オランダのストライキ情報

オランダではストライキで公共機関が停止することが、珍しい事ではありません。旅行時に困らないように、オランダのストライキ情報をお知らせしています。

ストライキと列車への影響

大規模なストライキがあると列車への影響も大きくなります。なるべく最新情報を掲載していますが、情報更新が追い付かない場合もありますので、 最新のストライキ情報は列車の公式サイトなどの確認をおすすめします。

2022年6月、7月

農家によるデモで高速道路が閉鎖されている場所が出ています。6月30日には在オランダ日本国大使館より農業従事者による抗議行動についての注意喚起が行われました。以下大使館からのメールの引用です。

 既に各種報道においても確認されているように、オランダ政府による窒素政策に反対する抗議行動がオランダ各地において行われております。こうした抗議行動の過程において、一部の参加者が逮捕されるなどの事態にも発展しており、今後もこうした状況が続く可能性が考えられます。
 また、報道によると、7月4日(月)には大規模な抗議行動を行う旨の呼び掛けがなされているとのことであり、特に同日はオランダ各地でこうした抗議行動に関連する動きが見られるほか、交通網に支障が生じる可能性も十分に考えられます。
 テレビや新聞等の報道に十分に注意を払い、最新の情報の入手に努めるなどして、不測の事態に巻き込まれることがないよう注意してください。万が一、抗議行動の現場に遭遇してしまった場合には、当該現場から速やかに離れるようにするほか、やむを得ず抗議行動の現場付近に行かざるを得ない事情がある場合には、巻き込まれることがないよう細心の注意を払い、少しでも早く当該現場を離れることができるよう努めてください。

オランダで行われている農業従事者のデモについてはこちらにまとめて掲載しています。

関連記事

オランダの農家デモ、ストライキについてまとめて掲載しています。オランダ政府による窒素政策に反対した農業従事者のデモです。 オランダ政府による窒素政策に反対したデモ・ストライキ オランダで起きている農家によるデモは、オラ[…]

2022年6月2日

HTM(ハーグ市営交通会社)のバス及びトラム運行停止

参照)https://www.htm.nl/nieuws/geen-bussen-en-trams-op-2-juni

2019年12月5日~

フランスでのストライキの影響でユーロスターが運休

国をまたぐ列車は、他国のストライキが影響することもあります。2019年年末フランスでの大規模ストライキにより、 ロンドン~ブリュッセル~ロッテルダム~アムステルダム間を運行する「ユーロスター」が運休となりました。

2019年5月28日 

ストライキの影響でオランダ国内のほとんどの公共交通機関が運行停止

ストライキは、数時間のものもありますが、5月28日は24時間、つまり、まる1日公共機関が停止しました。


ただでさえオランダの鉄道は時間通りに動かないことも珍しくないですし、運休などが頻繁にある国です。主に公共機関を利用しての旅行プランを立てている場合、ある程度予定通りいかないと年頭に置いておいた方が良さそうです。特に飛行機に乗る日のストライキは困ります。もし、心配であれば 車を利用した現地ツアーを予約するなどもありますし、空港からはタクシーを予約する、空港までタクシーを予約するなど対策は可能です。

オランダのストライキに関するニュース

※日本語で掲載されているニュースです。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1320 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!