アムステルダム国立美術館のクロークとロッカー

アムステルダム国立美術館にはクロークとロッカーがあります。混雑や注意点などについて掲載しています。

クローク

アムステルダム国立美術館のクロークは無料です。リュックサックなどの荷物は美術館には持って入れませんので、荷物を持って行った人は預けなければなりません。傘も預けることが出来ます。私が行ったときはトートバッグは注意され預けるように言われました。小さなショルダーバッグは何も言われませんでした。公式サイトによると、A4用紙サイズ以下が可能なようです。と言っても、厳密にサイズを測って注意されるわけではないので、小さめの方が安心です。 貴重品をクロークに預けるのが不安だという人は、小さめのカバンを持っていくことをお勧めします。

クロークは混雑する

土曜日、午後12時頃にクロークへ行ったときの混雑の様子です。

この日は朝早くから美術館に来たのですが、その時、クロークは空いていました。荷物は多くなかったのですが、上着を持っていたのでクロークに預けました。午後に出ようと思ったらこの混雑ぶり。コインロッカーの方に入れればよかった少し後悔しました。スムーズに列は減っていき、この時は5分程並ぶのです見ました。日によって違いそうです。

コインロッカー

クロークとは反対側、トイレの近くにコインロッカーがあります。50セント のコイン ( 後で戻ってきます)が必要でした。

スーツケースは預けられる?

公式サイトによるとスーツケースは預けることはできません。

Unfortunately, we do not have the facilities for travel luggage, folding bikes, musical instruments, skateboards etc.

Rijksmuseum公式サイトより引用

スーツケースの他、折りたたみ自転車や、楽器、スケートボードなどの大きな荷物は預けることが出来ないようです。ホテルチェックイン前など、スーツケースを預ける必要がある人は、ミュージアム広場にあるLockerpointという所に預けることが出来ます。

https://www.lockerpoint.com/lockerpoint-locations/lockerpoint-museumplein/

Lockerpoint Museumplein



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。