テオ・ヤンセンの丘

オランダ ハーグ出身のアーティスト テオ・ヤンセン(Theo Jansen )出身地のオランダには、テオヤンセンの作品展示があり、作品に実際に触れられる場所があります。テオ・ヤンセンの作品があるイペンブルフの丘について実際に行った時の様子、場所や行き方などまとめて掲載しています。

テオ・ヤンセンの出身地 オランダ

テオヤンセンというと、日本でもテオ・ヤンセン展などが開催される人気のアーティストです。出身地オランダなら、常設展示しているミュージアムがあるかと調べたのですがなかなか見つかりません。……と諦めていたところ、何と野外にテオ・ヤンセンの作品展示がある場所があると知りいってきました。

丘の上にテオ・ヤンセン作品群

テオヤンセンの作品群が見れるイペンブルフの丘はオランダのデンハーグ郊外にあります。

高速道路が近い住宅地、丘の上を見上げると何やら作品のようなものが見えます。丘の上まで登ると小さく見える作品群がありました。

作品のある場所まで丘を登ります。展示といいましたが、野ざらしで置いてあると言うような印象も。何にしろ、作品群と呼ぶにふさわしく多くの作品展示があります。テオヤンセンの作品を一度にこんなに見れるとは感激でした。

テオヤンセンさんの工房

なんでもこのイペンブルフの丘はテオヤンセンさんの工房があるのだとか。この丘で作成して、ビーチまで運び動かしているのだそうです。テオヤンセンさんご本人が居ることもあるのだそうですが私が行った時は誰もいませんでした。無人で作品が置いてある場所、という印象でしたがまさか工房だったとは驚きました。

実際に触って動かせる作品も

展示だけなのかと思ったら丘の上が砂場の公園のようになっており、実際に触って動かせる触って動かせる作品も置いてありました。

引っ張ると動きを間近でみることができ、これまた感動です。独特の動きをするテオ・ヤンセン作品に引き付けられます。動画を見たことがあり動きはなんとなくイメージできたものの、実際に自分で動かせるとは感動もひとしおでした。

近くでよく見てみると、パイプと結束バンドのようなもので作られています。凄く手作り感のある作品なんだなと改めて感動しました。これがあんな風に風で動くなんて、すごいですね。

テオ・ヤンセンは、21世紀のレオナルドダヴィンチと言われたりもするそうですが、 パイプが設計によりあのように生きているように動くのは緻密な設計があるからこそ。彼は、デルフト工科大学で物理学を学んでいるそうで、まさにアートと科学が融合した作品を生み出すアーティストです。 テオ・ヤンセンさんについては以下にまとめて掲載しています。

関連記事

テオ・ヤンセンはオランダのデンハーグ出身のアーティストです。スタンドビースト が有名でテオ・ヤンセン展は日本でも開催されています。組み立てキット「ミニビースト」が通販できスタンドビーストが手軽に楽しめます。 テオ・ヤンセンと[…]

テオヤンセンの丘動画

こちらの動画で、テオヤンセンの丘の様子が見れます。

イペンブルフの丘 がある場所

テオヤンセンの丘と呼んでいますが、正式名がそういう名称という訳ではありません。GoogleマップではGeluidswal Ypenburgという公園だと表示される一帯にあり、日本のテオ・ヤンセンさんの記事ではイペンブルフの丘などと表記されているのをみかけました。ただ、丘と言っても広いので、 GoogleマップのGeluidswal Ypenburgを目指すと作品がある所とは少しずれてしまいます。

作品群がある場所は近くにあるというスーパーマーケットが目印になります。

Amazing Oriental Den Haag – Ypenburg

住所 : Laan van Haamstede 36, 2497 GE Den Haag

このスーパーを目印に向かうと近くにに作品群がある丘があります。スーパーの駐車場からも作品の丘を見る事が出来ました。

参考までに行った時のGoogleマップ現在地の表示だとこの辺でした。

このスーパーマーケットAmazing Oriental Den Haag – Ypenburg を目印に向かうと場所が分かりやすかったです。余談ですが、このスーパーマーケットはオランダに多く店舗を構えるアジア系食材を多く取り扱うスーパーマーケットで、日本人にはお買い物も楽しい場所になっています。

テオヤンセンの作品が見れる丘、あまりアクセスの良い場所ではありませんが、常設展示があまりなく、テオヤンセン展や美術館の展示で実際に触れるという事は稀かと思うので、ファンの方には是非お勧めしたい場所です。天気の良い日は、散歩したりピクニックしたりしても気持ちの良い場所だと思います。

デンハーグ市立美術館もおすすめ

同じハーグにあり、車で20分ほどの場所にあるハーグ市立美術館の天井にも作品がありました。丘のように触ることはできませんが、大きさに圧倒されました。モンドリアンやデルフト焼きなどの作品展示もある美術館です。お時間がある時は合わせ足を運ぶのもおすすめです。

関連記事

オランダ デン・ハーグにあるハーグ市立美術館はモンドリアンの作品、デルフト焼き、などがある美術館です。見どころやチケット購入方法、定休日、行き方、グッズなど、 2018年、2020年に実際に訪れて分かった情報を掲載しています。 ※[…]

リノセロスの展示

テオヤンセンの丘には、沢山の作品があるのですがリノセロスがありません。 リノセロスを見たい方はこちらです。

関連記事

テオ・ヤンセンのリノセロスについて、作品の由来や、オランダアムステルダムのリノセロスが展示してある場所や様子についてまとめて掲載しています。 テオ・ヤンセン テオ・ヤンセン(Theo Jansen)はオランダ デン[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!