ボンネファンテン美術館

オランダ マーストリヒトにあるボンネファンテン美術館について掲載しています。

建物

ボンネファンテン美術館はとても印象的な外観の建物です。ロケットのような印象的な建物。イタリアのアルド・ロッシ(Aldo Rossi)設計との事。入り口とは逆側の、川沿いにあります。

建物は入り口に入るといきなり階段、という珍しい設計です。しかも1階の展示は階段途中にあり最初分かりませんでした。この階段、とても美しい。写真を撮りたくなる光景です。

チケットの代わりにシールを貼るように言われました。

ここにも建物がモチーフに使われています。

常設展示

1階

宗教関連の絵画や彫刻のかなと思う展示が多くされていました。ルーベンスなどの展示もあったらしいです。

マーストリヒトシルバー、という展示コーナーもありました。名物なのでしょうか。

クラフトコーナー

子供向け?なのでしょうか。紙が置いてあって自由に作ってねというコーナーがありました。この時期は丁度クリスマス。教会を作るクラフトでした。

子供がはまりにはまって、まさかのここで1時間滞在……。子供と一緒に行く際には、1階は最後に回った方が良さそうです。

設計図

おそらくアルド・ロッシの直筆デザイン画かなと思う絵が飾られていました。シンボル的だけど奇抜過ぎず街になじみ愛される、すごいデザインの建築だな、と感じます。

2階

Stanley Donwood: Optical Glade

スタンレードンウッド:オプティカルグレード

丁度ロケットのような建物の中の展示です。下のクッションに寝そべって上を見上げることが出来ました。音も流れていて面白い。公式サイトによると「少なくとも2年間は博物館に常設展示されます」とのことですが、2017年の作品のなので、そろそろなくなってしまうのかな?ホームページでは常設とありました。好きな作品でした。

企画展

私たちが行った2019年12月の企画展。好きだったのは、

Jan Hendrix

ヤン・ヘンドリックス
26.11.2019-26.04.2020

オランダ生まれで、メキシコに住んでいたというアーティストの作品。植物のコレクションが、個人的にガウディを思わせました。映像で流れていた立体の作品が素晴らしそうで、 メキシコにある美術館に興味を持ちました。今回は立体作品は無くて残念だったのですが、面白い作品。

Dan Walsh: Pressing Matter
25.01.19 – 05.01.20

幾何学模様が好きなので、こういった作品は大好きでした。色味で影を付けていて面白かったです。

反対に苦手だったのは、

Paloma Varga Weisz: Bumped Body

ドイツの現代アーティストでこの時期の目玉だったらしい作品。穏やかな顔の印象の女性アーティストですが、彼女の作品は個人的に緊張する辛さがあります。

少し覗いたのですが気分が悪くなり素通りしてしまいました。ファンの方ごめんなさい。ボンネファンテン美術館での展示は2020年2月までとのこと。

企画展の場所が多いので、行く度に雰囲気が変わりそうな美術館でした。ヨーロッパにゆかりのある現代アーティストの展示が多い印象です。他の現代アート美術館より直接的で、挑発的なメッセージを感じて気分が悪くなったのですが、個人的に……かもしれません。他の美術館では見ない、興味深い現代アーティストの作品が多かったので、 事前にホームページで好きなアーティストかを見て、 企画展が変わったらまた行きたいなと思った美術館でした。現代アートの企画展示部分が多いので、興味ない人には全く興味ない美術館かなとおもいます。ただ、現代アートに興味がなくても、ロケットのような外観の建物は一見の価値ありですよ。

コインロッカー

有人のクロークはありません。ただコインロッカーがとても広々としていて、機内持ち込みサイズのスーツケースを持ってきている人も居て、中に入れられていました。1ユーロコインが必要です。コインロッカーのデザインもパントーンのグラデーションみたいで素敵です。

所要時間

全体的には1時間程度で周れました。クラフトコーナーにはまってしまったので、そこで1時間、2時間程度です。じっくり作品を眺めて1時間半程度と行った所でしょうか。作品に興味がなければ1時間で十分かもしれません。

基本情報

Bonnefantenmuseum Maastricht

公式サイト

https://www.bonnefanten.nl/

(2019年確認時)公式サイトが古臭くて残念なのですが、実際の美術館は古臭い?のは1階の展示だけで、先進的な現代アートの美術館です。

地図・住所

Avenue Ceramique 250

マーストリヒト駅からはバスでも行くと目の前のバス停に停車します。歩いても行ける距離にあり、徒歩15分程度でした。街並みがとてもきれいなので徒歩で行くのもおすすめです。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。