アムステルダムの屋根裏教会 (アムステルクリング博物館)

アムステルダムの屋根裏にある教会、アムステルクリング博物館 / カトリック教博物館 (Museum Ons’ Lieve Heer op Solder)の行き方や、場所、2020年に実際に行った時の様子を掲載しています。

見どころと歴史

アムステルクリング博物館(Museum Ons’ Lieve Heer op Solder) は、一見すると、普通の家の3階の屋根裏に教会があるという博物館です。

オランダの黄金時代には、カトリック教徒が公の場で礼拝することを禁じられた時期があります。ヤン・ハルトマン(Jan Hartman)が、 抵抗してアムステルダムの邸宅の屋根裏に秘密の教会を建てたのがこの教会です。完全な状態で保存された住居兼教会で、当時のオランダの生活や、屋根裏の教会がミュージアムとして公開されています。

屋根裏部屋……教会?

アムステルダム中央駅から運河を目指します。屋根裏部屋の教会というから、こじんまりしたミュージアムを想像していたら、立派な入口で驚きました。

外観からは、ここに教会があるなんて分かりません。

オーディオガイドを無料で借りることができました。日本語はなく、英語を選択しました。Feest! op Solderの方は子供向けということでした。

最初は地下へ。ビデオを見たのですが、こちらも立派で驚きました。邸宅の教会と聞いていたので、こんな部屋がある博物館だとは……。

映像では、屋根裏部屋の教会を作るに至ったオランダの情勢などの説明がありました。日本の隠れキリシタンではないですが、オランダでも信仰の制限があった時があったのですね。いざ邸宅の中へ。

階段で上に上がっていきます。階段の途中から、木製になり邸宅に繋がっているようでした。

黄金時代のオランダの生活が垣間見れます。立派な邸宅ですね。

19世紀の台所の様子です。キッチンなどを経ていざ屋根裏部屋へ。

秘密の部屋にやっとたどり着いたという感じでした。屋根裏教会は、 ここが家の中なのか、と疑いたくなるくらいしっかりした教会でした。

パイプオルガンもありました。 元の状態に近い形で保存されているそうです。

下りの階段は少し急で怖かったです。歩きやすい靴の方が良いと思います。

最後にミュージアムがあり出口へ戻りました。

教会の模型もありました。当時のオランダの生活を垣間みながら、とても良い状態で保存されている教会でした。屋根裏教会は、邸宅内にあるとは思えない立派なもので、階段を上りたどり着く屋根裏教会は一見の価値ありです。オランダの宗教史に触れられる機会でした。

アムステルダム中央駅のすぐ近く

アムステルダムの屋根裏教会 (アムステルクリング博物館)は、アムステルダム中央駅の近くにあります。ダム広場へ向かう方向とは少しずれ、運河沿いにあります。駅周辺で観光スポットを探している人にはおすすめです。

基本情報

住所:Oudezijds Voorburgwal 40
1012 GE Amsterdam
開館時間:
火曜日から土曜日の午前10時から午後6時
日曜日の午後1時から午後6時(月曜定休日)

行き方:アムステルダム中央駅から徒歩約5分
入場料金:子供0~4歳 無料
5〜17歳 6.00ユーロ
大人 12.50ユーロ
(入場料には無料のオーディオツアーが含まれています。)
公式サイト: http://opsolder.nl/



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 975 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!