イオナックを海外発送

イオナックを海外発送してもらいました。イオナックのシャワーヘッドとフィルターで、硬水を軟水に。口コミや評判も良いようで、個人的にも満足のいくお買い物です。海外発送対応の商品や効果などまとめて掲載しています。

イオナック(ionac)

イオナック(ionac)は硬水で肌荒れや髪の問題に悩む人に多く利用されているの浄水シャワーヘッドです。約900mVの微弱な電流を発生させ、電気化学作用(酸化還元反応)により酸化・漂白力のある塩素(次亜塩素酸)を酸化力の無い塩素イオンに変換しているそう。 濾材の「液体処理方法」で特許を取得しているシャワーヘッドになります。

オランダも硬水の国で、冬は特に乾燥します。肌荒れが酷くなり、またシャンプーもなかなか良いものが見つからず髪のキューティクルが内容な状況でがどんどんパサパサ、バサバサになり、とても沈んだ気持ちでした。そんな時にシャワーヘッドの存在を知り、買ってみたのがイオナック購入のきっかけです。

イオナックの海外発送

イオナックは海外発送に対応しており、日本語のホームページから海外発送をお願いできます。送料もとても分かり易いので私はいつもイオナック株式会社が運営している『 イオナック』というショップで購入しています。

FedEx(フェデックス)を利用して送付されました。発送も早くさすが日本のお店という感じです。 丁寧なプチプチでの包装に日本を感じ少し感動です。

お店のホームページには国内発送用の商品と海外発送用の商品が分かれているので、海外発送希望の場合は「海外配送の方」という商品を購入します。一時帰国の際買いだめをする必要がなく海外から日本のお店でスムーズにお買い物できるで、とても便利なお店です。お問い合わせもちろん、日本語で可能です。

海外発送対応のシャワーヘッド

海外発送対応の交換カートリッジフィルター

同じ商品がAmazonでも販売取り扱いがあるようのですが、私が購入しようとした際、Amazonは国内配送対応のみでした。 もちろん イオナックでは国内配送も可能です。駐在や海外滞在の際、日本から持参するのも良いかと思います。

イオナックの海外発送に関税はかかる?

過去2回イオナックで購入し、日本から海外に発送してもらっていますが、今のところ関税がかかったことはありません。(あくまで経験談です。)

取り付けは簡単

現在お使っているシャワーヘッドをホースより外し、イオナックと取り替えてるだけでした。私の場合、付属のアダプターは不要でした。工具不要です。ただ、壁に取り付けされているシャワーの場合、シャワーヘッドの交換は難しいようです。

効果はある?

感じ方には個人差があるかと思いますが、いまのところ効果を感じているのでリピートしています。硬水用のシャンプーなどもあるのですが、やはりイオナックの方が個人的にはお気に入りです。まわりの口コミの評判も上々で、少し値段ははるけどイオナックは硬水の海外生活には欠かせないという知人も少なくありません。高価な品なので、私もシャワーヘッドが合わなかったらどうしよう、高価が無かったらどうしようと悩みましたが、バサバサになる髪や、肌荒れに悩むことが減り結果的には購入してよかったです。

イオナック公式の説明では、髪への効果、肌への効果、またペットへの効果も記載されていました。ペットの毛もサラサラになりそうです。

フィルター交換の頻度

3~4ヶ月で交換しています。数か月たつと何となく効果が薄れてくるのでその時に交換しています。イオナックのサイトには、
フィルターに一度水を通すと約30,000リットルまたは4ヶ月で電池切れ状態と書いてありました。

フィルターのみで利用?

ちなみに、引っ越しの際シャワーヘッドを紛失していまい、一時期フィルターのみで使用したこともあります。案外いけましたが、ホースが詰まってしまったよな感覚があり結局はやりシャワーヘッドがある方が良いという結論に。シャワーヘッドは少し値段がはりますので、フィルターのみで試すというのもありかとは思います。

世界中で評判!?

筆者はオランダで使用しましたが、ヨーロッパで同じく硬水のドイツやベルギー、イタリア、イギリス、またアメリカ、オーストラリア、シンガポール、タイなど世界中に愛用者が居るようです。2020年10月時点で、世界75か国1288年で利用されているのだとか。口コミも上々で評判が評判を呼び広がったという感じでしょうか。硬度の高い水道水の国では効果も高そうですね。

硬水を軟水にするという類似品のシャワーヘッドは数あれど、海外発送対応の利便性と効果で私は今のところイオナック一択です。 私には効果があり口コミも評判も良い商品という印象です。海外生活の硬水で、肌荒れ、感想や髪のケア、トリートメントに悩むかたは一度試す価値はあるかなと思います。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。

オランダ情報をチェック!