フロレンティン・ホフマン【オランダのアーティスト】

フロレンティン・ホフマンさんについて、経歴やオランダ、海外の代表作品などをご紹介。 オランダ出身のアーティスト・芸術家、 フロレンティン・ホフマンさんについて掲載しています。

フロレンティン・ホフマンの経歴

Florentijn Hofman

フロレンティン・ホフマンは、1977年4月16日、オランダのデルフゼイル(Delfzij)生まれのアーティスト・芸術家。オランダ ロッテルダム在住です。ラバーダックなど巨大なパブリックアート作品をオランダや、海外など世界中で多く発表しています。

日本語訳はフロレンティン・ホフマンと表記されることが多いですが、フロレンタイン・ホフマンと表示されているものも見かけます。

代表作品

ラバーダック(巨大アヒルアート)

ラバーダックはラバー製の巨大なアヒルの展示で、2007年にオランダで展示され、その後、フランス、ドイツ、香港、オーストラリア、日本など世界中で展示されたパブリックアートです。

巨大なウサギのアート

台湾の桃園(Taoyuan)で開催された「桃園ランドアートフェスティバル(Taoyuan Land Art Festival)」 での展示です。

兵庫県立美術館 (巨大カエル)

©一般財団法人神戸観光局

日本では、 神戸市にある兵庫県立美術館の屋上にフロレンティン・ホフマンさんの作品、巨大カエルのオブジェが展示されています。 安藤忠雄建築の建物で、ゴッホ展を開催したりと見どころの多いおすすめの美術館です。

関連本・グッズ

公式サイト

http://www.florentijnhofman.nl/

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。