【機内食レポ】KLMの減塩機内食LSML

KLMオランダ航空のエコノミークラスを利用した際の特別機内食、減塩の機内食LSMLをレポートします。2021年アムステルダム スキポール空港-成田空港便の機内食です。

スキポール空港 ⇒ 成田空港の機内食

KL 861便 スキポール空港発 14:35  成田空港着 8:35 (2021年利用時)

回数は、朝晩2回の機内食が出てきました。

1回目

通常の配膳前にLSMLと書かれた食事を座席に持ってきてくれました。

サラダにカットフルーツにお肉とバランスがとれていそうな美味しそうな食事です。

脂身の少なそうなトマト煮の牛肉。減塩だけあり素材の味と言った感じ。美味しかったです。

サラダも美味しかったです。野菜がたっぷりですね。 細切りのお野菜のサラダです。 以前利用した際、KLMのサラダのお野菜が美味しかったのですが、コロナでパスタサラダになり残念に思っていたところ、またいただけてとても嬉しいお味。

カットフルーツはりんごとパイナップルとすいかでした。みずみずしくて美味しいフルーツです。

全体的に少し少ないのはあえてかな……と思っていたら、夜間のおやつ時間にパンを別で持ってきてくれました。多分忘れのでしょう(笑)美味しいパンでした。

減塩の食事ではありますが、カラトリーの中に塩コショウがついていました。味が足りなすぎる!という場合は加えることも可能そうです。

特別機内食を選択する際にネックなのが、飲み物の配膳と時間がずれてしまう事です。赤ワインに良く合いそうなお食事でしたが、飲み物の配膳は食事の終盤頃。飲み物と同時にいただきたい場合は、通常の機内食の方が良さそうです。

赤ワインはアフリカのSHIRAZシラーズ。KLMではプラスティックのミニワインボトルを1本提供してくれ嬉しいサービスです。

食後にはコーヒーをいただけました。

DOUWE EGBERTSはオランダの有名なコーヒー会社です。コップもオランダらしい模様で可愛い。DOUWE EGBERTSのコーヒーは日本で買うことも可能です。

2回目

間にチョココーティングされたグルテンフリーのブラウニーは夜食を挟み、2回目の食事です。ブラウニーはすごく甘い海外らしいお味でした。

パイとカットフルーツとヨーグルト。朝食らしい組み合わせです。KLMカラトリーはナプキンがペラぺラではなく上質なのが良いですね。

カットフルーツはオレンジなどの柑橘系ミックス。美味しくてあっという間に食べてしまいました。

何かのパイかな?と思ったらアップルシリアルを中に入れたような健康的なお味でした。

問題はヨーグルト。ヨーグルトは嬉しいのですが、プレーン味で酸っぱいのです。砂糖やはちみつなどを加えたら美味しそうですがそういったものはなく、すっぱすぎて全部食べらなく残念でした。カットフルーツをつけて少しいただけました。

KLMの特別機内食

減塩の食事の機内食レポートでした。 KLMでは KLMでは無料で特別機内食が選択できます。宗教的理由や健康的理由やまたポリシーなどで食事を選びたい人には嬉しいサービスです。

関連記事

KLMオランダ航空の長距離路線では、特別機内食の選択が出来ます。選べる特別機内食や実際の搭乗した時の機内食レポートをまとめて掲載しています。 KLMで選べる特別機内食 2021年7月確認時 【1】アジアン・ベジタ[…]

日系航空会社でも低塩ミール(LSML)の選択が出来ますが、オランダ航空でも 減塩の機内食が 利用できました。高血圧や心臓病、腎臓病の人などには嬉しい特別機内食ですね。塩分の取り過ぎはむくみにもつながります。個人的に機内食は体や健康に良くなさそうなイメージだったのですが、特別機内食を選んでからイメージがとても変わりました。コロナ禍では特別機内食を選べない時期もあxったのですが、2021年月の搭乗では復活していました。KLMの公式ホームページに最新の情報が掲載されています。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 884 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!