【海外旅行】任天堂Switchは飛行機内に持ち込める?

海外旅行に行く際、任天堂Switch(ニンテンドースイッチ)は飛行機内に持ち込めるのでしょうか。まとめて掲載しています。

【結論】任天堂Switchは飛行機内に持ち込めます

まず、結論としてニンテンドースイッチは飛行機内に持ち込めます。精密機器ですので、スーツケースに入れず、手荷物で持参した方が安心です。長いフライトなど、時間つぶしにはかなりおすすめです。

機内のルールを守って。飛行機によってはテーブルモードが使えない?

飛行機の離着陸時は、電子機器の利用が禁止されています。スイッチも電子機器ですので、離着陸時の使用は控えましょう。それ以外は問題なくプレイを楽しめます。ただし、飛行機によっては電波に対する耐性が低い航空機があり、その場合は本体とJoy-Conの間でBluetooth通信が発生するテーブルモードは使えず、機内モードでのみ使用可能だとか。

任天堂公式ホームページに掲載がありました。

https://www.nintendo.co.jp/support/switch/inflight/index.html

機内の充電コンセントは日本対応でない事も

以前KLMオランダ航空を利用した時は、日本のプラグでのままでは機内で充電できませんでした。充電出来ないと機内で順殿が切れたら困りますね。マルチプラグなどあれば、どんな飛行機でも問題なさそうです。

海外でも電源の変換プラグがあれば問題なくプレイ可能

プラグがあれば大丈夫なの?変圧器は必要ないの?という疑問があるかもしれません。海外で日本製のニンテンドースイッチを使っており、機内でもコンセント変換プラグのみを使用して問題なく充電して使えています。

任天堂公式ホームページでも

日本国内仕様のNintendo Switch ACアダプター[HAC-002(JPN)]は、100V~240Vの電源に対応していますが、ACプラグの形状は日本国内用(Aタイプ)です。そのため、海外で使用する場合は、海外用電源変換プラグをご用意いただく必要があります 。

と記載があります。

ただし、

※海外用電源変換プラグについては、動作確認を行っておらず、動作保証もいたしかねます。

との注意書きもありました。ご自身の責任でということでしょう。

Switchは機内の時間つぶしにおすすめ

ということで充電の際、機内のプラグに注意する必要はありますが、 離着陸時のルールなどを迷って、飛行機内でのSwitchのプレイは問題なく可能です。Switchは快適な機内の時間つぶしにピッタリでとてもおすすめです。

個人的に機内でプレイするときのお気に入りはこちらのアクセサリー。スタンドを利用すると飛行機のテーブル上でも遊びやすくて便利でした。

お子さんが居る方も、長時間のフライト時などとても助かるかなと思います。Switchなど子連れフライト時のお勧め持ち物についてはこちら。

関連記事

子供と11時間のロングフライトを何度か経験しているので、その経験談を元に子連れ長時間フライトのお勧め持ち物やコツをまとめて掲載しています。 【1】フライト前には遊び場へ アムステルダム スキポール空港の子供用遊び場 […]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 945 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!