ミッフィー雑学&豆知識10選

ミッフィーに関する雑学や、豆知識をまとめています。ミッフィーマニアなら簡単な問題かもしれません。いくつ知っていますか?

【1】ミッフィーの生まれた国はオランダ

ミッフィーが生まれた国は、オランダです。ミッフィーの作者、ディックブルーナさんは、オランダのユトレヒト出身です。オランダのEgmond aan Zeeというオランダの海の近くにある街に休暇で来ていたブルーナさんが、白いうさぎを見つけ、息子にうさぎの絵を描いたのがミッフィーのはじまりなのだとか。

【2】作者のディックブルーナさんはうさぎ年

ミッフィーの作者、ディックブルーナさんの生まれは1927年8月23日です。偶然にも、うさぎ年の生まれです。

【3】ミッフィーの本名はナインチェ

実はミッフィーという名前は、キャラクターが生まれた時にあった名前ではありません。オランダ国外に展開されるときにつけられた名前だと言われています。ミッフィーが生まれた時につけられたのはナインチェ(Nijntje)というオランダ語の名前です。Nijntje(ナインチェ)はうさぎを意味するオランダ語「konijn(コネイン・コナインのような発音)」に、「小さい」「かわいい」と言った意味の指小辞「-tje(チェ)」をつけた子うさぎと言った意味のオランダ語「konijntje」 を元にした名前です。ミッフィーのオランダ語の絵本はどれも「Nijntje」という名前が使われています。

関連記事

ミッフィーの著者ディック・ブルーナはオランダの作家で、オランダ語の絵本が原書です。日本でも大人気のミッフィー(ナインチェ)の絵本「うさこちゃん」シリーズのオランダ語の絵本とオランダ語の意味を紹介しています。 オランダ語のミッ[…]

【4】うさこちゃんとミッフィー、どちらが正しい名前?

どちらも正しい名前です。福音館書店の絵本では「うさこちゃん」と呼ばれ、その他の絵本やグッズでは「ミッフィー」と呼ばれています。どちらの名前が正しいという訳ではなく、どちらも正しい名前になります。うさこちゃんと呼ばれているのは日本のみです。先に説明したミッフィーの本名、「ナインチェプラウス」を日本語訳したときに作られた名前です。ミッフィーという名前は英語圏など、色々な場所で使われています。

関連記事

ミッフィーの名前は、 オランダでは 「ナインチェ(Nijntje)」です。オランダ生まれなのでミッフィーの本当の名前、本名はナインチェということになります。名前の由来やオランダ語の意味も掲載しています。 ミッフィーの本名はN[…]

【5】ミッフィーの誕生日はいつ?

ミッフィーの誕生日は 1955年6月21日です。 ミッフィーの誕生日は、1955年の6月21日にオランダでミッフィーの初めての絵本「Nijntje」が出版されたことに由来しています。

関連記事

ミッフィーの誕生日はいつ?オランダの人気キャラクター、ミッフィーの誕生日と今何歳かについて掲載しています。 ミッフィーの誕生日は6月21日 ミッフィーの誕生日は 1955年6月21日です。ミッフィーの誕生日は、1955[…]

ミッフィーの誕生日

【6】ミッフィーの性別は女の子

ミッフィーの性別は、女性です。女の子のうさぎのキャラクターとして今では定着していますが、実は、生まれた時にはうさぎの子供のキャラクターというだけで、 性別はありませんでした。

ミッフィーが「女の子」のキャラクターになるきっかけとなったのが「うさこちゃんのたんじょうび(オランダ語 Het feest van Nijntje)」という絵本が描かれた時です。 それまで柄の無い洋服を着ていたのですが、この絵本が描かれた時、花柄のワンピースを描き「女の子」のキャラクターという事に決まったそうです。

【7】ミッフィーの口がばってんの理由

ミッフィーの口、鼻は「×(ばってん)」が特徴的です。ディックブルーナさんには、うさぎの顔がばってんに見えたという理由で、ミッフィーの顔には口と鼻がばってんで描かれています。

お父さんやお母さんの顔には、ばってんに1本横棒が加わって描かれていますが、これは「しわ」を表現したものだといいうことです。大人が描かれている時は「しわ」も描かれているので大人か子供かが分かり易いですね。

【8】ミッフィーの顔はいつも正面向きで横顔がない

ミッフィーと言えばいつも正面向きなのが印象的です。知っている限り、横顔を描かれているミッフィーはありません。

ちなみに、ミッフィー生誕60周年記念で、アートパレードというミッフィ象を色々なアーティストが表現したアート展が開催されました。その時、いつも正面を向いているというコンセプトで作られたミッフィー像がこちら

確かにどこから見ても正面のミッフィー……という面白いミッフィー像です。子の他、オランダでは色々な場所に、色々なミッフィー像が飾られています。

関連記事

オランダは、ミッフィーの作者ディックブルーナさんの故郷の国です。ミッフィーの街ユトレヒトを中心に、オランダでミッフィーの像が見れる場所をまとめて掲載しています。 ユトレヒトにあるミッフィー像 ディックブルーナさんの故郷[…]

【9】ミッフィーのミュージアムがある

オランダのユトレヒトには、ミッフィーの絵本の中に入れるようなミュージアム「ナインチェミュージアム」があります。ナインチェミュージアムには、オランダ語、英語の他、日本語での説明文なども記載されています。

関連記事

オランダのユトレヒトにある ミッフィー博物館ことNijntje Museum ナインチェミュージアム の入場料や、行き方、予約などについて、実際に行った時の様子や見どころを掲載しています。 オランダ ユトレヒトの観光スポット、ミ[…]

【10】ミッフィーで使われる色は厳選された6色のみ

ミッフィーの絵本はどれも似たような色合いだな、と気づいた人は鋭いですね。実はミッフィーの絵本で使われている色は6色しかありません。

  1. 赤色
  2. 青色
  3. 黄色
  4. 緑色
  5. 灰色
  6. 茶色

です。黒色の線の中にこの、6色のみが使われています。
茶色は、ボリスなどのお友達、灰色は象などのキャラクターを描かれるときに追加され色で、初期のミッフィーの絵本は

  1. 赤色
  2. 青色
  3. 黄色
  4. 緑色

の4色で描かれています。そんな点にも注目して絵本を読んでみると、面白さが増すかもしれません。

ミッフィーの雑学、豆知識いくつ知っていましたか?ミッフィーマニアなら簡単な問題かもしれませんね。ミッフィーの作者、ディックブルーナさんに関する本には、ミッフィーの雑学的な情報が沢山書かれていて、おすすめです。

関連記事

ディックブルーナさんは、ミッフィーの作者としても知られる人物で、オランダのユトレヒト出身です。ディックブルーナさんに関する本について、デザインに関する本、伝記など掲載しています。 ディックブルーナさんの絵本に関する本 […]

ディック・ブルーナさんに関する本

ミッフィーに関する記事

オランダはミッフィーが生まれた国という事で、ミッフィーに関する記事を色々紹介しています。よかったら併せて読んでみて下さい。

オランダの雑学・豆知識

ミッフィーの生まれ故郷、オランダの雑学をまとめています。

関連記事

オランダの雑学についてまとめて掲載しています。いくつ知っていますでしょうか?オランダ人のこと、オランダ語、文化、習慣などオランダの雑学を知れば、知らなかったオランダが見えてくるかもしれません。 【1】オランダの花火は年始のみ[…]

ユトレヒトに関する記事

ミッフィーの作者、ディックブルーナさんの出身地であるユトレヒトは、ミッフィーの街とも呼ばれ、ミッフィー好きなら観光におすすめの街です。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。