オランダからモンサンミシェルへ

オランダからモンサンミシェルへの行き方と、2019年に実際に行った「レンヌ空港を利用してモンサンミシェル」へ行った時の様子も掲載しています。

電車でパリ経由

電車でパリへ行って、ツアーに参加

オランダからフランスへ行くのに便利な「タリス」というパリ行の高速鉄道があります。アムステルダム中央駅を出て、途中ベルギーも経由し、パリ北駅まで3時間半程度。オランダからフランスへ行くのに、多く使われる行き方です。

パリからはモンサンミシェル行きの現地ツアーが色々ありますので、そのツアーに参加するという行き方が便利です。パリ経由であればパリ観光もでき、モンサンミシェルも楽しめるのでパリ観光と一緒にモンサンミシェルを楽しみたい場合はおすすめのコースです。ツアーですので、ストライキで電車がないなどの心配も減り安心ですね。

ベルトラ

日本語ツアー、日帰りツアー、宿泊ツアー、オムレツ付きなど、パリ発モンサンミシェル行き色々なツアーを選択可能です。それぞれのツアーの体験談も多く掲載されているので参考になります。

KKday

パリ発モンサンミシェルの日帰りツアーに参加可能です。

MAPPLEアクティビティ

現地オプショナルツアー・アクティビティを多く提供する「MAPPLEアクティビティ」もモンサンミシェルの現地ツアーを提供しています。

電車でパリへ行って、電車でレンヌへ。レンヌからバス

パリからもツアーには参加せず個人で行きたい場合は、パリからTGVを利用してレンヌへ、レンヌ駅からモンサンミシェルへは直通のバスがありますので、そのバスを利用する行き方です。モンサンミシェルで1泊したい、レンヌで1泊したい、パリには戻らずどこかに行きたい場合など自由に行動出来るのが良い点です。ただ、TGVはタリスが到着するパリ北駅発からは出ていませんので、TGVに乗るために駅を移動するなどが必要になります。

ツアーは嫌という場合は、パリからモンサンミシェルへの送迎だけ利用するという行き方もあります。

パリ⇔モンサンミシェル送迎

飛行機でレンヌ経由

スキポール空港からレンヌ空港へ。レンヌからバス

オランダからモンサンミシェルへ行く場合、タリスを使うのが多く使われる行き方ですが、スキポール空港から1日1便レンヌ空港へのフライトがあります。フライト時間は1時間半。タリスで3時間半かけてパリへ行き、そこからレンヌ駅まで1時間半の合計5時間を考えると、移動時間が断然少なくて済みます。

日本からレンヌ空港への直行便はありませんが、オランダのスキポール空港からは飛行機を利用すればパリを経由しないで直接レンヌへ行くという方法もあります。スキポール空港からレンヌ空港まで1時間半なのが最大の魅力。難点は1日1本しか直行便なく (2019年利用時) レンヌ着が夕方なのでレンヌ発モンサンミシェル行きのバス時間に間に合わないことです。

レンヌ駅バスターミナル発時刻表 09:45 11:45 12:45 16:45

モンサンミッシェル着 10:55 12:55 13:55 17:55

レンヌ駅発のモンサンミシェル行バスは、1日4本しかありません。そのためレンヌで1泊して翌日のバスを利用するか、少し高いですが、レンヌからモンサンミシェルへタクシーを利用するという方法もあります。

スキポール空港からレンヌ空港へ。レンヌからタクシー

レンヌ着が夕方ですが、レンヌ泊はしないで空港からモンサンミシェルに向かうタクシー利用も可能です。

・レンヌ→モンサンミシェル送迎タクシー

この場合、スキポール空港発の直行便を利用してもその日にモンサンミシェルにつく事が出来るので、次の日ゆっくりとモンサンミシェル見学が出来ます。また帰りもタクシー利用すればレンヌに前泊しないでも朝の直行便でスキポール空港に戻ることも可能そうでした。レンヌ1泊した方が安価な場合もありますが、お金が気にならない場合は、時間が少ない場合にはタクシー利用の方が効率的です。

レンヌ空港利用でモンサンミシェルへ

モンサンミシェルというと「パリ経由」というイメージですが、 私が利用したのはレンヌ空港経由です。

1日目 スキポール空港発レンヌ空港着(夕方) レンヌ泊
2日目 レンヌ発(午前)モンサンミシェル着 モンサンミシェル泊
3日目 モンサンミシェル発 レンヌ泊
4日目 レンヌ発(朝)スキポール空港着

というコースです。

・JALのマイレージを利用できたので安価に行くことが出来たのと
・長い時間電車に乗る必要がなかった

のが良かったです。マイレージを使えなくてもKLMでスキポール空港からレンヌ空港までの価格は200ユーロ程度でしたので、時期によりますが、タリスでパリまで行ってTGVでレンヌまで移動するより安いこともありそうです。

レンヌからタクシー利用せずレンヌに前泊後泊したのは、私が調べた時はレンヌ泊した方が安かったのと、レンヌ観光してガレットを食べたかったのが理由です。レンヌ観光もでき駅前でガレットを頂く事もできて個人的には満足のプランです。

ただ、スキポール空港発レンヌ空港行の便が1日1本で行きは夕方発、帰りは朝発と選択肢がなく4日取られてしまったので時間がゆっくり取れる人向きのプランです。

レンヌからタクシーを利用すれば、

1日目 スキポール空港発レンヌ空港着(夕方)  モンサンミシェル泊
2日目 モンサンミシェル見学  モンサンミシェル泊
3日目 レンヌへ早朝移動 レンヌ発スキポール空港着

という日程も組めなくはなさそうでした。

また、レンヌ空港の利用ではパリ観光はできませんので、パリも観光したい場合、ベルギーも観光したい場合、ツアーに参加したい場合はやはりタリスの利用のコースがおすすめです。

レンヌ空港は小さい空港でしたが、ヨーロッパの空港への便もありますので、スキポール空港からレンヌ空港を経由して、どこかヨーロッパ周遊の旅をするのも良いプランかもしれません。

モンサンミシェルはオランダより多く日本人を見かけ、日本人の観光スポットとしての人気を伺えました。アクセスの悪い場所にある観光地ですが、一生に一度は行きたい世界遺産だと思いますし、時間をかけていく価値があったと個人的には思いました。オランダからはパリまでの電車やレンヌまでの直行便があり、日本からに比べればだいぶアクセスしやすい場所です。モンサンミシェルへの旅が良いたびになりますように!



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!