https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/1cbfd227.1e65b54c.1cbfd228.3dd1e5df/?me_id=1247310&item_id=10025869&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fhauhau%2Fcabinet%2Fmarimo%2Fmari-dbc-117_5.jpg%3F_ex%3D400x400&s=400x400&t=pict

ミッフィー展 鳥獣戯画 コラボのグッズ通販

https://hbb.afl.rakuten.co.jp/hgb/1cbfd227.1e65b54c.1cbfd228.3dd1e5df/?me_id=1247310&item_id=10025869&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400_mall%2Fhauhau%2Fcabinet%2Fmarimo%2Fmari-dbc-117_5.jpg%3F_ex%3D400x400&s=400x400&t=pict

ミッフィー展で人気のミッフィーと鳥獣戯画のコラボグッズについて掲載しています。ミッフィー×鳥獣戯画コラボグッズのうち通販で購入できる商品を紹介しています。ミッフィー展のグッズはレア度も高く、いつもかなり可愛いのですが、このミッフィーと 鳥獣戯画のコラボグッズはどの種類も別格の可愛さ。人気が高すぎてレアアイテムになってしまったのですが、一般販売が開始されたようです!

鳥獣戯画とは

鳥獣戯画は京都市右京区の高山寺に伝わる絵巻物で、 鳥獣人物戯画とも呼ばれる国宝です。「ちょうじゅうぎが」と読みます。鳥獣戯画は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の4巻からなり、 うさぎや猫などの動物たちが擬人化された甲巻は特に人気で、手ぬぐいや陶器など鳥獣戯画グッズが販売されています。

ミッフィー× 鳥獣戯画コラボグッズ

2020年開催の65周年記念展などのミッフィー展でミッフィーと鳥獣戯画とのコラボグッズが販売され人気になっています。鳥獣戯画の世界にミッフィーが入っているようで、ウサギやカエルともにミッフィーが描かれている様子は何とも可愛い。これまでにないミッフィーグッズになっています。

ミッフィー× 鳥獣戯画コラボ扇子

個人的に一押しなのがこの扇子。和柄とよく合うデザインですね。鳥獣戯画の扇子かと思ったら良く見たらミッフィーの絵が!隠れミッフィーのようでとてもかわいいです。波 、市松 、矢絣の3柄が選べ、扇子ケースもついているようです。どの柄にするか……真剣に悩みますね。

手ぬぐい・てぬぐい

鳥獣戯画と言えば和小物、というわけで扇子同様こちらもおすすめしたいのが「てぬぐい」です。「高野山」の刻印が一層際立つデザインで、紺色が良い色ですね。もちろん白の手ぬぐいも使い勝手が良さそうです。

タオル・ミニタオル

ミッフィー× 鳥獣戯画コラボのタオルでは、ミッフィーが楽しそうに遊んでいる絵や、なんと自転車で鳥獣戯画の世界に迷い込んだミッフィーの絵柄も!個人的に自転車がツボなのですが、どちらのタオルも素敵です。色違い、柄違いで欲しくなるタオルですね。

エコバッグ・トートバッグ

ミッフィーと鳥獣戯画の絵柄が、バッグ全面に描かれていて存在感があります。買い物をしていて、前の人がこのバッグを出したら「おっ」となってしまいます。折りたたんで、エコバッグとして利用するのも良いですね。

コースター

ミッフィー鳥獣戯画のコースターは全4種類。 鳥獣戯画のかえる、うさぎと楽しく遊んでいる絵柄や、怖いのか泣いてしまったミッフィーの絵柄まで。どれも可愛く、またお値段的にも4枚全部欲しくなってしまうかもしれません。可愛いだけでなく実用性もありそうなコースターです。

ミッフィー× 鳥獣戯画コラボグッズを通販で

どれもこれも欲しくなってしまう、ミッフィー× 鳥獣戯画コラボグッズ。ミッフィー展で先行発売され、一般発売も開始され手に入りやすくなりました。異世界の鳥獣戯画に迷い込んだミッフィーという何ともな絵柄のミッフィーグッズがとてもかわいいです!

ミッフィーの生誕節目で行われるミッフィー展は、限定グッズも人気になっています。

関連記事

2020年7月に東京の松屋銀座で開催の「生誕65周年記念 ミッフィー展」では、ミッフィーグッズが販売されました。65周年グッズのうち通販で購入できる商品を紹介しています。 2020年ミッフィー展 2020年に開催のミ[…]

ゴッホ展スヌーピーグッズの通販

ミッフィーに関するその他の記事

ミッフィーはオランダ生まれ。世界中で愛されている人気キャラクターです。サイト内では他にも「ミッフィー」に関する情報を掲載しています。良かったらご覧ください。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。