ライデン世界博物館(国立民族学博物館)

Wereldmuseum Leiden(旧Rijksmuseum Volkenkunde)

ライデン世界博物館(国立民族学博物館)はオランダ ライデンにある博物館で、世界各地の民族や日本に関する資料や展示がありました。チケットや入場料、所要時間などライデン国立民族学博物館についてまとめて掲載しています。

チケット・詳細はこちら

見どころ・おすすめ

ライデン世界博物館(国立民族学博物館)はライデンの駅を出て徒歩5分ほどと近い場所にあります。 1837年以来ライデンにある歴史ある国立民族学博物館です。※2022年に Wereldmuseum Leiden(ライデン世界博物館)という名称に変更となりました。

世界各国の民族や文化展示

入口でマップをくれました。各地域ごとの展示になっています。興味がある地域のみ行くのもよし、色々周ってみるのもよし。特に決められたルートはないようなので色々な回り方が出来そうです。

オセアニア

アメリカ

イヌイットや、インディアンなど。映像も大きく見ごたえがありました。

インドネシア

沢山の石像やガネーシャも。 アジア、アフリカ、アメリカなど地域ごとに民族の展示がありました。 各国、各地域色々な特色があります。ここに紹介したのはほんの一部。それぞれの地域ごとに見どころが多く、ゆっくりとみているとあっと言いう間に時間が過ぎるほどの展示量でした。

日本の展示 大仏や鎧、出島など

アジアの展示地域も多かった印象です。日本に関する展示も沢山。

ブッダルームと名付けられた大仏が並ぶ部屋。海外ではインテリアとしても人気があります。

長崎の出島についての展示も大きくありました。模型や映像で出島が紹介されています。

その他日本では漆器や浮世絵、鎧、根付など様々な展示があり日本コーナーだけでも見どころが多くありました。

中国や韓国に関しての展示の部屋も興味深かったです。貴重であろう展示も多く、日本では見れない展示も多そうです。

【企画展】ANIMAL ACADEMY

ライデンの国立民族学博物館では定期的に企画展が行われています。以前には日本のCOOL JAPANなどの展示が行われたことも。この日は子供向けにオランダ語で動物の学習に関する展示が行われていました。

12の部屋がありそれぞれの動物が先生になり色々な事を教えてくれます。

日本の鶴に関する部屋もあり面白かったです。動物に関する学習といっても、オランダの博物館の子供向け展示にはいつも「遊び」の要素が多くあり、遊びながら自然と生態について学べる仕掛けが多くありました。

最新の展示内容は公式ホームページで確認できます。

https://www.volkenkunde.nl/en/whats-on

実際に行ってみた感想・所要時間

どの位じっくりと見るかにもよりますが、私の場合は2時間程度あるとゆっくりとみて回れるなと思いました。見た目より展示されてる内容や資料の量が多い博物館で、0階、1階と見どころが沢山あります。少なくとも1時間程度、インタラクティブなイベントに参加するなら2時間程度はあるとよさそうです。日本についてなど、じっくりと見たくなる展示が多いため、少し多めに時間をとると良さそうな博物館でした。

ちなみに、ライデン世界博物館敷地内のお庭には、春になると綺麗な桜がさきます。こちらもおすすめです。

関連記事

オランダのライデン(Leiden)にある Museum Volkenkunde (国立民族学博物館)でお花見を楽しんできました。お庭にある桜がとても綺麗な博物館です。 ライデン民俗学博物館でお花見 オランダのライデンに[…]

基本情報

ライデン国立民族学博物館の営業時間、料金、チケット購入、住所などの基本情報です。

営業時間

火曜日から日曜日 午前10時から午後5時まで (月曜日定休)

予算・料金

  • 大人 :15.00ユーロ
  • 4〜18歳の子供: 6.00ユーロ
  • 3歳までの子供:無料
  • ミュージアムカード対象

チケット購入

博物館の入り口、公式ホームページから購入するほか、日本語でチケット購入できるサービスがあり便利でおすすめです。

住所

Steenstraat 1, 2312 BS Leiden

ライデンには他にも見どころが沢山あります。時間があれば、併せての観光もおすすめです。

関連記事

オランダ ライデン(Leiden) は 南ホラント州にある都市で、アムステルダム中央駅から電車で35分ほどの場所にあります。ライデン大学というオランダ最古の大学がある街で、巨匠レンブラントが生まれた街でもあります。シーボル博物館など日本に[…]

公式サイト

https://leiden.wereldmuseum.nl/

※以前は Rijksmuseum Volkenkunde (フォルケンクンデ博物館、国立民族博物館)という名前でしたが Wereldmuseum Leiden(ライデン世界博物館)という名称に変更となりました。



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1531 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!