オランダ語の形容詞

大きい、高い、古いはオランダ語で何という?オランダ語の形容詞について、対義語や反対語をまとめて掲載しています。

オランダ語の形容詞

オランダ語にも形容詞があり英語のように使います。形容詞は対義語を合わせて覚えると、分かり易いかと思います。オランダ語の形容詞は英語と似ている単語と全く違う単語があります。以下で具体的に見ていきます。

良い⇔悪い

オランダ語で良いはgoed、悪いはslechtです。

  • 良い:goed
  • 悪い:slecht

オランダ語のgoedは英語で良いを意味するgoodに似ています。オランダ語の悪いを意味する単語はslechtです。英語で悪いを意味するbadと全く異なるので覚えづらいですね。

大きい⇔小さい

大きいはオランダ語でgroot、小さいはkleinです。お店でコーヒーや食べ物を頼むとき大きいサイズにするか、小さいサイズにするかなど街中でも色々な場面で使う形容詞です。

  • 大きい:groot
  • 小さい:klein

英語では大きいの意味でもbigとlargeという使い分けがありますが、オランダ語ではどちらもgrootを使うようです。

音が大きい(うるさい)⇔静か

音が大きい時はhard(英語のloud)、静かはzachtです。

多い⇔少ない

  • 多い :veel
  • 少ない:weinig

古い⇔新しい

オランダ語で古いはoud、新しいはnieuwといいます。観光名所でもある旧教会は‎De Oude kerk、新教会は ‎De Nieuwe kerkといいます。

  • 古い:oud
  • 新しい:nieuw

若い⇔老いた

若いはオランダ語でjong、老いたはoudです。

  • 若い:jong
  • 老いた:oud

oudは古いという意味もありますが、年老いている人にも英語のoldのように同じ単語を使用します。

強い⇔弱い

オランダ語で強いはstrek、 弱いはzwakといいます。

  • 強い:strek
  • 弱い:zwak

高い⇔低い

オランダ語で 高いはhoog、 低いはlaagです。

  • 高い:hoog
  • 低い:laag

英語の高低を意味するhigh、lawと似ているような似ていないような。最初のスペルだけは同じですね。

高い⇔安い

同じ高いでもこちらは値段の高い時、安い時の形容詞です。オランダ語で値段が高いはduur、値段が安いはgoed koopといいます。

  • 安い:duur
  • 高い:goed koop

goed koopはスーパーマーケットの安売りの場面でも目にする事があるかもしれません。

関連記事

オランダで買い物をする時、お店の表記はオランダ語でされています。安売りや割引や無料、お買い得など買い物にする時に役に立つ、便利なオランダ語をまとめました。 割引、安売り、お買い得な商品を表すオランダ語 日本でも買い物よ[…]

明るい⇔ 暗い

オランダ語で明るいはlicht、 暗いは donkerといいます。

暖かい⇔ 寒い、温かい・熱い⇔冷たい

オランダ語で暖かい、温かいはwarm、 寒い、冷たいはkoudです。 熱いはheetです。 英語で同じ意味で使われるwarm、coldと似ていますね。
英語のwarmと同じスペルですが、読み方がワルムのようになります。

長い⇔短い

オランダ語で長いはlang、短いはkortです。こちらも英語で長短を意味するlongとshortと何となく似ています。

開く⇔閉じる

オランダ語で開くはopen、閉じるはdichtです。openは英語と同じなので分かり易いですね。

濡れた⇔乾いた

オランダ語で 濡れたはnat、乾いたはdroogです。何となく英語で濡れたのwet、乾いたという意味のdryと似ているような気がする単語です。

美しい⇔醜い

オランダ語で 美しいは mooi、醜いはlelijkです。mooiはオランダで美しい以外にも可愛いなど色々なプラスの場面でよく使われる形容詞です。美味しいなんかもmooi!という人も居ますね。

綺麗⇔汚い

オランダ語で 綺麗、清潔はschoon、汚いはviesといいます。

早い⇔遅い

オランダ語で 早いは snel、遅いはlangzaamです。snelは早いを意味する英語のfastのような使い方の他、英語のsoonのように

  • Tot snel!(英語のSee yoo soonの意味)

と言うような使い方もする単語です。

簡単⇔難しい

オランダ語で 簡単は makkelijk、難しいはmoeilijkといいます。

最初のアルファベットがmで語尾がlijkなのは共通ですが、簡単はakke、難しいはoeiが間に入っているという違いがあります。似ているようで全く反対の意味の形容詞です。

空っぽ⇔満たん

オランダ語で空っぽはleeg、たくさん、満たんはvolといいます。

太い⇔細い

オランダ語で 太いはdik、細いはdunといいます。

英語では細いをslimといいますが、オランダ語でslimは賢いというよな形容詞になります。英語とオランダ語の話者が混乱しやすい単語のひとつです。

オランダには太った猫のDikker dikという人気絵本があります。

軽い⇔重い

オランダ語で軽いはlicht、重いはzwaarといいます。

固い⇔柔らかい

オランダ語で固いはhard、柔らかいはzachtといいます。

正しい⇔間違い

正しい場合はgoedを使います。英語で形容詞correctを使うような場面です。間違いの場合はfoutと言います。英語でincorrectを使うような場面です。

豊富な⇔貧弱な

英語のrichとpoorのように使います。オランダ語で豊富(金持ち)はrijk、貧弱(貧乏)はarmといいます。armは英語で「腕」の事ですよね。英語話者が混乱しやすいオランダ語の形容詞のひとつです。

美味しい

オランダ語で美味しいlekkerといいます。

楽しい

楽しい、良いなどの場面ではleukと使います。英語のnice/funのように幅広い意味で使われる形容詞です。gezekking

興味深い

オランダ語ではinteressantといいます。英語のinterestingのような意味です。

イライラさせる、迷惑な

オランダ語でvervelandといいます。英語のannoyingのような場合に使います。

退屈する

オランダ語でsaaiといいます。英語のboringのような意味で使います。

オランダ語の形容詞は語尾が変化する

形容詞は英語では良いはgoodなど覚えればよいですが、オランダ語の場合、形容詞の語尾が変化します。

主なルールは「名詞を修飾するときは語尾がeに変化する」です。

  • goed
  • goede

となります。ではただeを付けるのかというと

  • goedkoop
  • goedkope

と言うように変化する形容詞もあります。どの位置で使うのかで形容詞の形が異なる、語尾にeを付ける以外にも変化する形があるというのは英語と違うルールのためオランダ語を学習するさい混乱する部分のひとつです。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 884 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!