ヤン美術館(ヤンミュージアム)

オランダ アムステルフェーン(Amstelveen)にあるヤン美術館(旧: ヤン・ファン・デル・トフト美術館)は、現代アートの展示がある美術館です。見どころやチケット購入方法、定休日、行き方、 2020年に実際に訪れて分かった情報を掲載しています。

ヤン美術館

Museum Jan

ヤン・ファン・デル・トフト美術館は、1991年に、現代美術のコレクターJan van der Togt氏によって設立された美術館です。 Museum Jan van der Togt という名前でしたが、2020年1月から Museum Janと名称変更されました。美術館には、絵画や彫刻の常設コレクションに加えて、企画展が開催されています。2019年にはロッカクアヤコさんの展示もありました。

営業時間・休館日

火曜日~日曜日 11時00分~17時00分
月曜日 定休日
その他、オランダの祝日(元旦1月1日、キングスデー4月27日、クリスマス12月25日)は休館

入場料

  • 大人—€11.50
  • 13〜18歳—€6.00
  • 12歳までの子供 無料
  • ミュージアムカード利用 無料
  • コブラ近現代美術館とのコンビチケット  17.50 ユーロ

チケット購入・予約方法

チケット購入は現地のカウンターで可能です。今まで行った所では、大混雑する美術館ではありません。

見どころ・常設展示

現代アート、現代美術の作品展示がありました。

常設展

常設コレクションは、絵画、彫刻、ガラス作品がありました。

企画展

Delicious Paintings — Tjalf Sparnaay
Tue, Oct 1, 2019 Sun, Mar 1, 2020

2020年2月に足を運んだ際の企画展は、オランダ人画家のアート作品でした。2017年にニューヨークのBernarducci Meisel Galleryで展示された後、オランダで初展示なのだとか。

美味しそうな作品が沢山あり、とても興味深い作品展でした。

※現在終了しています。最新の企画展は公式ホームページから確認できます。

ヤン美術館の周りは、小さな街になっているので街歩きも良い雰囲気で楽しかったです。この辺はカフェやアイスクリーム屋さんなどは空いていましたが、日曜日は閉まっているお店が多いようです。

基本情報

アムステルフェーンのショッピングモールから徒歩15分程度の場所にあります。スキポール空港からは、バス300でアムステルフェーンのモール近くまで行くことが出来ます。平日はバス186があり、美術館まで徒歩3分程度の場所に停車します。

関連記事

スキポール空港からアムステルフェーンやハーレムに行くのに便利な300番のバスについて掲載しています。 300番のバス 300番のバスはスキポール空港から、ハーレムという街、 アムステルフェーンという街への移動に便利です[…]

住所

Dorpsstraat 50, 1182 JE Amstelveen

公式ホームページ

https://museumjan.nl/

オランダにある現代アートの美術館

ヤン美術館のような現代アートの美術館、現代美術館がオランダにも色々あります。日本では見かけづらいヨーロッパのアーティストの作品も多いので、各美術館の企画展は見逃せません。

関連記事

オランダには多くの美術館があります。ひとまとめにオランダのオススメの美術館と紹介されてしまうことが多いですが、同じ美術館といってもレンブラントやゴッホの作品を見たい人と、近現代美術作品を見たい人では行くべき美術館が大きく異なります。 ガイ[…]

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。