オランダの木靴

オランダの木靴について、愛用された理由やオランダの木靴工房、 おすすめのお土産や日本で通販で買えるオランダ木靴など、オランダの木靴についてまとめて掲載しています。

オランダで木靴が愛用された理由

木靴とは木製の履物の事ですが、オランダでは木靴が愛用された歴史があります。オランダで木靴が愛用された理由には、オランダの土地が影響しています。

オランダは、低地の国で海抜ゼロメートル地帯も多い国です。古くは土地を開拓して、オランダを切り開いてきました。オランダは風車が有名ですが、風車もオランダの歴史と関係があるのです。

開拓された土地は湿地帯のぬかるんでいる土地です。その土地を歩くのに木靴が適していたと言われています。世界は神が造ったが、オランダはオランダ人が造ったと言われていますが、その土地を切り開くのに木靴も欠かせない存在だったのでしょう。

関連記事

オランダは海より低い、海抜ゼロメートル地帯の低い土地が多くある低地の国です。歴史や、 海面より低い海抜0m以下の場所などをまとめて掲載しています。 海抜ゼロメートル地帯の国オランダ オランダの英語名は、Netherla[…]

木靴の履き心地

木靴の履き心地はと言うと固いので、個人的にはあまり履き心地が良いとは感じません。形は違いますが、日本でいうサボサンダルのような感じでしょうか。サボのように底が固い感覚が好きな人には、好みの履き心地かもしれません。

オランダでは今でも木靴を履くの?

オランダでは今でも販売されていますが、ほぼ、お土産用や伝統工芸品として販売されており、今でも木靴を履いている人は街中ではみかけません。1度だけオランダで実際に街中履いている人を見かけて、びっくりしたことがあります。
ただ、実用的なものですので、農業、漁業などをしている人や、一般家庭でもガーデニングの時などには好んで木靴を履く人も居るのだとか。個人的には日本の下駄や雪駄のようだなと思っており、民族衣装や役割、またひょっとしたらお洒落によって好みで履く人もいるような存在なのかなと思っています。

木靴をオランダ語で

木靴はオランダ語でklompenといいます。英語では clogs です。木靴に関する場所や、お土産などを買いたい場合に覚えていると便利です。

オランダで木靴工房を見学!

オランダで木靴工房を見学したい場合、アムステルダム近郊のザーンセスカンスにある木靴工房がおすすめです。ザーンセスカンスはオランダ名物の風車の他、木靴工房やチーズ工房もある、オランダらしい観光がしやすい風車村です。

木靴のお店も行ったことがありますが、木靴の展示のほか、建物に木靴が飾ってあってインスタ映えが抜群でした。店内には色々な木靴が販売されていて、おすすめです。実演もあるのだとか。

関連記事

オランダで風車が並んでいる風車村、アムステルダムからの観光におすすめのザーンセスカンスについて、行き方や見どころなどと観光に行ったときの様子を掲載しています。 ザーンセスカンス 英語 Zaanse Schans[…]

スキポール空港で木靴

スキポール空港ではお土産コーナーに木靴のキーホルダーが販売されているのを見かけたことがあります。

また、おすすめなのがスキポール空港のアルバートハインというスーパーマーケット前にある大きな水色の木靴。大人でも中に入れるくらい大きいです。

場所等はこちらに掲載しています。お土産を買うのにもおすすめのお店です。

関連記事

スキポール空港にある便利なスーパーマーケット、アルバートハイン(Albert Heijn)について掲載しています。 アルバートハインとは アルバートハイン(Albert Heijn 略してah)は、オランダ最大のチェー[…]

お土産におすすめ木靴のキーホルダー

木靴はオランダ旅行のお土産にもおすすめです。 色々な色がある小さな木靴のキーホルダーは特に人気があります。ミッフィーの柄の木靴キーホルダーもみかけたことがあります。実は日本でも通販で買えるので、お土産を買い忘れた時にも良いかもしれません。

自分好みの木靴を

木靴は塗装されているものが多いのですが、日本でもアマゾンで買う事が出来ます。自分好みの木靴ペイントを楽しめるのが良いですね。

木靴の他にもオランダの有名なものについてまとめました。

関連記事

オランダの有名なものには何があるでしょうか。オランダで有名なのはチューリップ、風車、などがうかびやすいでしょうか。オランダを語るのに欠かせない花や人物、場所、食べ物、キャラクターなど「オランダの有名なもの」について掲載しています。 […]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!