【2023年フェルメール展】アムステルダム国立美術館 チケット予約・買い方

アムステルダム国立美術館で行われる2023年フェルメール展チケットの買い方、購入方法や日時予約の方法についてまとめて掲載しています。常設展の入場券ではフェルメール展には入れません。フェルメール展用のチケット予約が必要です。

1、公式ホームページから購入

アムステルダム国立美術館のホームページから、英語とオランダ語でチケット購入が可能です。アムステルダム国立美術館には日本語のホームページもありますが、公式ホームページでのチケット予約、購入は英語、オランダ語のみで可能です。

【1】チケットの購入ボタンから購入画面へ

フェルメール展のチケットを購入する場合は「Tikets Vermeer」というボタンをクリックします。チケット購入画面の入り口です。
※Rijksmuseum Tiketsは常設展のみのチケット予約になります。

【2】チケットの種類を選択

Numberで購入枚数を選択します。18歳以下のチケットは無料ですが、人数分の無料チケットの予約が必要です。

【3】入場希望の日付と時間を選択

フェルメール展の開催期間は2023 年 2 月 10 日から 2023 年 6 月 4 日までですのでこの期間のチケット予約が可能です。日時はフェルメール展に入る日にちと時間を予約します。常設展はフェルメール展の後に行くことが出来ます。常設展示は17時までですので、フェルメール展の後に常設展を見に行く場合は15時以前に予約がおすすめと公式ホームページでは告知されていました。

日にちと、15分毎のチケットスロットを選択し予約します。。以前別の企画展で10:45のチケットを予約した場合は、10:45~11:00の入場チケットが届きました。チケットの入場時間には15分の幅があるようです。

日付や時間が選択できないチケットは売切れです。公式ホームページで売り切れている場合も、チケット購入サービスを利用すると購入できる場合もありました。

詳細はこちら

【4】個人情報を入力

名前はメールアドレスを入力します。入力したメールアドレスにチケットが届きますので、間違えないように要注意です。

【5】支払い方法を選択

クレジットカードなどでの支払いが可能です。

決済が終わると、チケットのダウンロードが出来る画面に遷移します。また、入力したメールアドレスにチケットが届きダウンロード可能です。バーコードがあるチケットがとどくのですが、予め印刷しておくと安心ですし、スマートフォンの画面を見せる、読み込むという方法でも入場可能でした。

2、日本語で購入できるサイトを利用

オランダ語や英語での購入が難しい場合、日本語で購入できるサービスのサイトもあります。公式ホームページで売り切れていた日時が購入でき、日本語で購入できるのでスムーズでとても便利でおすすめです。

詳細はこちら

3、シティカードを利用

アムステルダム国立美術館のフェルメール展では

などのシティパスやミュージアムカードの利用も可能です。

シティパスを利用してフェルメール展のチケットを買う場合は

  • Vermeer – City Card, Go City
  • Vermeer – Netherlands Museum Pass

などのチケットを選び予約します。常設展のみの入場でしたらシティパスのみで追加料金がかからず入場可能ですが、フェルメール展の場合は10ユーロ追加でかかることになります。 入場時にはこのチケットの他にシティパスやミュージアムカードの提示が必要になります。

アイアムステルダムカードについて

関連記事

アムステルダム観光をお得に楽しめる!アイ アムステルダム シティカード (I amsterdam City Card)について、価格は?どこに行ける?など2022年最新情報をまとめて掲載しています。 アムステルダム観光なら![…]

購入はこちら

ミュージアムカードについて

関連記事

オランダのミュージアムカードについて、金額や買い方、利用できる美術館などについて掲載しています。2023年最新の情報です。 ミュージアムカードとは ミュージアムカードとはMuseumkaart(ミューゼアムカールト)と[…]

【注意】企画展入場の場合は別チケットが必要

アムステルダム国立美術館では定期的に企画展と言われる特別展示が開催されています。特別展であるフェルメール展に入場したい場合は通常のチケットではなく、フェルメール展用チケットの購入が必要です。今回のフェルメール特別展は普段の特別展とも買い方が少し異なるので特に分かりづらいかもしれません。上記で紹介したいずれの買い方でもフェルメール展への入場チケット予約は可能ですが、

  • フェルメール展へ入場するにはフェルメール展用のチケットが必要

という点に特に要注意です。

【注意】18歳以下は無料・要チケット予約

アムステルダム国立美術館に18歳以下の子供を同伴する場合は無料で入場可能ですが、無料の子供用チケット予約が必要です。子供と一緒に行く場合は、子供分の無料チケット予約もお忘れなく。

【注意】予約できるのはフェルメール展の入場時間

企画展がセットのチケット購入すればアムステル国立美術館の通常コレクション展示も鑑賞できますが、気を付けたいのが入場時間です。例えば10:00~10:15というチケットは「フェルメール展の入場時間」になっています。

コロナ以前では、早めに行って常設展示を見た後に企画展へ行けたのですが、今は入場に時間予約が必須のため

  • 企画展の時間に入場可能
  • まずは企画展をみてその後常設展示を見る事が出来る

という流れになっています。そのためアムステル国立美術館公式ホームページでは

  • 常設展も観たい場合は15時以前の予約がおすすめ

と注意書きがありました。常設展ではアムステル国立美術館に所蔵されているレンブラント「夜警」、ゴッホ「自画像」などの名画も見る事ができますので、時間があればフェルメール企画展の後に常設展への入場おすすめです。アムステル国立美術館の見どころはこちらにまとめて掲載しています。

関連記事

名作を多く所蔵するオランダ観光名所、アムステルダム国立美術館。広い美術館なだけに、展示の見どころが沢山あります。 絵画 アムステルダム国立美術館には、沢山の名画が飾られており、有名作品が鑑賞できるのは一番の見どころで[…]

2023年のフェルメール展について

関連記事

2023年オランダ アムステルダムで史上最大規模のフェルメール展の開催が予定されています。2023年春アムステルダム国立美術館のフェルメール展についてまとめて掲載しています。 オランダで史上最大規模のフェルメール展 […]

アムステルダム国立美術館の基本情報

関連記事

アムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)について、見どころやコインロッカー、おすすめのお土産など、周辺観光施設など、アムステルダム国立美術館に実際に何回も足を運んだ際の情報をまとめて掲載しています。 アムステルダム国[…]

アムステルダム国立美術館その他の記事



※記事の情報は取材時のものです。(免責事項
※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。


オランダ情報現在 1423 記事掲載中。

オランダ情報をチェック!