展望カフェBlue Amsterdam(ブルー アムステルダム)

オランダ アムステルダムにあるBlue Amsterdam(ブルー アムステルダム)は眺めが良い展望カフェ。アムステルダムの街中を360度見渡せる眺めの良いレストランです。アムステルダムの展望レストラン、人気のカフェ Blue Amsterdamに行ってきました!

アムステルダムの中心街にある人気の展望カフェBlue(ブルー)

アムステルダムはとても綺麗な街並みですが、中心街には高い建物が少なく「眺めの良いレストランでアムステルダムの街並みを見渡す」という事は貴重な体験です。そんなアムステルダムの眺望を楽しめる場所はBlue Amsterdam(ブルー アムステルダム)というカフェで、シンゲルの花市場近くにある人気のカフェになっています。

エレベーターを昇って展望カフェへ

アムステルダムにあるBlue Amsterdam(ブルー アムステルダム)へ行ってきた時の様子です。(2022年5月)

アムステルダムに眺めの良い展望カフェがあるよと聞いて足を運んだのですが「カフェ」と聞いていたので、通り沿いにあるかと勘違い。少し迷って、ショッピングモールの中にあることに気が付きました。モールの中にあるエレベーターを昇ってBlue Amsterdamへ向かいます。

エレベーターを昇って3階へ。エレベーターを降りると早速この景色!「わーーっ!」と気分が上がる絶景がお出迎え。オランダで見れる絶景は色々ありますが、この景色もその一つかもしれません。Amstrdam south viewなど窓に描かれています。 Blue Amsterdamは飲み物や食べ物を頂きながら、東西南北、360度アムステルダムの町を見渡せるカフェになっています!

予約必須の人気レストラン

店内には窓に沿って360度ぐるりと席が並んでいました。行った時は、窓辺の席は全て予約席のようで「予約済み」のプレートが置いてありました。 広いお店ではないせいもあるのか、ホームページを確認した日には、1週間先まで予約が出来ない人気ぶり!

テーブル席の他、窓を見ながら座れる椅子の席もありました。特等席かもしれませんね!

朝食メニュー・ランチメニュー

BLUEのメニュー表にはオランダ語メニューの他、英語もありました。12時までの朝食メニューもあるとのこと。カフェによくあるサンドイッチやハンバーガーなどがメニューにありました。

渡されたナプキンが可愛い!イラストになったアムステルダムの建物が描かれています。このイラストは窓にも描かれていました。アムステルダム中央駅、マレへの跳ね橋、ムント塔など、アムステルダムの人気観光スポットばかり。描かれている建物はBLUEから見えるアムステルダムの建物のようなので、周りを見渡して、お気に入りの建物を探してみるのも楽しそうです。

この日注文したのはスクランブルエッグとサーモンのサンドイッチ。ボリューム感のあるオープンサンドです。オランダのスモークサーモンは脂がのっていて美味しいです!お皿に描かれているBLUE°の°は360°のマークでしょうか。

注文したカプチーノには、blueと文字が書かれたクッキーもついていました。 食事を頂きながら、飲み物を飲みながら、友達と話しながら、ふと外を見ると、青い空と街並みが見えてさらに幸せな気分になります。景色を楽しみながら食事や飲み物を楽しめる、展望カフェならではの楽しみ方ですね。 天気が良い日には、窓際の席は日が照って暑い位かもしれません。テラス席のようにサングラスをかけて食事を楽しんでいる人も居ました。

人気カフェ!予約か待ち時間必須!?

BLUEで食べている間には、人がひっきりなしに来ていて人気カフェの様子がうかがえました。

私は行きたい日には予約が出来ずでしたが、諦められずに直接11時半頃行ってみたところ入れました。 Blueのホームページによると予約が出来る時間は12時までの間。(2022年6月予約確認時)その後の時間は予約が出来ないので、直接行ってみるしかありません。そのためか、ひっきりなしにお客さんが来ているという感じでした。

タイミングによっては席が空いているし、少し時間がずれただけで空いてない事も。 天気の良い日は特に混雑しますが、タイミングが合えば座れるかもしれません。予約が取れたり、席が空いていればラッキー、アムステルダムの展望カフェを堪能できるおすすめのカフェになっています!

レストランの場所・地図

Blue Amsterdam

住所:  Winkelcentrum Kalverpassage, Singel 457, 1012 WP Amsterdam

ショッピングモール内にあるので、少し場所が分かりづらいかもしれません。Kalverpassageというショッピングモール内でエレベーターを利用してレストランへ行くことが出来ます。

公式ホームページ

https://blue-amsterdam.nl/



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1349 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!