オランダ ゼーラント州

オランダの南西部の州、海に囲まれたゼーランド州についてまとめて掲載しています。

ゼーランド州の場所

ゼーランド州はオランダの南西部の州です。南部はベルギーと接しています。 zeelandのzeeはオランダ語で海と言う意味なのですが、ゼーランド州はまさに海に囲まれた州になっています。zeelandという表記に対して、日本語では、ゼーランド、ゼーラントと表記されていることがあります。(ジーランド、ジーラントと表記されることもあるそうです。)

ニュージーランドの名前の由来

ゼーランド州はニュージーランドの名前の由来にもなっている場所です。ニュージーランドの島はオランダ人により発見された場所で、後には 「Nieuw Zeeland」オランダ語で新しいZeelandと名づけられたのだとか。オランダ語でZeeは英語のSea海の意味です。直訳するとNew sealandとなりそうですが、Zeelandの音が残ったなど諸説あり、今のNew Zealandという名前となっています。

ゼーランドの主要都市

ゼーランド州の州都ミデルブルフ(Middelburg)をはじめ、ゼーランド州の中で人口の多いテルネーゼン(Terneuzen)、フス(Goes)、フェーレ(Veere)、ドンブルグ(Domburg)、ジーリクゼー (Zierikzee)、フリッシンゲンなどの都市があります。

観光におすすめの街

ゼーランド州の中で観光におすすめの街です。ゼーランド州の街は歴史の面影が残る美しい港町と感じる街が多くどこもおすすめです。

ミデルブルフ / Middelburg

ゼーランド州の州都、ミデルブルフ。 オランダ東インド会社の重要な貿易拠点のひとつでもあり、当時の面影が残る街並みを見ることもできます。市庁舎は一見の価値あり。

ジーリクゼー / Zierikzee

ジーリクゼーは、小さな街ですが 跳ね橋や城壁なども残り、貿易都市として栄えた歴史を感じる街並みです。

イアーセーケ / Yerseke

ゼーランド中でも日本人に人気となっているのは牡蠣の産地Yerseke(イアーセーケ・ ヤーセケ)。オランダ産の新鮮な生牡蠣を頂けます。

関連記事

オランダ ゼーランド州のYerseke(イアーセーケ・ ヤーセケ)という街に牡蠣を食べに行ってきました。2021年に行った時の様子と、ヤーセケの見どころをまとめて掲載しています。 イアーセーケ(Yerseke)の場所 […]

オランダの牡蠣には、日本でも食べられる岩牡蠣のほか、珍しい平牡蠣もありおすすめです。

関連記事

オランダの牡蠣について、シーズンや、オランダの牡蠣の産地として有名なゼーランドなどについて掲載しています。 オランダで牡蠣 オランダにはオランダ産の牡蠣があり、生牡蠣も販売されているほど新鮮な牡蠣をいただけます。 […]

海に囲まれたゼーランドでは、貿易港の面影が残る観光スポットや、ビーチリゾートなどがあり、アムステルダムなどの観光地とはまた違った雰囲気の場所です。アムステルダムから車で2時間程度はかかる場所にあるので、日本人のオランダ旅行では観光地候補には上がりづらい場所です。ですが、ゼーランドはオランダ人がリゾートで訪れる人気の観光地でもあります。自然豊かな海や歴史を楽しめるオランダのまた違った面が見れる場所です。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1021 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!