家探しの時に使うオランダ語

オランダで家探しをする時に便利!賃貸、間取り、築年酢など不動産に関するオランダ語についてまとめて掲載しています。

購入 : koop

購入(買う)はkoopと言います。koopは英語でいうbuy、つまり買うという意味です。家を購入したい場合は「te koop」(for sale)という看板や、不動産サイトの「koop」という物件を検索すると、購入できる不動産を探すことが出来ます。

借りる(賃貸):huur

家を買うのではなく借りたい場合は「huur」という不動産を探します。「te huur」という看板が出ている不動産は For rent 、つまり賃貸の不動産です。

不動産屋: makelaar

makelaarはブローカーという意味なのですが、日本でいう不動産屋のような場所です。

価格:Prijs

価格はオランダ語でPrijsといいます。英語のpriceに少し似ていますね。不動産サイトではVraagprijs(提示価格)と表示されることもあります。
賃貸の場合で価格の欄に € 1.650 per maand と記載があれば、1ヶ月1650ユーロという意味です。

写真:foto

オランダ語で写真はfotoといいます。こちらも英語のphotoに似ていますね。部屋の写真や外観などを確認できます。

間取り:plattegrond

オランダ語で間取りはplattegrondといいます。間取り図を確認したい場合は不動産サイトの「plattegrond」という所をクリックします。

入居可能時期:Aanvaarding

いつから入居可能かは Aanvaarding という欄を確認します。日付が書いてあれば、その時期から入居可能です。

建築年:bouwjaar

いつ作られたは bouwjaar という欄を確認します。オランダは日本に比べて築年数の古い不動産が多いです。

成約済み:Verkocht

Verkocht はSoleつまり、売れてしまったこと、成約済みの不動産に表示されています。看板に Verkocht とあれば、残念ながらすでに成約済みとなっている不動産です。

家の種類に関するオランダ語

Type woning という欄で家の種類を確認できます。

  •  Woonhuis / Huis(一戸建て)
  •  Appartement(アパート・マンション)
  • Parkeergelegenheid (駐車場)

Huis(一戸建て)は日本でいう長屋のつくりの戸建てがオランダには多くあります。 連棟でない庭付きの一戸建ては数が少なく、高額の価格帯の家が多いです。

部屋の種類に関するオランダ語

kamerはオランダ語で部屋という意味です。

slaapkamer:寝室

badkamers :バスルーム(お風呂場)

huiskamer :リビングルーム

gastkamer :ゲストルーム

studeerkamer :書斎

kinderkamer :子供部屋

オランダの家の探し方は部屋数と広さ

日本の不動産は広さは部屋数の他に1LDKや3DKなどの表示がされることが多いですが、オランダではそのような表示がありません。不動産サイトでは

  • 81 m²3 kamers
  • 119 m² / 127 m²5 kamers

のように部屋数と広さの表示があります。

部屋数を表すオランダ語

  • Aantal kamers(合計部屋数)
  • 1 kamer 1部屋
  • 2 of meer 2部屋以上
  • Aantal slaapkamers (合計寝室数)
  • 1 slaapkamer 寝室が一部屋
  • 2 of meer 2部屋以上の寝室

合計の部屋数と、寝室数でどのような作りの部屋かを確認することが出来ます。それ以外にも

  • Aantal badkamers (バスルームの合計数)

などを見ると、部屋数やそのつくりを確認できます。

不動産で広さを表すオランダ語

Gebruiksoppervlakte wonen  居住エリア

  • 50 m² of meer 50㎡以上
  • 75 m² of meer 75㎡以上

Perceeloppervlakte  プロットエリア

庭や倉庫など居住空間以外の広さを表す際に使われます。

  •  250 m² of meer   250㎡以上



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 975 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!