オランダの元旦

オランダの1月1日、元旦の様子について掲載しています。

お店はお休み

元旦に、オランダの1月1日は日本と同じく祝日となり、お休みとなるお店が多くなります。最近では開いているスーパーマーケットも増えてきています。また、アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館などの観光名所は、元旦でも営業しています。

交通機関は一部運休

一部運休している交通機関があります。電車やスキポール空港を経由するバスは営業しています。ただ、通常と時間が違う事もあるようです。また、スキポール空港からはタクシーの利用も可能になっていました。

新年を迎えた花火の残骸があちこちに

オランダの年越しは、爆音の花火が風物詩です。えっ?花火?という方はこちらの記事もあわせてどうぞ。年越しに花火を上げるオランダでは、爆音でまるで戦場?市街戦?というような雰囲気です。

関連記事

花火といえば夏の風物詩ですが、オランダでは普段花火は禁止されていて、大晦日、年越しにカウントダウンで新年を祝う風物詩としてあげられます。 花火禁止のルール 日本では、場所を選べば夏以外の時期も花火をして問題ありませんが、オラン[…]

元旦の街には花火の跡がありこちに。アムステルダムで元旦に撮影した写真です。

自転車道をふさぐほどの花火の残骸がありました。これは大晦日に上がった花火の残骸のほんの一部です。

寒中水泳

スヘフェニンゲン(Scheveningen)というデン・ハーグ近くの海では、元旦にNieuwjaarsduik という寒中水泳が行われます。老若男女、冬の冷たい北海へ一斉に海に向かう!という聞いただけでも凍えてしまいそうなオランダの元旦の伝統イベントです。

日本のようなお正月を迎えたい

オランダでは日本のようなお正月という雰囲気は全くありません。そんな中、アムステルダムで唯一、日本の元旦、元日のお正月を迎えるような雰囲気を味わえるのが、日系ホテルのホテルオークラです。

レストランの前には門松が!オランダですが、日本のお正月の雰囲気が味わえます。また、レストラン山里では元旦におせち料理をいただけたり、アムステルダム神社があったりと日本のお正月のような雰囲気を少し味わうことができます。

2019年に行ってきた時の様子がこちらです。

関連記事

オランダに居ると爆音の花火で新年を迎え、 初詣 にも行けず「お正月」という感じはまるでありません。寒中水泳というオランダ伝統のイベントもありますが、元旦はお店が休みの所も多くお家でのんびり家族と過ごすのがオランダ流のお正月でしょうか。そ[…]



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。