オランダの国花(国の花)

オランダの国花について掲載しています。オランダの国を代表する花は何か、その歴史や様子について掲載しています。

オランダの国花

オランダの国花はチューリップです。国花とは、国を代表・象徴する花のことをいいます。読み方はこっかです。オランダの国を代表する花は、チューリップです。オランダ語でチューリップはTulip(トゥルプ) といいます。

なぜオランダの国の花がチューリップ?

オランダは世界で一番チューリップを生産している国で、チューリップの輸出もしています。また、オランダ国内にはチューリップ畑が多くあり、まさに国を代表する花となっています。それだけでもオランダの国花がチューリップとなりそうですが、オランダとチューリップには歴史がありました。

オランダとチューリップの歴史

チューリップの原産地はトルコ周辺だと言われており、オランダでチューリップが栽培され始めたのは16世紀の中頃と言われています。

16〜17世紀といえばオランダの黄金時代。オランダでチューリップが栽培され始めると、珍しい品種のチューリップが高値で取引されることとなりました。チューリップを育てて儲けるために、改良するなどチューリップの栽培および品種改良が進みます。当時は家が建つほどの高価で取引されるチューリップも存在したとかで、それは国民がチューリップ栽培に躍起になる様子をうなづけます。球根は通貨のように扱われ、チューリップバブルとも呼ばれるこの時期には、チューリップで大儲けする人も居たそうです。その後チューリップの値が崩れ、 チューリップバブルは崩壊します。

チューリップはオランダに欠かせない花

そんな風に深い歴史があるオランダとチューリップですが、今でもオランダにはチューリップ農家が多く存在し、チューリップや花はオランダの一大輸出産業になっています。そして観光の一つの柱としてもオランダのチューリップは欠かせない存在になっています。

オランダでチューリップの観光

観光においてもチューリップはオランダを代表する存在なわけで、チューリップに関する様々なイベントや場所がります。

キューケンホフ公園

キューケンホフ公園が開園したのは1949年です。毎年3月末から5月までの期間限定開園ですが、チューリップや花畑を見に世界中からキューケンホフ公園に観光客が訪れる場所です。

関連記事

キューケンホフ公園はオランダ最大級の観光スポットです。2020年の開園や、チケット予約、行き方などについて掲載しています。2020年のキューケンホフ公園はコロナウイルスの影響により開園しないことが決定されています。無料で楽しめるキューケン[…]

チューリップの日

オランダには1月の第三土曜日にチューリップの日(National Tulip Day)というのがあり、チューリップの季節のはじまりを告げます。アムステルダムのダム広場で誰でも無料で摘み取れるイベントが開催されます。

関連記事

まだ寒いオランダの1月にチューリップの日こと 「ナショナル・チューリップ・デー(National Tulip Day)」 があり、春を告げるオランダの代表的な花チューリップが無料でチューリップ摘みを体験できるというイベントがアムステルダム[…]

チューリップの時期

オランダでチューリップが見頃の時期は、3月中旬~5月上旬 (満開を迎えるのは4月中旬ごろ) と言われています。

関連記事

オランダでチューリップが見頃の時期 オランダのチューリップの季節は、3月中旬~5月上旬 (満開を迎えるのは4月中旬ごろ) と言われていますが、 日本の桜の開花時期が毎年異なるのと同様に、チューリップの見頃もその年の天候に大[…]

参考:オランダ語で花の名前

関連記事

オランダの国獣について掲載しています。オランダの国を代表する動物は何か、その由来や使われ方について掲載しています。 オランダの国獣 オランダの国獣はライオンです。国獣とは、国を代表・象徴する動物のことをいいます[…]

参考:オランダといえば

チューリップの他にもオランダといえばで多くの人が思い浮かべる食べ物、場所、などをまとめています。

関連記事

オランダと言えば、どんなイメージでしょうか。オランダと言ったらチューリップ、風車、などがうかびやすいイメージでしょうか。オランダを語るのに欠かせない花や人物、場所、食べ物など「オランダといえば」というものについて掲載しています。 […]

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。