【コロナ2020年】KLMオランダ航空の機内食

2020年7月にKLMオランダ航空を利用した際の機内食レポです。新型コロナウイルスの影響で、普段とは機内食の様子が異なりました。現在とは変更があるかもしれません。

ペットボトルが配られた

搭乗したら、ペットボトルが配られました。オランダでもおなじみSPAです。日本人にも飲みやすいミネラルウォーターで、こちらでもおすすめしたものです。

飲み物はCAさんを呼ばず、これを飲んでねということでしょう。普段、搭乗前に1本ミネラルウォーターを購入して搭乗するのですが、不要でした……。

KLMオランダ航空 コロナ時の機内食

  • スキポール空港⇒成田国際空港
  • KL 861便 スキポール空港発 16:30  成田空港着 10:20(2020年利用時)

1食目

  • 温かいマカロニパスタ
  • パスタサラダ
  • デザート
  • 飲み物はアルコール飲料以外で選択が可能

温かいパスタが出ました。温かいご飯は嬉しいです。選択はできません。パスタにパスタサラダ……。普段は温かいパンが付くのですが、贅沢は言えないですね。アルコール飲料の提供はないとのことでしたが、ジュースの提供サービスがありました。後からコーラ缶を貰えると知っていたらオレンジジュースにしたのに。
普段だとある、特別食のサービスもないそうです。

コップがいつもと同じコップで、それだけでなごんでしまいました。KLMのコップは可愛いデザインなのです。

夜食

夜食にサンドイッチが配られました。バジルか何かのハーブソースのチーズサンドイッチでした。チーズが美味しい。

2食目

普段でしたら朝食にあたる時ですが、この袋を配られたのみで食事の提供はありませんでした。水やコーラ、ミカンに、チョコケーキなど色々な食事のつめあわせです。普段もおやつで配られる、オランダ名物のストロープワッフルが入っていたのが嬉しかったです。

オランダのブランド「Daelmans」のストロープワッフルです。

普段ならしっかり朝ご飯を食べるのですが、食べなくても意外と平気なんだなというのが印象でした。朝食時に頂いた袋は全く手を付けず、置いていくわけにもいかず持ち帰ったので結構重かったです。カバンの空きがない場合は、エコバッグなど持っておくと持ち帰りに便利そうです。

普段のKLMオランダ航空機内食

普段のKLMエコノミークラスの機内食については【機内食レポ】KLMエコノミークラスに掲載しています。比較すると、違いが良くわかるかと思います。

関連記事

KLMオランダ航空のエコノミークラスを利用した際の機内食をレポートします。アムステルダム-成田便、成田-アムステルダム便の機内食です。 スキポール空港 ⇒ 成田空港の機内食 KL 861便 スキポール空港発 14:35[…]

KLM.jpにも掲載がありましたが、コロナ時の搭乗では、特に機内食が普段と大きく違います。

コロナ時のKLMオランダ航空では機内食を選べませんし、普段のようにきちんとした食事はとりづらかったです。機内食が心配な方は、食べ物を持参をした方が安心かと思います。 スキポール空港は結構お店が開いていました。KLMオランダ航空を利用する方の参考になれば幸いです。 この記事は7月搭乗時の内容のため、最新の情報はKLM公式ホームページを参照されることをおすすめします。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。