エナジードリンク年齢制限(オランダ)

オランダではエナジードリンクに年齢制限があります。スーパーマーケットによるようで、制限がないスーパーもあるようです。オランダや海外のエナジードリンク年齢制限についてまとめて掲載しています。

オランダのエナジードリンク年齢制限

オランダでも レッドブル、モンスターなど日本でも人気のエナジードリンクがオランダでも販売されています。 日本では「清涼飲料水」ということで年齢制限がなく、個人の判断にゆだねられているようですが、 オランダではスーパーマーケットの制限により14歳未満のエナジードリンクが禁止されています。スーパーマーケットのチラシでもこのような記載があります。

エナジードリンクの販売を禁止しているLidlの広告には「onder14 GEEN EVERGIERANK!」の文字が。14歳未満はエナジードリンク禁止、というような意味のオランダ語です。

2018年にオランダに店舗があるAldi とLidlというスーパーマーケットがオランダでも14歳未満へのエナジードリンク販売を禁止しました。 子供がエナジードリンクを購入できないよう購入する際には、身分証明の提示、年齢確認があることも。


エナジードリンクには、砂糖、カフェイン、その他の刺激物がたくさん含まれています。また、喉の渇きを癒すものでもありません。栄養センターによると、13歳未満の子供は飲んではいけないと以前に結論付けていました。エネルギードリンクは、実際に体を乾かします。13歳以上の場合、センターは1日に1缶しか摂取しないことを推奨しています。

Groningen

Kinderen onder de veertien jaar mogen binnenkort geen energi…

他のスーパーマーケットでは、購入禁止は出ていないようですが上記のように、13歳未満のエナジードリンク摂取は推奨されていません。日本でも、子供は飲んで大丈夫?中学生は飲める?など議論があるものの明確な年齢提示はありませんが、オランダでは13歳未満はエナジードリンクが推奨されていない年齢となります。

海外のエナジードリンク年齢制限

ヨーロッパなどオランダ以外の世界の国でもエナジードリンク飲料に年齢制限がある国があります。聞いた限りだと、

  • イギリス 16歳未満禁止
  • リトアニア 18歳未満禁止
  • スウェーデン 14歳未満禁止
  • オランダ 14歳未満禁止

など年齢制限が決まっているようです。こちらもスーパーマーケット単位なのか、国として制限されているのか違いがありそうです。 アルコールの年齢制限は各国であるものの年齢制限が異なり、購入の際身分証明の提示があることが多いですが、エナジードリンクも世界の国やスーパーマーケットにより違いが出てきているようです。

アルコールの年齢制限は18歳

ちなみに、アルコールの年齢制限はオランダは18歳です。日本人やアジア人は年齢より若く見られるので、大人が購入する際も年齢確認をされることも珍しくないです。

関連記事

オランダのアルコール購入や、飲酒は何歳から可能でしょうか。オランダの飲酒の年齢制限についてまとめて掲載しています。 オランダでは、18歳から飲酒が許可 オランダでは、18歳から飲酒が許可されています。海外旅行中では、日[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!