オランダのハロウィン

オランダのハロウィン(ハロウィーン/ Halloween )の様子について、 ハロウィン時期のオランダの街の様子や、オランダ独自の習慣をまとめて掲載しています。

オランダではハロウィンの習慣があまりない?

オランダのハロウィンは10月31日、日本と同じ日です。

お店には、この時期になると ハロウィン関連グッズが販売されています。家を飾るデコレーションや、ハロウィンのお菓子、仮想グッズなど色々あります。

10月にオランダで街を歩いていると、カボチャを飾っているお家を見かけました。

小さなカボチャを飾っているお家もあります。この時期オランダのお店では、こんな風な小さいカボチャが販売されていますし、ハロウィンにカボチャを飾る習慣はあるようです。色とりどりの小さなカボチャが可愛いですね。

ですが、10月31日の夜に子供たちが仮装してTrick or Treat?と歩き回っている様子はあまり見かけたことがありません。日本のハロウィーンの集まりは独特な気もしますが、あんな風に若者が集まっている場所も少ないようです。オランダではハロウィンの習慣があまり無いように感じます。

ハロウィンを開催している地域や有志も

移民の多いオランダでは、ハロウィンの文化が根付いているアメリカや諸外国からの移民ももちろん居り、その有志達がハロウィンのイベントを開催しているところもあるそうです。以前、仮想パレードのようなものに参加させてもらったことがありますが、なかなか楽しい時間でした。

ハロウィンよりシンタクラース!

このように、あまりハロウィン文化が根付いていなく10月31日はひっそりしているオランダですが、子供たちが各家を周り、お菓子を貰うという別の文化・習慣があります。オランダで11月11日に行われるシンタマーティンというイベントでは、ランタンを持った子供たちが歩いているのを沢山見かけました。

関連記事

オランダのシンタマーティン(シントマールテン)という文化、習慣について、いつ行われるか、どんな事をするのかなど、まとめて掲載しています。 シンタマーティン(Sint Maarten ) オランダにはシンタマーテ[…]

シンタクラースとは、クリスマスが2回来るようなオランダ語圏独自の文化で、オランダの国民的イベントになっています。

関連記事

オランダでは、クリスマスのように子供がプレゼントを貰える機会が2回あります。日本と同じ12月25日とあと1回は……。クリスマスが2回あるかのような、オランダのクリスマスの習慣・文化について掲載しています。 12月25日はクリ[…]

シンタマーティンがあるから、ハロウィンが根付いていないのか、文化の違いなのか、オランダは、とにかくあまりハロウィンが盛り上がっているお国柄では無いようです。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。