氷彫刻フェスティバル

オランダ ズウォレで開催されている、氷の彫刻イベントへ行ってきました。-10度のホール内に飾られている氷の彫刻は、ライトアップされていてとても綺麗でした。2020年に行った際の様子と併せて、開催場所や価格などの情報を掲載しています。

オランダ氷彫刻フェスティバル

英語)Dutch Ice Sculpture Festival 
オランダ語)Nederlands IJsbeelden Festival

開催期間

2020年の開催

※2020年の開催はコロナで中止

2020年末から2021年に開催される予定の日程は、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で中止となりました。2020年は、オランダでのイベントの中止が相次いでいます。

関連記事

2020年に開催される、観光におすすめオランダの行事・イベント一覧です。2020年も花に関するイベントや、チーズに関するイベントなどオランダでは色々なイベントの開催が予定されています。2020年のイベントは新型コロナウイルスによる影響で、[…]

2021年の開催予定

2021年12月18日から2022年3月6日と公式サイトにより発表されています。

チケット

公式サイトで購入が可能。時間ごとに予約するようになっています。2月の平日15時頃に行った際は行列は出来ておらず、チケットをすぐ買う事ができました。ホームページで残りチケット枚数が見れたので、残枚数が少ない、必ず日付の日時と時間に行きたいなどの場合は、事前予約した方が良さそうです。

https://www.ijsbeelden.nl/en/tickets

価格

事前購入で割引あり

開催場所・住所

Rieteweg 4, 8011 AB Zwolle

オランダのズウォレ(Zwolle)という街の
De IJsselhallenというホール内で行われています。ホール内なので雨でも大丈夫なのが良いですね。駅からも15分程度で歩ける距離ではあります。

公式サイト

https://www.ijsbeelden.nl/en

見どころ

2020年にオランダ氷彫刻フェスティバルへ行った際の様子です。毎年テーマがあるそうで2019-2020年のテーマは「JOURNEY THROUGH TIME」。まるで時間旅行を体験できるよな楽しさで、時代を駆け抜けていくような氷の彫刻の作品が並んでいました。 2019年の開催は2019年から12月14日から2020年3月1日までです。(毎年この位の時期と期間で開催されています)

会場の様子

会場は IJsselhallen というホール内です。着いた!と思ったら、A28が入り口ということで入り口まで向かいます。

IJsselhallen と書いてある場所から、結構移動しました。この道をまっすぐA28入り口まで向かいます。

ようやくA28に着きました。トイレは建物の中です。会場内にトイレはなかったと思いますので、事前に済ませてから向かう事をお勧めします。

KASSAというのがチケット売り場です。ネットで事前予約もできますが、私たちはそのまま予約なしで行きました。ミュージアムカードを持っていると割引があります。

さて、いよいよ建物内へ。建物内はとても寒いので、ニット帽、マフラー、手袋など厳重な防寒をお勧めします。

氷の彫刻フェスティバルでは毎年テーマがあるようで、2020年に行った際のテーマは、 「JOURNEY THROUGH TIME」 でした。最初が恐竜の時代から始まり、徐々に歴史が現代に近づいていくというような順番で氷の彫刻が飾られていました。

会場に入るといきなりのお出迎えは、ティラノサウルス。恐竜の時代から始まりました。これには恐竜好きの子供たちは大興奮です。ティラノサウルスは雪で出来ていました。

迫力のマンモス。歩いて進んでいくと、徐々に時代が変わっていきます。

まるでエジプトに来たかのようなとても美しい建物。

時代は中世へ。

ダヴィンチとモナ・リザ。

オランダの画家、レンブラントの氷の彫刻もありました。まるで絵のようで圧巻の作品でした。

アンネの日記のアンネフランク。日記を書いているところでしょうか。

ベルリンの壁崩壊も彫刻で表現されていました。

宇宙服や地球があり、徐々に近代に近づいてきました。

とおもったら、現代を飛び越えて未来空間のような作品。

なんとこの作品、滑り台になっていました。

ただ彫刻を見るだけでなく、ところどころ体験もできる作品があったのが嬉しい点です。

はしゃいで何度も滑り台をする子もいました。冷たいですけど楽しいようです。年齢制限はないので、大人もできますよ。

ということで、終了です。恐竜の時代から始まり、歩くにつれて未来へ。レンブランドの夜警や、アンネフランクなど、オランダやヨーロッパの歴史を感じる場面の彫刻もあり興味深かったです。すごく広い会場という訳ではないので、所要時間は1時間程度で終わりました。1つ1つもっとゆっくり見れば時間がかかるかもしれませんが、寒くてあまり長居できないかもしれません。

出口の後は、トイレがある方の建物へ。暖房があり、ここで休めます。甘い匂いがする、ストロープワッフルも売っていました。

来年はどんなテーマでどんな作品があるのだろう、と楽しみになってしまう氷の彫刻祭でした。氷のお祭りというから「さっぽろ雪まつり」というようなイメージでしたが、室内にあるせいか氷のミュージアムのような印象です。オランダならではの作品もあり、とても迫力のある展示でした。会場はとても寒いので、防寒具の持参をおすすめします!

ズゥオレの観光・情報

氷の彫刻フェスティバルが行われているズウォレには、他にも見どころがあります。ズウォレに関する観光や、情報に関する記事です。




※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。