オランダのキャッシュレス事情

オランダでは現金を使えないお店や場所があるほど、キャッシュレス化が進んでます。旅行の際注意したい、オランダのキャッシュレス事情について掲載しています。

オランダのキャッシュレス事情

オランダでは「PINカード」と言って、キャッシュレスでの支払いが日本に比べてとても普及しています。PINカードは日本でいう銀行のデビットカードなのですが、スーパーマーケット、レストラン、電車等での切符の購入、タクシー、市場でもAIRペイのような端末がありデビットカード支払いが可能です。どこで支払えないかを数えた方が早いほど、キャッシュレス化が進んでいる印象があります。オランダに居る時は、あまり現金は持ち歩きません。たまに現金が使えない場所があるので、念のため持ち歩いているという程度です。デビットカードのブランドは オランダではMaestro(マエストロ)はマスターカードが提供するデビットカード が多く普及している印象です。

旅行時キャッシュレス注意点

こんな風にキャッシュレス化が進んでいるオランダを旅行する際は、注意したい点があります。それが、地元の人のみならず旅行者が使う場面でも現金を使用できない場所があるという点です。

電車の切符販売機

NSことオランダ国鉄の切符の自動販売機では、カードかコインのみ、という選択肢か出来ません。紙幣が使えないので、大量のコインを用意するか、カード支払いが必要になるのです。VISA、MASTERといったクレジットカードの利用も可能です。

一部のバス

バス内で切符を買いたい時、現金が使えない路線があります。スキポール空港からアムステルダムまで走っているエアポートエクスプレスを運航している路線などがこれに当たるので、バス利用の予定がある際は、クレジットカードを用意しておいた方が安心です。

関連記事

スキポール空港からアムステルダムまで移動するのに便利なアムステルダム エアポートエクスプレス というバスがあります。397番(以前は197番)のバスです。バスのチケットの買い方や、バス停などについて掲載しています。 エアポート・エク[…]

オランダ旅行時のキャッシュレス対策

日本の感覚だと、旅行時には現金を少し多めに持っていくという感覚もあるかもしれませんが、オランダ旅行時には現金と、クレジットカードを持参した方が諸々役に立つ場面が多そうです。日本ではクレジットカードを使わないトい人も、年会費無料で作れるカードでも十分なので1枚は用意したいところです。

海外旅行傷害保険付帯 しているカードなら旅行保険にも入らなくて済むのでお得です。クレジットカードのブランドは日本でも普及しているVISA、MASTERは多くの場所で使えます。JCBが使える場面は、あるのかもしれませんが今まで見かけたことがありません。

クレジットカードの注意点

もしクレジットカードを持っていないなら、旅行前に無料のクレジットカードで良いので、1枚でも用意しておいた方がオランダ旅行では役に立ちます。クレジットカード利用時に、日本ではサインで済ますところもまだありますが、オランダでは暗証番号を入力して支払います。クレジットカードの暗証番号は日本に居る時に確認しておかないと、せっかくクレジットカードを用意したのにオランダで使えない、なんてことになってしまうかもしれません。

デビットカードの注意点

先に書いたように、オランダではMaestro(マエストロ)というデビットカードが普及しています。このマエストロのデビットカードは日本で作ることはできないようでした。知人がオランダに来た際、別のブランドのデビットカードを用意してきたのですが、あまり使えなかったと言っていました。

ヨーロッパのキャッシュレス事情

ちなみにこのキャッシュレスの普及具合はオランダの場合です。オランダの感覚でドイツ旅行に行った際、駅の売店で「カードは使えないから現金で」と言われて、慌てて現金を探した記憶があります。ヨーロッパ周遊する際は、国によってキャッシュレス事情が異なるので、現金の用意が難しいですね。

ヨーロッパ周遊でオランダも旅行するという場合は、先に書いたように現金が使えない場面があるので現金に加えて、海外旅行傷害保険付帯 している年会費無料クレジットカードを用意しておくと旅行で安心かと思います。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。