ハーグ歴史博物館

オランダ デン・ハーグにあるハーグ歴史博物館はデンハーグの歴史、ビネンホフの歴史やなどのデンハーグの歴史に関する展示がある博物館です。見どころやチケット購入方法、定休日、行き方、グッズなど、 実際に訪れて分かった情報を掲載しています。

※掲載の情報に変更がある場合は、公式サイトや現地情報の方が正しいです。

名称

オランダ語:Haags Historisch Museum
英語:The Hague Historical Museum

営業時間・休館日

火曜日から金曜日 10:00 – 17:00
土曜日、日曜日 12:00 – 17:00
※月曜日が休館日です。

入場料

大人 15ユーロ
6〜17歳の子供 5ユーロ
6歳未満の子供 無料

※2022年確認時

チケット購入・予約方法

チケットの事前購入が公式サイトから可能です。

見どころ

ビネンホフやホフ池、マウリッツハウス美術館といった観光スポットのすぐ近く。ハーグ歴史博物館にはオランダ デンハーグに関する歴史が展示されています。ハーグの歴史展示だけかと思ったら、 今昔のハーグの歴史の他ハーグにあるビネンホフの歴史 (国会議事堂) 、オランダ王室の歴史、ハーグ出身の方に関する展示など興味深い展示が多くあるミュージアムでした。

今日のハーグ、1945年から現在まで

Den Haag Vandaag, 1945 tot nu

展示期間 : 2000年1月1日 から

ハーグの歴史が展示されています。人種豊かなハーグ、絵画や写真などイメージしていた「ハーグの歴史」と言った感じの展示でした。タイムスリップしたかのようなテレビやミシンなど、ハーグというかヨーロッパの昔を感じる展示もあり面白い内容です。

ビネンホフの800年

Macht – 800 jaar Binnenhof

展示期間 : 2021年10月2日 から

オランダの首都はアムステルダムですが、首都機能はデンハーグにあります。ハーグには「ビネンホフ」という日本でいう国会議事堂がありその歴史や様子が、映像、絵画、写真などで展示されています。オランダの歴史の中で多くの重要な瞬間がそこで起こったという「ビネンホフ」800年の歴史が展示されていました。

各部屋ごとにテーマがありました。まさしくハーグの歴史博物館と言った感じで、同じオランダの歴史博物館でも、アムステルダムの歴史博物館とは全く内容が違うのでとても面白い内容でした。

ハーグはオランダ王室の住居がある場所でもあります。毎年9月の第三火曜日は王子の日(Prinsjesdag)。オランダ全土の祝日の日ではありませんが、ビネンホフのあるデンハーグの学校はお休みの日になっています。 そんなハーグのビネンホフの歴史の中に展示されていた「黄金の馬車(ゴールデンコーチ)」王室の権威を示すこの豪華な馬車、 2022年ウィレムアレクサンダー王は、すべての市民が平等で公正な機会が与えられたと感じるまで、コーチに乗らないと発表したのだそう。

そして個人的な、見どころがこの帽子。王子の日のための特別な帽子コレクションだとか。ビネンホフの展示は映像から始まり、見どころが多くてかなり時間をかけてしまいました。

写真家アレキサンドリーヌ 彼女の世界観

Alexine Tinne, fotograaf – haar wereldbeeld

展示期間 : 2021年 12月11日から 2022 年6月12日まで

ハーグ出身、19世紀の探検家 アレキサンドリーヌ・ティニ。彼女の冒険や写真についての展示。冒険家として知られる彼女の「写真家」という面にスポットを当てた展示。

ハーグの歴史博物館でアフリカやナイル、エジプトの歴史にも触れられるとは。興味深い写真や視点で、目的としてた展示ではなかったものの見れて良かった展示でした。

大きなドールハウス

Het grote poppenhuis

歴史博物館と聞いていたので、全く期待していなくびっくりした大きなドールハウスの展示。ドールハウスが好きな人はこの展示だけでも見て欲しい、おすすめの展示です。

リタ・ラニッツという方のドールハウスだそうですが、屋根裏部屋にあるような感じで展示されており、すごいコレクション!椅子に座って眺められるのがまた嬉しい。ボタンを押すとライトが付いたり、色々見どころがあり、ドールハウスが好きな方はしばらく過ごしてしまいそうです。

ちなみにオランダでドールハウスが見れるミュージアムはこちら

関連記事

オランダでドールハウスの展示を見る事が出来た美術館、博物館についてまとめて掲載しています。 アムステルダム国立美術館・ライクスミュージアム オランダの代表的な観光スポット、アムステルダム国立美術[…]

最新の展示作品

現在、どんな作品展示が行われているかは公式ホームページで確認ができます。

https://www.haagshistorischmuseum.nl/nl/plan-your-visit/zien-en-doen

実際に行ってみての感想・所要時間

展示はオランダ語と英語。ところどころ音声が聞けるヘッドホンがあり、オランダ語と英語が選べる所が多かったです。入口のイメージから、小さな博物館だろうという印象でしたが、小さいながらに見どころが多く、所要時間1時間あれば十分かなと考えていたら1時間を余裕でオーバーしてしまいました。もっとゆっくり見たかった!と感じた見どころの多い博物館でした。

コインロッカー・クローク

エコバッグを持っていたところ、コインロッカーに預けるように言われました。ところどころギシギシする階段を下りてロッカーへ。壁のタイルがレトロで可愛いです。

ロッカーは小さめですが、コイン不要で利用できました。

お土産ショップ

ハーグ歴史博物館のミュージアムショップは大きくありませんでしたが、ハーグの歴史に関する本やグッズが多く売られていました。

住所・アクセス

 Korte Vijverberg 7, 2513 AB Den Haag

マウリッツハウス美術館のすぐ近くですが、素通りしてしまいそうなくらい周りの建物に馴染んでいます。

https://goo.gl/maps/tjPWXo1zepd2wc6K6

ハーグ観光スポット

デン・ハーグまで足をのばしたなら、マウリッツハウス美術館に行くこともお忘れなく。ハーグ歴史博物館のすぐ近くです。

関連記事

オランダ デン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館(マウリッツハウス美術館) は、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」「デルフトの眺望」など門外不出のフェルメール作品やルーベンスなどの展示がある美術館です。見どころやチケット購入方法、定[…]

また、もし時間にあり興味があるのなら、同じくデンハーグにある美術館、エッシャー美術館もおすすめです。こちらも徒歩で10分以内と近い場所。

関連記事

オランダのハーグにあるエッシャー美術館(Escher in Het Paleis エッシャー・イン・ヘット・パレス / エッシャー・イン・ヘット・パレイス )の入場料や、行き方、予約などについて、実際に2019年に行った時の様子や見どころ[…]

公式サイト

https://www.haagshistorischmuseum.nl/



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1244 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!