが、暗い時に行っても周りが見えなそうな場所です。ノアの箱舟博物館の営業時間は午前10時から午後6時でした。

住所

Tulpeiland, Wolderwijd

https://goo.gl/maps/5Jf9iL1wHoV1KhWU8



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1395 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!