雨の日のアムステルダム観光おすすすめスポット

雨の日のアムステルダム観光におすすめのスポットについて掲載しています。 オランダ観光では、雨の日も珍しくありませんので、急な雨の際には臨機応変に予定を変えるとよりアムステルダム観光を楽しめそうです。

美術館

アムステルダムには沢山の美術館があり、レンブラント、ゴッホなど日本でも人気の作品を見ることが出来ます。雨の日の人気観光スポットです。

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館は、レンブラントの夜警、フェルメールの牛乳を注ぐ女などを所蔵し、図書館などもあり見どころが沢山あるオランダ アムステルダムにある美術館です。

ゴッホ美術館

オランダ出身の画家、ゴッホの美術館です。名画ひまわりの他、多くの作品展示があります。

アムステルダム市立博物館

現代アート好きにおすすめ、モンドリアンをはじめとするデ・スタイル派やピカソの作品展示もありました。

モコミュージアム

アムステルダムのミュージアム広場の一角、ゴッホ美術館、国立美術館近くに2016年新しくできた美術館です。


ちなみにこれら4つの美術館は全て「ミュージアム広場」という所にあります。移動も少なく済みますので、雨の日の美術館巡りなんていうのもおすすめです。ゴッホ美術館のみ事前の日時予約が必要です。雨の日は特に人気となりますので早めの予約がおすすめです。

関連記事

オランダ アムステルダムにMuseumplein(ミュージアムプレイン)という、ミュージアム広場があります。この広場の周りには、アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、モコ美術館などのミュージアムが集まっており、とても美しい場所です。 […]

博物館

アムステルダムには様々な博物館があります。絵画やアートには興味がなく美術館巡りが好みでない人には、いくつかの博物館巡りはいかがでしょうか。

アンネ・フランクの家

世界中で読まれている「アンネの日記」が書かれた、アンネフランクが実際に住んでいた家です。当時の様子に考えさせられる博物館です。事前の日時予約が必要です。

ハイネケンエクスペリエンス

一応分類は博物館になっていますが、日本人で描く「ビール工場見学」とは全く違う、ハイネケンのエンターテインメントを体験に行けるような場所です。ビールが好きな方におすすめです。入場料金で2杯ほどハイネケンビールも飲めますよ。

レンブラントの家

レンブラントが自身の全盛期に20年間住んでいた家が、博物館としてアムステルダムに残っています。レンブラントはその後破産していますが、破産時のリストを元に家具などレンブラントが住んでいた当時の様子がほぼ再現されてます。 レンブラント直筆のエッチングのコレクションが多数あるので、レンブラントファンはこれを見るためにレンブラントの家に行くのもおすすめです。


MICROPIA

世界でここにしかないという微生物の博物館です。微生物や菌の展示があります。展示方法がお洒落で、アート作品のようにも感じました。こういったものが好きな人にはおすすめです。

海洋博物館

外に船が置いてあるので本当は晴れた日の方が楽しめますが、雨でも大丈夫です。オランダの黄金時代や船に関して興味がある人にオススメです。

子連れ観光

子供と一緒に雨の日のアムステルダム観光となると、体力を持て余してしまうかもしれません。

NEMO

NEMOはアムステルダム中央駅近くにある、科学博物館です。博物館ですが、オランダの子供から大人気!の訳は遊べる博物館なのです。言語は英語とオランダ語ですが、直感的に分かり易く言葉が分からなくても遊べるものが多いです。

以上アムステルダムの雨の日観光におすすめのスポットを掲載しました。

雨の日は街歩きや屋外観光が大変になるので、屋内観光の方が天気を気にせず観光を楽しめます。アムステルダムには多くの美術館や、様々な種類の博物館があるので、興味に応じて選ぶと楽しい雨の日観光になりそうです。

ちなみに、オランダはとても風が強い国で、傘をさしても壊れてしまう事も多いです。お気に入りの傘はアムステルダム旅行には持ってこない方が良いかもしれません。

関連記事

オランダ人は傘をささないという噂を聞いたことがありますか。風の強いオランダでは傘が良く壊れます。SENZという壊れない傘、オランダ旅行で傘の注意点について掲載しています。 オランダ人は傘をささない? 風の強いオランダで[…]

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。