アムステルダムのミュージアム広場 ミュージアムプレイン

オランダ アムステルダムにMuseumplein(ミュージアムプレイン)という、ミュージアム広場があります。この広場の周りには、アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館、モコ美術館などのミュージアムが集まっており、とても美しい場所です。

ミュージアム広場はアムステルダムのオアシス

アムステルダム観光といえば、人混みが多いイメージがあるかもしれません。実際、ダム広場やアムステルダム中央駅付近など、かなり人混みがひどい日もあります。そんななか、このミュージアム広場はアムステルダムの憩いの場、都会のオアシスのような?本当に、広々として気持ち良い場所です。アムステルダムの喧騒に疲れたら、観光地だけどのんびりできる場所へ行きたい場合、また子連れのアムステルダム観光にもピッタリです。そんな、ミュージアム広場についてみていきます。

ミュージアムプレイン周辺にある施設

ミュージアムプレイン( Museumplein )という場所ですが、pleinはオランダ語で広場という意味です。ミュージアム広場と言われるだけあって多くの美術館が集まっています。 ミュージアムプレインでは色々な美術館が近くにあり、移動時間が短縮できます。雨の日の観光などにもおすすめです。アムステルダム国立美術館はとても広いですし、複数の美術館を1日で周るのは結構体力が居ると思います。

アムステルダム国立美術館 / ライクスミュージアム

オランダを代表する画家、レンブラントの夜警が飾られている美術館です。もちろん、レンブラント以外にも日本でも有名なゴッホの自画像、フェルメールの牛乳を注ぐ女なども所蔵されていますし、彫刻や内装までのかなり見ごたえのある美術館です。オランダに来た際に美術館1つだけしか行けない、という場合にはアムステルダム国立美術館だけでも、とおすすめしてしまい美術館です。混んでいる美術館ですが予約不要なので、時間が余った際に足を運ぶことも可能です。

外のお庭に噴水があり、夏場には周りに座っているだけで幸せな気分になってしまいます。この噴水、水が出るのが止まった瞬間に中に入ることもでき、大人も子供も、噴水の中に入って楽しんでいました。中には水遊びに来たようになっていた子供もいました(笑)

関連記事

アムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)について、見どころやコインロッカー、おすすめのお土産など、周辺観光施設など、アムステルダム国立美術館に実際に何回も足を運んだ際の情報をまとめて掲載しています。 アムステルダム国[…]

ゴッホ美術館 / ゴッホミュージアム

ゴッホの作品が好きであれば、オランダに来てここに足を運ばないなんてもったいない!ゴッホに興味がなくても名前を聞いたことがあれば、行ってみて損はない美術館です。「ひまわり」等、ゴッホの作品が詰まった美術館です。オランダの美術館はほとんどが撮影可なのですが、ゴッホ美術館は不可です。作品のすばらしさを伝えられなくて残念。ミュージアムショップには、ゴッホの作品をモチーフにした、グッズも沢山販売されています。世界最大のゴッホコレクションが楽しめる、見逃せない美術館です。

関連記事

オランダ アムステルダムにあるゴッホ美術館は「ひまわり」などの作品で知られるオランダ出身の画家、ヴィンセント・ファン・ゴッホの作品を多数所蔵する美術館です。有名作品やチケット購入方法、定休日、行き方、グッズなど、 2018年、2019年と[…]

アムステルダム市立美術館

バスタブと呼ばれる、印象的な外観の美術館。現代アート作品を多く展示しています。 3つの美術館の中では、モンドリアン、現代アートが好きな人にオススメしている美術館です。3つとも甲乙つけがたい素晴らしさがあるのですが、1つしか選べない場合、現代アートが好きであればアムステルダム市立美術館がおすすめです。また、モンドリアンの作品はハーグ市立美術館に所蔵が多いのですが、アムステルダムからは少し距離があるので(アムステルダム中央駅からハーグ市立美術館まで電車利用で1時間半程度、車だと50分程度です)、ハーグまで足をのばす時間がないけどモンドリアンの作品が見たいという場合には、このアムステルダム市立美術館をおススメしています。モンドリアンの他にも『デ・ステイル』の作品が数点飾られています。個人的には、椅子は実物を見れて良かったです。

モコ美術館

2016年にオープンした新しい美術館です。こちらもアムステルダム市立美術館同様現代アート好きな人におすすめです。MOCOはModern Contemporary Museum Amsterdamの略だそうです。MOCOは、時期によって展示されているアーティストが変わるので、事前にホームページで確認するのがおすすめです。 日本人アーティスト草間彌生さんの作品も展示されています。 バンクシー、草間彌生、 ダニエル・アルシャム……今、どの作品が展示されているのか、好きなアーティストの展示だったら是非行った方が良いです。

草間作品は、オランダでもよく目にする機会が多いなと思います。人気なのでしょうね。バンクシーは話題になることも多い、正体不明のアーティスト。ファンでしたら、一度目にしておきたい作品ですよね。

MOCOのホームページのトップページに書かれているように「The Moco Museum focuses on proven artists with a unique vision.」ユニークなビジョンを持つ実績のあるアーティストを選んで展示しているのでしょうか。 モコガーデンと呼ばれる、庭にある作品も面白いです。小さな美術館ですが、面白い作品が多く展示されています。 今後もどんなアーティストの作品が展示されるのか、楽しみな美術館の1つです。

関連記事

モコ美術館 MOCO MUSEUM アムステルダムのミュージアム広場の一角、ゴッホ美術館、国立美術館近くに2016年新しくできた美術館、モコミュージアムについて掲載しています。 [metaslider id="1101[…]

バンクシー展が開催されている時に、モコミュージアムへ行ってきました。

関連記事

オランダのアムステルダムにあるモコ美術館で、バンクシー展へ行ってきました。展示されていた沢山のバンクシー作品の中から代表作の一部を紹介しています。 バンクシーとは バンクシー( banksy )は、イギリスのロンドンを[…]

コンセルトヘボウ

ミュージアムプレインから道を挟んだ場所にある音楽堂「コンセントヘボウ」 。音響の良さで世界トップレベルといわれる、 世界的に有名なコンサートホールです。 内装がとても美しいです。 夜のコンサートの他、ホールの見学ツアーや、ランチタイムには無料のコンサートもあります。

関連記事

オランダ アムステルダムにあるコンサートホール ロイヤルコンセルトヘボウ(Concertgebouw)について、場所やチケット予約、コンセルトヘボウ管弦楽団の日本人についてなど掲載しています。 [metaslider id="150[…]

その他ミュージアム広場の楽しみ方

広い芝生スペースででのんびり

天気の良い日は、この広場でご飯を食べたりお昼寝している人も居ます。

このミュージアム広場は本当に広々とした、芝生に覆われた広場です。 ミュージアムプレインの魅力は広い芝生。人気観光地だけあって人混みの多いアムステルダムですが、ここは人が多くても開放的です。 天気の良い時には、多くの人が芝生に座りくつろいでいます。

アムステルダム観光スポットの中で、おすすめの理由がこの広い芝生がある点です。観光スポットは人混みが多く、疲れることも多いのですがそんな時はこの芝生で一休み。ちかくの「アルバートハイン」という小さなコンビニのようなところや、ホットドッグショップなどでお昼などを買い、この芝生でランチ食べるのもとてもおすすめです。 天気の良い時はとても気持ちが良く、自分の中での隠れたオランダのパワースポットです。(あくまで自分の中でだけですよ。)

アルバートハイン

ミュージアムプレインの近くにはアルバートハインという、オランダの代表的なスーパーマーケットがあって、バラマキ用のお土産や、ちょっとしたお昼ご飯やお菓子、飲み物を買うのにも便利でおすすめのスーパーマーケットです。

関連記事

アルバートハイン( Albert Heijn )はオランダに 約700店舗あるオランダ最大のスーパーマーケットチェーン店です。店舗やクレジットカードの使用、お土産の購入等アルバートハインについて掲載しています。 アルバートハ[…]

ミュージアムショップ

各美術館にも、グッズが沢山売られていますがここミュージアムショップにも、ゴッホやフェルメールのグッズが販売されています。I amsterdamグッズや、ミッフィーなどもみかけました。 この美術館も、館内に美術館があることが多いのですが、ここは独立したショップとして沢山のグッズが販売されています。 ゴッホ美術館はミュージアムショップ内にはチケット購入がないと入れないのですが、個々でしたら無料で入れます。色々な美術館のグッズをまとめて買うのに便利です。

ミッフィー像

ミュージアムプレイン近くのRoyal Coster Diamondsというダイヤモンド店がありその敷地内にちょっと変わったミッフィー像が飾られています。

関連記事

オランダは、ミッフィーの作者ディックブルーナさんの故郷の国です。ミッフィーの街ユトレヒトを中心に、オランダでミッフィーの像が見れる場所をまとめて掲載しています。 ユトレヒトにあるミッフィー像 ディックブルーナさんの故郷[…]

子連れなら公園も

ミュージアム広場の一角には、子供が遊べる遊具のある公園があります。バスケットコートや、スケートパークのスペースもあり、 小さな公園やスケボーのコースがあり、子供たちにも人気です。 観光者だけではなく地元の人の憩いの場でも。この公園、美術館巡りだけでは子供が物足りにときに「公園で少し遊んでから美術館に行く」(逆もありです)という使い方を出来、る子連れにかなり嬉しい公園です。ベンチに座っていると、公園からアムステルダム国立美術館が見えます。これまでで子供が遊べる一番贅沢な眺めの公園は「サグラダファミリアが見える公園」だと思っているのですが、今のところその次にぜいたくな眺めの公園だと思います。

冬のミュージアムプレイン

アイススケート

冬になると、アムステルダム国立美術館前の池が、 冬季限定のスケートリンク 「アイス・アムステルダム (Ice Amsterdam)」 になります。2019年に足を運んだ時は、跳ね橋のようなオブジェもあり、良い雰囲気でした。 アムステルダム国立美術館を眺めながら滑るスケートは思い出に残ります。

関連記事

オランダの国立美術館前の池が、冬はスケートリンクになります。冬季限定冬のアムステルダムに来たら、行ってみたいアムステルダムにあるスケートリンク「アイスアムステルダム ICE*Amsterdam」について掲載しています。 アム[…]

クリスマスマーケット

また期間限定で、小さなクリスマスマーケットのようになります。冬ならではのミュージアムプレインのとても楽しめます。

関連記事

オランダのアムステルダムで12月に開催される、2019年にクリスマスマーケットの日程や、場所、クリスマスマーケットへ行ったときの様子を掲載しています。 日程 【2019年の開催日】2019年12月13日から26日 場[…]

ミュージアムプレイン周辺観光

高級ブランドショップ通り

ミュージアムプレインの近くに、ルイヴィトン、エルメス、シャネルなどの店舗が並ぶ高級ブランドショップが集まっている通りがあります。

関連記事

オランダで高級ブランドを購入するのにおすすめの場所を紹介しています。 P.C.ホーフト通り P.C. Hooftstraat Pieter Cornelisz Hooftstraat   ピーテル・コネリス[…]

ミュージアムプレイン観光の注意

広場にあるI amsterdamサイン撤去

以前でしたら、I amsterdamのサインは、このミュージアム広場のおすすめ場所として紹介していたのですが、今はありませんのでご注意ください。2018年に撤去されました。Google mapにもまだ掲載があるようようですが、古い情報を見てここに写真を撮りに来ないように要注意です。連日大人気の写真スポットでしたが、かなりの混雑具合でしたからね。

関連記事

アムステルダム国立美術館にあったI amsterdamモニュメントが撤去されてしまいました。今はありませんので、観光時に「ない!」とらないように注意が必要です。 I amsterdamモニュメント アムステルダム市が行[…]

今は、スキポール空港などにあります。I amsterdamの写真をとりたい場合は、スキポール空港へ!

関連記事

スキポール空港の「I amsterdam」モニュメントがある場所や、行き方について掲載しています。 Iamsterdamモニュメントのある場所 「I amsterdam」 モニュメントは、スキポール空港のセキュリティエ[…]

自転車道に注意

そんなおすすめのミュージアム広場ですが、要注意なのが自転車レーンです。オランダでは車、歩行者と自転車の道が分かれており、この自転車のレーンは、自転車が優先します。なので歩いていると怒られますし、すごい勢いで自転車が突っ込んでくることもあります。ミュージアム広場の自転車レーンは線で区切られているだけの場所もありとてもわかりづらいので、気を付けてください。

ミュージアムプレインの住所

1071 DJ Amsterdam


ミュージアムプレインへのアクセス

アムステルダム中央駅からの行き方

ミュージアムプレインはアムステルダム中央駅からは少し離れた場所にあります。徒歩だと40分程度です。アムステルダム中央駅前から出ていいるトラム2番、12番を利用すると20分程度で着くことが可能です。

※Googlemapだとムーセウム広場と表示されていました。

スキポール空港からの行き方

ミュージアムプレインへは、「エアポート・エクスプレス」という397の路線バスがあり、 アムステルダム・スキポール空港から ミュージアムプレインまでバス1本で行くことが可能です。

関連記事

スキポール空港からアムステルダムまで移動するのに便利なアムステルダム エアポートエクスプレス というバスがあります。397番(以前は197番)のバスです。バスのチケットの買い方や、バス停などについて掲載しています。 エアポート・エク[…]

周辺のホテル

美術館を中心にアムステルダムを回りたい場合や、コンセルトヘボウの夜のコンサートを楽しみたい場合はホテルをこの辺にするというのもおすすめです。空港からバス1本で来れるので、アクセスも良いです。

関連記事

アムステルダムでどこに泊まるのが便利?とはよく聞かれる質問です。ざっくりとオランダでどこに泊まるのが便利?と聞かれることもあります。こちらもどこの観光地に行くのかで、どこを拠点にすれば便利なのかが変わりますし、どんなホテルが好きか、予算は[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。