マーストリヒト日帰り旅行モデルプラン

マーストリヒトの見どころを1日で効率よく回れる、モデルプランを作成しました。アムステルダムやベルギー、ドイツからのマーストリヒト日帰り旅行におすすめです。

10時頃     マーストリヒト到着
10時半  聖セルファース橋
11時  ミッフィグッズのお店
11時半  世界一美しい本屋 ドミニカネン
12時   フライトホフ広場、聖セルファールス教会
13時   水車のあるパン屋でランチ
15時      地獄門とスタツ公園
16時      ボンネファンテン美術館
17時半     マーストリヒト出発

位置的に最初にミッフィーのお店でお土産のお買い物というプランですが、最後に回したい場合は逆からこのモデルプランの回るのもありかもしれません。私の場合は最初に本屋や橋、広場を回ってしまいたかったので、このプランとしました。

各プランの場所詳細はこちらで確認できます。

関連記事

マーストリヒトはオランダでもまた少し違った雰囲気の街です。最古の街と呼ばれるマーストリヒト、実際にマーストリヒトに行った中でのおすすめ観光スポットを紹介しています。 【1】ドミニカネン書店 「世界一美しい本屋」[…]

ボンネファンテン美術館は自分の好みで入れましたが、他にマース川クルージング、マーストリヒト自然史博物館、聖母教会など好みの場所へ行くプランに代替可能です。マース川沿いのカフェでのんびりするのも気持ちよかったです。地獄門の後はお好みのプランを入れてみると、よりマーストリヒト観光を楽しめます。

マーストリヒトには洞窟探検という個人的にかなりオススメの観光スポットがありますが、午前、午後どちらかのプランを真っ白にすれば行けるかもしれませんが、 市内中心地を観光していると時間が足りません。 そうするとマーストリヒトの見どころを回れないので日帰りなら、市内中心の観光がおすすめかなと思います。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1077 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!