デルフト観光 見どころ9選

オランダ デルフト観光の見どころ、行くべき所をまとめて掲載しています。 デルフトはデルフト焼きやフェルメールの故郷として有名です。博物館や教会など様々な見どころがある町です。

デルフト焼き、フェルメールの町デルフト

デルフトは、デルフト焼きの町、そしてフェルメールの町としても知られています。デルフト焼きは白地に青色が美しい陶器で、その青色はデルフトブルーともいわれています。デルフトには、デルフト焼きの博物館や工房見学を楽しめます。また、世界的に有名な画家フェルメールはオランダ デルフトの出身です。フェルメールに関する観光スポットもあり、小さい町ながらに見どころが多い場所になっています。

【1】ロイヤルデルフト

Royal Delft ・Koninklijke Porceleyne Fles

ロイヤルデルフトは1653年に設立されたオランダ オランダ デルフトにあるデルフト焼きのメーカー、工房です。 ロイヤルデルフトに併設されているミュージアムはロイヤルデルフトの博物館になっていて、デルフト焼きの歴史や、ロイヤルデルフトの作品、タイルの絵画展示や、歴代のクリスマスプレート展示など色々なロイヤルデルフトの作品を見る事が出来ます。オーディオガイドには日本語もありました。また、広いお店もありロイヤルデルフトのお土産や商品を買う場所としてもおすすめです。

デルフトといえばデルフト焼きというイメージもありとてもおすすめしたい場所なのですが、他の観光スポットとは少し離れているのが難点。わざわざ足を運ぶ場所にあります。お時間があればおすすめしたい観光スポットです。

実際にロイヤルデルフトへ行った時の様子はこちら。

関連記事

オランダ デルフトにある、 ロイヤルデルフト(Royal Delft )はロイヤルの称号を与えられたデルフト焼きのメーカーです。工房見学やロイヤルデルフトのショップ、ミュージアムもあるロイヤル・デルフトはデルフト観光のおすすめの場所です。[…]

住所:Rotterdamseweg 196, 2628 AR Delft
営業時間:月曜日~火曜日 11時30分~17時00分
     水曜日~日曜日 10時00分~17時00分
チケット:大人 14.00ユーロ  学生 13-18歳 8.75ユーロ 12歳未満の子供

日本語でチケット予約

公式ホームページ:http://www.royaldelft.com/

【2】フェルメールセンター

Vermeer Centrum Delft

フローニンゲンのシンボル、マルティニ塔。標高約100メートル、街で一番高い教会で260段ほどの階段があり、塔の中を登ることもできるそう。街の色々な場所からこのマルティニ塔が良く見えます。少し傾いている斜塔とのこと。お隣にはマルティニ教会もあります。

フェルメールのお土産を買う場所としてもすすめです。私が行った際にはフェルメールのミッフィーなど可愛い商品が沢山ありました。

住所・場所:Voldersgracht 21, 2611 EV Delft
営業時間:10時00分~17時00分
公式ホームページ:https://www.vermeerdelft.nl/en/
チケット詳細はこちら

【3】プリンセンホフ博物館

Museum Prinsenhof Delft

ウィレム1世(オラニエ公)はオランダにとって欠かせない歴史上の人物です。オランダの歴史に興味がある人にプリンセンホフ博物館をおすすめしたい理由がここにあります。

そのオラニエ公ウィレム1世はスペイン戦争の際にここデルフトの現在プリンセンホフ博物館になっている場所で暮し拠点を置いていました。ウィレム1世は、1584年に暗殺されましたが現場はここ、現在のプリンセスホフ博物館になっている場所です。この博物館の最大の見どころ(と個人的に思う)のが、暗殺時の銃跡です。

デルフト焼きの展示が有ったり、他にも見どころの多い博物館になっており個人的にはおすすめの博物館です。

実際にプリンセンホフ博物館へ行った時の様子はこちら。

関連記事

Museum Prinsenhof Delft デルフト・プリンセンホフ博物館( Museum Prinsenhof Delft )はデルフトの中心街にある博物館です。オランダ独立戦争でオランダ王国の建国の父オラニエ公ウィレ[…]

チケット詳細はこちら

住所・場所: Sint Agathaplein 1, 2611 HR Delft
公式サイト:https://prinsenhof-delft.nl/

【4】デルフト新教会

デルフトの新教会は登ることが出来ます。教会上からのデルフトを見渡せる景色がおすすめです。オラニエ公ウィレムが埋葬されている教会でもあります。教会への入場は有料ですが、 新教会と旧教会の入場がセットになったチケットがあります。

日本語でチケット予約

住所・場所: Markt 80, 2611 GW Delft

【5】デルフト旧教会

デルフト旧教会は偉人が埋葬されている場所をしても有名です。日本でも人気が高いデルフト出身の画家ヨハネス・フェルメールのお墓もデルフト旧教会にあります。

チケット詳細はこちら

住所・場所: HH Geestkerkhof 25, 2611 HP Delft
営業時間:11:00~ 16:00(日曜休館日)

【6】デルフトハート

Blue Heart of Delf

デルフトの中心に置いてある 1998年に設置された青色のハートオブジェ。青色はデルフトブルーをイメージしたものだとか。思わず写真を撮りたくなるおすすめの場所です。

住所・場所:Oude Langendijk 2611, 2611 GG Delft

【7】風車

Molen de Roos (デルフト・デ・ロース風車)

オランダ観光と言えば、風車が見える景色を見たいという人も多いかもしれません。デルフトでも風車を見る事ができます。

住所・場所:Phoenixstraat 111, 112, 2611 AK Delft

【8】東門

デルフトに現存する唯一の城門である東門は、かつて要塞化されていた様子を思い出させてくれる貴重な史跡です。市街地からは少し距離がありますが、近くには跳ね橋もあり、昔のオランダの景色を見る事ができるので、 時間があれば足をのばしたい場所です。

住所・場所:Oostpoort 1, 2611 RZ Delft

【9】 アンティークマーケット

例年4月から10月まで、 デルフトで骨董品、本の取り扱いがあるアンティーク市が開催されています。VoldersgrachtとHippolytusbuurtとWijnhavenの運河に沿って広がり、春から秋にかけて毎週土曜日に開催されています。

関連記事

オランダ デルフト(Delft)で開催されているアンティークマーケット (蚤の市) 。 期間限定4月から10月まで毎週土曜日に開催しています。蚤の市を実際に訪れて分かった情報を掲載しています。 デルフト アンティーク市場[…]

デルフトで街歩き

デルフトの観光スポットを色々と掲載してきましたが、各々の観光スポットに加えて、街歩きや運河クルーズもおすすめです。ヨーロッパの歴史ある街並みと、川沿いなど美しい街並みに自然と足が軽くなりました。

アムステルダムにも置いてあるようなフラワー自転車もデルフトのは少しお洒落な色合い!? 柵のない川沿いを歩くのは少し怖かったですが、きれいな街並みが楽しめる街でした。

デルフトはどこにある?

デルフトはオランダの南ホラント州の街です。

関連記事

デルフトはどこにある?どこの国の街?どんな場所?何が有名?デルフトの世界地図での位置・場所や時差、有名なものや観光スポットなどについて掲載しています。 デルフトはオランダの町 デルフトがある国はオランダです。デ[…]

アムステルダムからデルフトの行き方

アムステルダム中央駅からデルフトへ、Intersityというオランダ国鉄の急行列車で行くことが出来ます。

アムステルダム発デルフトのおすすめツアー

デルフトとロッテルダムなどを併せて巡る観光ツアーも便利でおすすめです。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1423 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!