アムステルダム エルミタージュ 美術館

Hermitage Museum
エルミタージュ美術館 アムステルダム別館

アムステルダムにあるエルミタージュ 美術館について掲載しています。 ロシアのエルミタージュ美術館のアムステルダム分館です。 チケットや入場料、所要時間など。アムステルダムの人気観光地です。

見どころ

エルミタージュ 美術館は ロシア サンクトペテルブルクにあり、 建物自体が世界遺産という世界三大ミュージアムのひとつです。アムステルダムのエルミタージュ美術館は世界遺産という訳ではありませんが、養老院として利用されていた歴史ある美しい建物です。アムステル川沿いにあるのもどことなくロシアのエルミタージュ美術館と似た場所ですね。

2009年にオープンした新しいミュージアム

エルミタージュ美術館は、2009年にオープンし 2019年で10周年、 まだ新しいミュージアムで、本館のエルミタージュ美術館のコレクションの一部が特別企画展として展示されています。

企画展により様々な展示

というわけで、おそらく足を運ぶ際の企画展の内容次第で印象が大きく変わるかと思います。

Tsars and Knights
The Romanovs’ love affair with the Middle ages

私が足を運んだ際の展示は、 ロシア帝国を統治していた帝室ロマノフ家の騎士の展示で、大迫力でした。

日本ではなかなか見る事のできない中世の騎士の展示を多く見る事が出来、個人的にはとても満足です。展示の方法もただ飾るだけではなく、動きなどがありとても印象的でした。

過去には宝石展などの企画展もあったり、その時々で違った展示を楽しませてくれるのも魅力です。

入場料は高い?

入場料チケットが少し複雑でした。エルミタージュ オールイン 大人(12歳~)€27.50とあり、ロマノフと騎士の大人(12歳から) €21.00。展示によってチケットが分かれています。

アムステルダム国立美術館に20ユーロで入れて、名画を複数鑑賞できるのを考えると、入場料は少し高く感じました。あくまで個人の印象ですが、エルミタージュ美術館とアムステルダム国立美術館を比べるとオランダならではという意味ではやはりアムステルダム国立美術館の方が優勢にかんじてしまいます。

ですがエルミタージュ美術館アムステルダム別館はオランダのミュージアムカードなら無料で入れます。エルミタージュ美術館は他に比べると少し高い印象なので、ミュージアムカードのお得感が増す印象です。

関連記事

オランダのミュージアムカードについて、金額や買い方、入れる美術館などについて掲載しています。2021年最新の情報です。 ミュージアムカードとは ミュージアムカードとはMuseumkaart(ミューゼアムカールト)という[…]

無料音声ガイド

無料の音声ガイドを借りらえます。日本語はありませんが、英語はありました。もちろんオランダ語もあります。

お土産屋さんも充実

企画展に関連した本などお土産の他、オランダのお洒落なお土産が沢山販売されていて、お買い物も楽しくなる品揃えでした。

箱庭と裏の公園もおすすめの空間

美術館裏の公園は美術館利用者以外も入れ、憩いの場となっていました。天気の良い日にはとても気持ちの良い場所ですので、観光時の休憩場所としてもおすすめです。

4月のアムステルダム チューリップフェスティバルの季節には、まさしく色とりどりのチューリップが飾られとても美しい場所になっていました。

行ってみた感想

アムステルダム別館のエルミタージュの建物のも歴史があり素晴らしいもののやはり本家エルミタージュにはやや劣る印象でしたが、オランダの美術館とはまた少し違った展示がなかなか興味深い美術館でした。展示も工夫がされていて良かったです。アムステルダムというと人混みの印象でしたが、エルミタージュのお庭は入場者しか入れないのでゆったり出来たのもまた良かったです。

レンブラントの家や、レンブラント広場など周辺の観光施設と合わせて訪れるのもおすすめの美術館です。

基本情報

住所 Amstel 51, 1011 AB, Amsterdam, The Netherlands

  • アクセス メトロ51、53、54 Waterlooplein駅 徒歩3分
  • 営業時間 午前10時~午後5時(最終時間は午後4時)
  • 営業日 水曜日から日曜日

公式サイト



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!