オランダの秋分の日

オランダの秋分の日について掲載しています。オランダでは祝日にはなりませんが、 日本の秋分の日と同様の日は昼と夜はほぼ同じ長さになり、オランダの秋の季節(Herfst Seizoen)のはじまりの日になっています。

秋分の日

日本には秋分の日という国民の祝日があります。天文観測による秋分が起こる秋分日が選定され休日となっています。2021年が9月23日です。2020年も9月23日でした。 9月22日から9月23日ごろのいずれか1日となっていることが通例です。

オランダには、秋分の日という祝日はありません。オランダは祝日が少ない国で秋には全く祝日がなく、聖霊降臨祭のあとは、12月のクリスマスまで祝日がない国となっています。

関連記事

オランダは日本に比べ、祝日、休日が少ない国でカレンダー上年間の祝祭日数は11日間です。オランダではキリスト教に関する祝日が多いため、年によって日にちが異なる移動祝祭日というものがあります。また、5年に一度祝日になるという日も。オランダの祝[…]

オランダの秋分の日

オランダでは日本の秋分の日のように祝日にこそなりませんが、Astronomische herfstという天文学的に秋が始まる日というような言い方をされます。2021年は9月21日21時21分から秋が始まる日とされました。オランダは日本と同じ北半球にありますので、日本の秋分の日と同様の日は昼と夜はほぼ同じ長さになり、オランダ語でHerfst Seizoen、つまりオランダの秋の季節のはじまりになっています。

オランダ語で秋はHerfstといいます。

関連記事

オランダには日本と同じく春夏秋冬、四季があります。季節の名前、春夏秋冬、四季を表すオランダ語を掲載しています。 季節 季節はオランダ語で、 seizoenといいます。英語の季節を意味するseasonと似ています。 […]

冬至を迎える12月21日までが秋となっています。

関連記事

オランダの夏至と冬至について2021年はいつなのか、オランダ語で何というかなどオランダの夏至と冬至ついて、掲載しています。 オランダの夏至 オランダの2021年夏至は2021年6月21日です。2022年以降は以下のよう[…]

オランダの秋

オランダは秋と言っても9月から冬のダウンジャケットやコートを着ている人も珍しくないくらい朝晩は冷え込みます。日本の9月というとまだ残暑が厳しい印象があるかもしれませんが、服装が大きく異なりますので秋にオランダ旅行を楽しむ際は服装に注意した方が良いかもしれません。

関連記事

秋のオランダでは「芸術の秋」「音楽の秋」「食欲の秋」を楽しむオランダ旅行が楽しめます。秋のオランダでおすすめの観光スポットやイベント、実際に行った時の様子を紹介しています。 秋のオランダ 気候と服装 9月に入るとオラン[…]

また、9月になると日が短くなってきます。朝、日が昇り明るくなるのが遅くなり、日が沈むのも早くなってきます。9月はまだ明るい方でこれから冬にかけてどんどん日が短くなっていきます。

関連記事

オランダの日の出と日の入り時間(日没時間)について掲載しています。 オランダの日の出と日没時間の特徴 オランダは夏は夜22時頃まで明るく、冬は朝は8時過ぎでも明るくならないなどの特徴があります。夏と冬で日の出と日入り[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1021 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!