クロッカス休暇

オランダ(ベルギー)の学校には、クロッカス休暇(クロッカスホリデー)と呼ばれる1週間ほどの休暇が2月にあります。クロッカス休暇は地域ごとに毎年、日付が異なります。

クロッカス休暇: Krokusvakantie

クロッカス休暇とはオランダで2月にある1週間の休暇を指します。ベルギーの学校でもあるようです。オランダの2月は、まだ寒いですがちょうど日が少しづつ伸びてきて、寒いながらも芝生にはクロッカスの花のつぼみが見られる季節の休暇です。

オランダ南部を中心にカーニバルが行われる時期でもあるため、特に南部ではカーニバル休暇(Carnavalsvakantie )と呼ばれることがあります。春休み(Voorjaarsvakantie)と呼ばれることもあります。

2021年のクロッカス休暇

北部地域  2021年2月20日から2021年2月28日 週8
中央部 2021年2月20日から2021年2月28日 週8
南地域 2021年2月13日から2021 年2月21日 週7

2020年のクロッカス休暇

北部地域  2020年2月15日から2020年2月23日 週8
中央部 2020年2月22日から2020年3月1日 週9
南地域 2020年2月22日から2020年3月1日 週9

日本だと2月にお休みは無いので少し珍しく感じますね。オランダでは地域ごとに学校休暇の時期が違うことがありますが、クロッカス休暇もその1つです。住んでいる場所で休暇の時期が違います。夏休みも、地域により期間が1週間ずれています。

関連記事

オランダの夏休み オランダの小学校の夏休みは、住んでいる地域によって学校の夏休みの時期が異なります。 オランダ北部、中部、南部の3つに分けられ、3つの地域で夏休みの期間が1週間ずつずれています。オランダの小学校は、毎年大体1[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!