デン・ハーグにある3大美術館

デン・ハーグ観光プランに入れたい、デン・ハーグにある3つの美術館とその特徴について掲載しています。

マウリッツハイス美術館

フェルメールの作品「 真珠の耳飾りの少女」や門外不出の「デルフトの眺望」など人気のあるフェルメールの作品を所蔵しています。また、 レンブラントの自画像や、「テュルプ博士の解剖学講義」 などもあり、レンブラントの夜警を所蔵するアムステルダム国立美術館やゴッホ美術館に次いで、オランダ観光で人気の美術館となっています。

エッシャー美術館

オランダ出身の画家 エッシャーの作品が多く展示されている美術館。だまし絵、幾何学などの作品で知られるエッシャーの色々な作品を楽しむことが出来ます。作品の他、建物や色々な形のシャンデリアも印象的でした。ハーグ駅から徒歩で行くことも可能です。

ハーグ市立美術館

オランダの画家、モンドリアンの作品を多く所蔵しています。遺作となった、ヴィクトリー・ブギウギの展示もありました。モンドリアンの作品の一部は、アムステルダム市立美術館などにも展示があります。ですが、モンドリアンの作品が好きであれば、ハーグ中央駅から少し距離はありますが、ハーグ市立美術館まで足を運ぶことをおすすめします。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1077 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!