JALアムステルダムの直行便はあるの?

直行便の飛行機はとても便利ですよね。オランダ旅行に行きたい際、成田空港、羽田空港や関西国際空港(関空)からJALのアムステルダム行、直行便はあるのでしょうか。

JAL(日本航空)アムステルダムの直行便

JAL日本航空のオランダ アムステルダムスキポール空港への直行便は、以前はありました。2010年までです。JALの経営不振・債務超過を理由に国際線、国内線の運休があり、そのうちの1路線が成田-アムステルダムの直行便でした。週に7本もある便利な直行便でしたが、2010年 9月30日から運休となりました。そのため、現在、日本国内からアムステルダムへの直行便は、JAL、ANAとも日系の航空会社では運航はありません。

JALを使うなら経由便

JALを使うなら経由便でJALでアムステルダム行の飛行機は購入可能です。その際は、ヘルシンキ経由、ロンドン経由、などのチケットが購入が可能です。ロンドン経由は羽田発があるので、都内にお住まいの方には便利な路線になります。直行便はありませんが、マイレージを貯めている方、ポイントサイト経由で購入したい方などどうしてもJALの飛行機でアムステルダムへ行きたい方も多いでしょう。ヨーロッパ便はマイレージも多く貯まります。その際は経由便を利用すれば、JALでアムステルダム行の飛行機が予約可能になります。

日本からアムステルダムへの直行便はあるの?

日本からアムステルダムへの直行便は、日系の航空会社にはありません。唯一オランダのロイヤルフラッグ、KLMオランダ航空が日本とオランダ アムステルダムを結ぶ直行便を運航しています。直行便を利用してい場合はKLMオランダ航空でしたら可能です。

KLMオランダ航空にはKLM.jpという日本語サイトもあり、日本語でのチケット購入が可能です。

KLM オランダ航空

KLMは羽田空港からの直行便はありません。成田-アムステルダム、大阪(関西)-アムステルダムの2本の直行便があります。以前は福岡-アムステルダムの直行便もありましたが、廃止となりました。2013年にはじまり、2016年に廃止という短い期間の直行便でした。

JALとKLMを比較

JALとKLM比較では、JALとKLM比較してどうなのかというところですが、KLMオランダ航空も評判も悪い航空会社ではありません。1919年に設立された、歴史ある航空会社です。以下にメリットとデメリットをまとめます。

KLMオランダ航空を使うメリット

  • 直行便・フライト時間が短い
  • フライングブルーマイレージがたまる
  • 直行便なのでロストバッゲージの心配が少ない

JAL日本航空を使うメリット

  • 日経航空会社のため日本人乗務員が多い(機内は日本語でほぼOK)
  • トラブルの際は日本語対応可
  • 機内プログラムに日本語のプログラムが豊富
  • 羽田発の経由便も選択可
  • ポイントタウンなどポイントサイト経由でもチケット購入可
  • JALマイレージ(ワンワールドマイレージ)がたまる

大きくいって、フライト時間や乗り換えを重視したい場合は、KLMの方がオススメです。機内外の日本語対応や、プログラム、またポイントや、JALマイレージを重視するならJALのご利用の方がメリットを感じる点が多いでしょう。ただ、KLMも日本発着便には日本語のできるCAさんも居ることが多いと思います。

私の場合は、いつもポイントタウン経由で航空券を購入してポイントをもらい、JALマイレージをためているので、子連れの時も経由便を選択することが多いです。やはりマイレージのロスが大きく感じます。アムステルダム便は航空券の購入で貯まるポイントも、マイレージも大きいので、ポイントとマイレージを優先しています。もちろんJALなので機内は快適でそこも良いポイントです。

ただ、 何度かKLMも利用していますが、KLMで日本-アムステルダム便を利用するとやはり乗り継ぎが無いのでその点がとても快適です。フライト時間も短く済みますので、到着時の体の疲れや負担が少ないように感じます。

航空券の価格と負担を比較して都度判断

私は、その都度お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』 などを利用して価格の状況を見ながら決めています。できれば、KLMの方が体は楽なのですが、やはり直行便だけあって高い場合も多いです。

残念ながら、現在はJALでアムステルダムへ直行便はありません。KLMオランダ航空のみが日本からの直行便になります。JALでもANAでも日系航空会社どちらかでアムステルダムスキポール空港行への直行便があると便利なのですが残念ですね。マイレージをためている際など、KLM利用のデメリットもあるかと思いますので、メリットとデメリットを比較して、希望の飛行機を選ぶようになります。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。