KLMオランダ航空プリファードシート

KLMオランダ航空の座席「プリファードシート」について、料金や、実際に登場して感じた価値、エコノミーとの違い、エコノミーコンフォートとの違いなどを掲載しています。

プリファードシートとは

プリファードシートは英語で、Preferred seatと書きます。Preferred seatの意味は「優先席」というような意味です。つまり、機内前方の優先的な座席になります。

他の座席との違い

KLMオランダ航空の国際便(成田からアムステルダム便)などには

アップグレードの座席料金が安い順に

  • エコノミー
  • プリファードシート アップグレード+5,000円程度
  • エコノミーコンフォート アップグレード+10,000円程度
  • ワールドビジネスクラス  アップグレード+60,000円程度

といった4段階の座席があります。ワールドビジネスクラスは別格ですが、エコノミーの座席で、無料~1万円の幅があることになります。

以下、エコノミーの座席の違いをみていきます。

エコノミーとプリファードシートとの違い

前方のエコノミー席

以上です。「え?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。+5000円程かかるプリファードシートですが、座席自体はエコノミーと全く同じものです。
機内食も同じで、優先搭乗、また、荷物優先なども何もありません。前方に座れるエコノミー席です。

KLMはZone3、Zone4などZoneの数字が少ない順がから登場するのですが、強いて言えばエコノミーの中でも前方のプリファードシートはZone3になり、後方のエコノミー席より早く搭乗が可能です。

エコノミーコンフォートとプリファードシートとの違い

アップグレードで+5,000円程の差があるエコノミーコンフォートとプリファードシートですが、大きくは座席の幅に違いがあります。
幅、といっても、成田-アムステルダム便などの座席は配置は
エコノミーコンフォートもプリファードシートも3-4-3の座席配置になっており、横幅の違いはありません。

違いがあるのは縦の幅。機体やフライトにより違いもありますが

エコノミークラスに比べて、足元のスペースが4~5 cm (1.5~2 inch) ゆったり

これ、だけです。

写真左がエコノミーコンフォート席で、 プリファードシート です。エコノミーコンフォートのほうが、少し座席間が広くなっています。それ以外はKLMのエコノミーコンフォートはアメニティなし、ウェルカムシャンパンなし、エコノミーと同じ機内食といった冷遇ですので、そこしか違いがありません。KLMエコノミーコンフォートについてはKLMエコノミーコンフォートの価値と感想にまとめています。

関連記事

KLMオランダ航空のエコノミーコンフォート座席について、価格や機内食、実際に乗って感じた価値や感想などを掲載しています。※2020年搭乗時の内容です。 KLMのエコノミーコンフォート KLMのエコノミー[…]

プリファードシートを予約する価値はある?

こちらは個人差になりますが、個人的にはプリファードシートにアップグレードするのはあまり価値がなく、ほぼエコノミー席で良いのでは、と思います。

あまり価値がないと書いてしまいましたが、そう感じる人が多いのか、わざわざエコノミークラスからプリファードシートへアップグレードする人が少ないので、隣が空くことがままあります。ただこれは絶対ではありませんので、あくまで傾向としてです。

また、エコノミーでも前方のため、降りる時に比較的早く降りられます。

  • 乗り継ぎまであまり時間がない
  • 降りる時に早めに降りたい
  • エコノミー席の後方まで歩きたくない
  • 食事は食べたいほうを選びたい

そんな方には、プリファードシートの価値を感じられるかもしれません。

プリファードシートはアップグレードで+5,000円程と書きましたが、大体その程度な事が多いですが希望する便のアップグレード料金は、 KLM.jpのホームページなどで、予約希望日などを入力すると、正確な料金を見る事が出来ます。

※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。
※掲載している商品は主に楽天市場Amazonのアフィリエイトを利用しています。